いつまで続く?産後のむくみとなる原因を撃破せよ!


無事に出産できた喜び、そして育児をはげむ自分。

育児には多忙は付きものですが、母親の悩み事が増えるのも事実です。

その悩みの1つに、むくみが現れていつまでたっても消えないという悩みがあげられます。

簡単には消えないむくみですが、その原因とは一体どこにあるのでしょうか。

産後のむくみはいつまで続くのか?そして解消法はあるのか?一緒に考えてみましょう。

スポンサードリンク

一時的なむくみと産後のむくみの違い

まずは一時的なむくみと産後のむくみの違いについて、少し触れておきましょう。

一過性のものは
塩分の摂りすぎ
冷え性
睡眠不足
ホルモンバランスの乱れ
運動不足
長時間座りっぱなし
立ちっぱなし
リンパの流れ・代謝が悪くなる

参照元:足のむくみの原因と解消方法は?

一時的なむくみと産後のむくみの違いとは、一時的なむくみは疲労やストレスでリンパ液が正常に代謝されない事にあります。

正常に代謝されない事で水分が溜まっていき、やがてむくみとなるのです。

一方で産後のむくみになる原因とは、同じように一時的なむくみが原因とも考えられますし、他にも母親ならではのいろいろな原因も考えられますので、これから原因について細かく見ていくことにしましょう。

 

水分バランスが乱れる

産後のむくみの原因に水分バランスが乱れるという点があります。

妊娠中は体内に羊水があり、血液量は通常の1.5倍になったりなど、水分がたくさんある状態です。

しかし出産と同時にその水分が一気に排出されるので、急激な体内での水分バランスが取れなくなるのです。

その結果、水分が出ていった分、体は水分を溜め込むようになります。

母乳を作るためにも水分不足になりがちなので、防衛本能として体は水分を溜め込むようになり、それがむくみとして現れるのです。

産後のむくみの原因で一番に考えられる原因は、この水分バランスの崩れです。

スポンサードリンク

リンパの流れが悪くなっている

育児の際に普段あまりとらない姿勢、または同じような姿勢を長時間とることによって、リンパの流れが悪くなることがあります。

指や腕だけがむくんでいるのであれば、原因は姿勢にあるかもしれません。

対処方法としては無理な姿勢ばかりとらないこと、または同じ部分ばかりに負担をかけないようにしましょう。

リンパ液の流れを悪くしているような姿勢をとり続けていないか、一度自分の育児を改めてみるといいでしょう。

 

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群とは、以前は妊娠中毒性とも言われていました。

基本的に妊婦さんに多い症候群であり、妊婦さんの約3割程度は妊娠高血圧症候群になってしまうというデータがあります。

妊娠中に妊娠高血圧症候群であったのであれば、産後も高血圧のままの状態が続いている可能性も考えられます。

妊娠高血圧症候群になりやすい人とは以下のような人なので、当てはまる人はお医者さんで検査を受けてみましょう。

糖尿病、高血圧、腎臓病の人
極端な体型の人
ハードな仕事やストレス、睡眠不足がある人
35才以上の高年初産と15才以下の若年出産
多胎妊娠の人
初産婦、過去に妊娠中毒症だった人

参照元:妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症) 

上記に当てはまる人は、とにかくお医者さんに駆けつけましょう。

機械も必要ですし、知識がある人でないと判断は難しいですので、お医者さんに頼るのが一番の対処法と言えるでしょう。

 

睡眠不足と疲れ

産後の睡眠不足と疲れは、リンパの流れを悪くする原因になりかねません。

基本的に旦那の協力があっても、睡眠不足と疲れは簡単には解消されません。

産後少しの我慢だと思い、むくみは気にしないくらいの気持ちで育児に取り組むのがベストでしょう。

 

運動不足が原因かも

産後は運動不足になる傾向があります。

それもそのはずであり、2週間は横になっていたほうがよいとも言われていますし、新生児のお世話をするのに精一杯で運動も何もできたものではありません。

そのため血液の循環が悪くなり、足がパンパンにむくんだりするのです。

このような場合は、軽いストレッチなどを行うと良いでしょう。

また顔のむくみなどは時間が解消してくれることがほとんどです。

体重が増加していないこと、食事のカロリーとバランスを考えて摂取しているのであれば、顔や指などのむくみは時間が解消してくれることがほとんどです。

 

便秘によってむくみが出ることも

産後は敏感になりがちなので、便秘になると有毒なガスが溜まりが原因で体はむくみやすくなります。

もともと便秘の人は食物繊維を豊富に食べる、つまり野菜などしっかり食べるようにして、朝一番にはトイレに行く習慣をつけておきましょう。

ここで重要なのは、無理に食事制限や嫌いな物ばかりを食べないことです。

逆にそれがストレスになり、イライラや痩せない原因、下痢が続く原因などになってしまいます。

それともう1つ。

赤ちゃんの成長期にはタンパク質はとても大事な栄養になりますので、タンパク質もしっかと摂取しましょう。

タンパク質不足は、母乳の量が減る原因にもなりかねません。

 

解消法はあるの?そしていつまで続くの?

産後のむくみが仕方がないと分かっていても、いつまで続くのか不安になりますね。

実は産後のむくみが酷くなるのは産後1ヶ月くらいまでかかると言われています。

1ヶ月と言えばかなりの長丁場になりますので、すぐにでも解消法を知りたいところですよね。

そのためには、最も手軽なむくみ解消法として着圧ソックスというものがあります。

最近では高性能なものが販売されており、ふくらはぎや太ももでかかる圧力が違うものが販売されています。

そのような高性能な着圧ソックスを使えば足のむくみはだいぶ解消されるでしょう。

はいたまま寝ることができるものも販売されています。

またマッサージなども解消法として良いでしょう。

リンパマッサージなど、いつもケアしていたという人はそれを続けることによって足のむくみが改善されます。

マッサージをして産後1ヶ月間を乗りきればむくみと縁が切れますから、着圧ソックスなどのアイテムも取り入れてむくまない体作りをしていきましょう。

 

ママさんの体験談も参考にする

33歳主婦も辛いさん

産後にむくみと手のしびれが酷く、自分自身では産後の症状の1つだと思っていました。むくみは1ヶ月程度で治りましたが、手のしびれがいつまでもとれずに、おかしいなと思い病院へ。診断結果は「手根管症候群」という症候群でした。私の場合は4カ月程度でやっと収まりましたが、人によっては1年間続く人もいてるそうです。あまり手を使わないようにすればいいそうですが、知らずにずっと痺れる手を使い続けると完治も遅れるそうです。

27歳育児疲れも慣れが大事さん

むくみ解消=ダイエットと思っていたのですが、ダイエットをしてもむくみだけはなかなか取れませんでした。原因は睡眠にあったようです。なかなか寝付けない体質もあり、睡眠時間は1日2時間程度でした。自分はショートスリーパーだから大丈夫だろうと思ったのですが、それは間違いでした。睡眠時間を6時間とるようになってからは、むくみは一度もきませんでした。産後なかなかむくみがとれないのであれば、思いっきり寝るだけでもOKです。

 

まとめ

むくみとなる原因は必ず存在します。

原因をしっかりと突き止め、むくみ防止に取り組むのが一番効率的な対処法と言えるでしょう。

まずは原因を突き止めることから始めてみましょう。

また、「産後に痩せない理由の7つ」もセットで読んでみましょう。

むくみもそうですが、痩せないと嘆く母親も多く、また太らないからと安心して少しずつ太っていくケースも非常に多いです。

産後も体型を維持していきたいのであれば、しっかりと痩せない理由を知っておきましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る