生活

おいしい儲け話やいい儲け話のヤバイ罠

「うまい話には裏がある」と言いますが、簡単に大金が手に入るような儲け話は詐欺であることが多いです。

特にインターネット上ではそのような情報が氾濫しています。

また実際に詐欺グループは存在し、ターゲットにされてしまえば巧妙な手口で信用させようと、組織ぐるみで行動を起こします。

今回の記事では怪しい話に騙されないように、気を付けるべき点をご紹介します。

スポンサードリンク

怪しい話の具体例

簡単に収入が得られるようなうまい話は絶対に存在しません。

最近はこういった儲け話の手口が巧妙化してきています。

今からいくつか具体例をご紹介していきましょう。

劇場型

複数の業者が登場し、転売で利益が得られるとする儲け話です。

A社が上場前の株やオリンピックのチケットなどの購入を勧めてきた後、B社から、その株やチケットを高額で買い取るという連絡がきます。

この時、A社とB社はグルになっています。

A社から株やチケットを購入した後は、B社に連絡がつかなくなってしまいます。

株やチケット自体も偽物である場合が多いので注意しましょう。

公的機関装い型

国の機関や消費生活センターなどを装って株や投資話を勧めてきます。

代理購入型

謝礼や高価買取を約束する代わりに商品の購入を勧めてきます。

被害回復型

過去に詐欺で騙された被害者に対して、損害分を返還するなどとうたって金銭をだまし取ろうとします。

一度詐欺被害にあった人は、詐欺の業者内で名簿が共有されて、その後も勧誘の電話が頻繁にかかってくる傾向にあります。

詐欺被害者が二度三度、繰り返し騙されてしまうことが多いのもこのためです。

スポンサードリンク

こんな話し方をする人は要注意!

未来系の話しをする

未来のことなど誰にもわからないのにもかかわらず、数か月後に絶対に〇〇万円が手に入る、年金がもらえるか分からないからこそ今から収入を増やしておくなど、とにかく未来系の話しをしがちです。

はっきり言っておきますが、未来を予想できる人であればそんなビジネスをする必要はないのです。

なぜなら競馬等のギャンブルに手を染めてしまえば、楽に簡単に大金が手に入るからです。

簡単に稼げる話であるのにもかかわらず、なぜあなたに話が回ってくるのか?という疑問を抱けるかどうかが、騙されないためのポイントともいえるでしょう。

過去の栄光、または他人の栄光を口にする

自分がどれだけ凄い人なのか?または紹介してもらった人がどれだけ凄い人なのか?という説明をしてきた場合も要注意です。

凄い人なんだと意識づけることによって、おいしい話や言い儲け話を信じ込ませやすくするための戦略です。

自分の自慢や紹介してもらった人の自慢をたくさん聞かされた場合は、まず最初に怪しむということを覚えておいてください。

 

詐欺師の特徴も知っておく

  1. 有名人の名前を出す
  2. 恐ろしいほどの褒め上手
  3. 気遣いが良すぎるほどに良い

参照元:詐欺師の特徴は顔だけで見分けれる?

まず詐欺師は知り合いでもないのにもかかわらず、有名人と知り合いという嘘を平気でつきます。

有名人と知り合いということで、この人は凄い人なんだと人間は勝手に決めつけてしまう癖があります。

芸能界と繋がりがある人=お金持ちという勝手なイメージがそうさせる部分もあるでしょう。

そして褒め上手なのにも理由が存在し、褒められて嫌な気分をする人は根暗な人くらいです。

世の中のほとんどの人は褒められていい気分になりますから、いい気分にしておいてその日の気分で相手にYESを言わそうという作戦です。

最後に気遣いについては、気遣いできる人は第一印象が非常良くなります。

印象が悪い人の話しなんて、初めから話しを聞こうともしませんよね?

好印象を与え、まずは話を聞いてもらえる環境を作っているのです。

 

騙されやすい人の共通点とは?

騙されやすい人には、ある共通点があります。

まず自分に自信が無い人です。

他人と自分を比較したり人の真似ばかりしているような人は、人から強く勧められると断れません。

結果、勧められるままに怪しいや悪い話にのせられてしまいます。

また人を疑わない人も要注意です。

人を信じるというのは、人付き合いにおいてとても大事なことです。

しかし、人を見極める目を持っていないと簡単に悪意のある人に騙されてしまいます。

最後に損得勘定でしか動かないような人です。

損得感情だけで動いているような人は、メリットのみで簡単に動いてしまうような人ですから、騙す側もそれほど苦労せずに洗脳させることが可能なのです。

 

騙された人のリアルな声も参考にする

23歳36万円が…さん

僕は未来型ビジネスというビジネスを紹介され、まずは36万円の初期投資が必要だと言われました。その代わりに何もしなくても1年間で絶対に元は取れると言われ、話を聞いてみるとその仕組みを説明されたのですが、結局半年後にはその会社潰れてしまい、社長は海外に逃亡したという話を告げられました。36万円の投資をして帰ってきた額はたったの7万円でした。少なからず毎月お金が振り込まれていたので辛抱していましたが、今思えば巧妙な詐欺の手口なんだなと思いました。

31歳最悪の結末さん

久々に友人と会うと、3ヶ月間という期間限定で稼げる話があるという話をされ、興味があったのでお偉いさんの話を聞くことにしました。期間限定ということもあり、焦ってYESを言ってしまったのですが、結果はもちろん詐欺でした。自分を変えてみたいと思っていた時期もあって、チャレンジ精神で頑張ろうと思った矢先に、友人からお偉いさんと連絡がつかなくなったという連絡が入り、警察に駆け込んでも犯人は今だに捕まっていません。皆さんも”期間限定”という言葉には気をつけてください。

 

騙されないようにするために気を付けるべきこと

怪しい話に騙されないようにするためには、以下の点に注意してください。

まず話をしてきた人物が信用に足るのか見極めましょう。

ちゃんと人の目を見て話をしているか、話の受け答えがスムーズか、話を最後までちゃんと聞いてくれる人か、以上のことがきちんとできないようであれば、警戒心を持ってください。

またその場ですぐに判断をしないで一旦話を持ち帰り、家族や友人などに相談するようにしましょう。

簡単にお金儲けができるなんて、そんなおいしい話はありません。

自分の身は自分で守るためにも、甘い宣伝文句に惑わされず、購入前に冷静に判断をしてください。

もし万がいち騙されてしまった時は、すぐに最寄りの消費生活センターへ相談をしましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP