生活

お金大好きな人が知るべき幸せとの関係とは?

「お金は裏切らない」

確かにお金は人を裏切ったりはしないし、そもそも物も動物も意識して人を裏切るなんてことはしません。

そう改めて考えてみると裏切るのは人間だけだということが分かります。

やっぱりお金があることが何よりも幸せなのでしょうか?

今回はそんなお金と幸せの関係について一緒に考えていきましょう。

スポンサードリンク

なぜ欲張ってしまうのか?

お金は、ないよりはあったほうがいい…ほとんどの人はそう思うでしょう。

住む、食べる、着る、いわゆる衣食住、その基本的なことでもお金が必要です。

生きること=お金が必要ということは間違いありません。

でもそんな必要最低限な金額ではなく、もっとお金が欲しいという思いが募ります。

その思いが異常なほどの執着心に変わると、いつしか周りが見えなくなり、周囲の人の心も離れていってしまいます。

そうならない為には、何が大切なのかを自分に問いかけ、客観的に見つめ直す機会を持つことが必要です。

自分を客観的に見るということは、決して簡単なことではありません。

出来れば目を瞑りたい短所を把握し、向き合う姿勢が必要になってくるからです。

「お金」とは、自分にとってどんな存在なのか…きちんと見極め、これからの人生を見つめ直すきっかけにしなくては意味がありません。

スポンサードリンク

お金があるって幸せ

お金は確かにないよりはあった方がいい。

じゃあ、どれくらいあったら幸せといえるのでしょうか。

お金があれば好きなことが出来る、好きな物が買える、海外旅行に何度も行ける、そして時にそれは人の気持ちを動かすことが出来るのです。

この人と一緒にいると贅沢できる、お金に困らないとなれば寄って来る人も増えるでしょう。

でもそれは言い方を変えれば「たかられている」のであって、人気がある、人徳があるのだと勘違いしてはいけません。

全ての人達がそうだとは言い切れませんが、その可能性を理解し付き合っていく必要があります。

結局のところ、裏切るような人間を周りに作ってしまうのは自分自身だったりするのかもしれません。

 

「ケチ」=器が小さい

お金持ちと言われる人は代々受け継がれてきた財産などで元々裕福な場合と、自分の力のみで財産を築いてきた人の二通りになります。

そしてお金好きな人がお金を貯めていくパターンとして、その多くは1円でも無駄にしないよう節約に徹する方法を取っています。

もちろんそんな血のにじむような努力が実を結ぶから、お金が増えていくことが楽しくて嬉しくて仕方ないのでしょう。

他人から見えないところでの節約は、どんなやり方をしていても構いませんが、誰かと一緒にいる時だと、それは「ケチ」と判断されてしまう場合があるから要注意です。

「ケチ」=「器が小さい」というイメージが付いてしまいがちです。

更にお金を結構持っているのにケチだということが知られてしまうと、もっと印象が悪くなります。

「節約をしつつも使うべき時には使う」、そのメリハリをしっかり付けられるのがベター、この機会に客観的に自分を見つめ直してみましょう。

また、お金を愛する人は、なかなか人を愛せないといいます。

近寄ってくる人に対しても「自分のお金を狙っているんじゃないか」と疑い深くなってしまい、その人の思いを遠ざけてしまうことも…そんなことを繰り返しているうちに気付くと周りに誰もいない寂しい生活になってしまうのです。

必要なときには太っ腹になることで、皆からの信頼も得ることができるでしょう。

 

満たされない悪循環

幸せの価値観は人それぞれですが、人として生まれてきた以上、必ず誰かと関わりながらでないと生きていけません。

人間は欲深い生き物なのでお金が絡むと意地汚くなったり、どれだけあっても満足することなく更に増やそうとすることに躍起になります。

一時的に満たされても結局それでは満足出来なくなるのです。

お金が好きなことが悪い訳ではありません。

でも、そのお金を全て失った時のことを想像してみて下さい。

何が残りますか?

「苦しい時に人は辛い時に初めて気付くことです。」

なかなか普段の生活では気付くことが出来ないかも知れませんが、例えば震災や災害で財産の全てを失うことがあっても、誰かの優しさや思いやり、温かい思いによって人は救われるのです。

傷付いた人間が癒されるのはお金ではなく、自分のことを思ってくれるその人の気持ちです。

大切なのは、人間愛なのです。

 

幸せは、人間関係が持ってくる

人として心の大きい人間になれれば、信頼され、繋がりが生まれ、自然に人間関係の輪が広がります。

これはお金の価値とは比べ物にならない財産であり、何物にも代えがたい宝物であるといえるでしょう。

それを大切に育める人こそが、お金では手に入らない価値を持てるのだと思います。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP