カップル

アムウェイをする彼氏をやめさせるには?

彼氏がアムウェイ活動に精力的なのはいいですが、どうも私は納得いきません。

どうにかして、アムウェイをする彼氏をやめさせる方法は無いのでしょうか?

アムウェイは大きな会社であり、たくさんの人がアムウェイで成功を夢見るので、あなたの彼氏がアムウェイにチャレンジすることは不思議ではありません。

ですがハッキリと言っておきます。

本格的にアムウェイをする彼氏をやめさせるのは至難の業ですよ。

当サイトを参考に、彼氏をやめさせる方向へと持っていきましょう。

スポンサードリンク

洗脳レベルを確認する

まず初めに、アムウェイに夢中になってしまう人の特徴的な1つのことに、洗脳されてしまうということがあります。

一番厄介なレベルは、アムウェイが全てと思い込んでいる彼氏です。

アムウェイをすると必ず幸せになるとか、アムウェイをしている人は人間として素晴らしい人が多いとか、全てにおいて美化されすぎな発言をしている彼氏の場合は、洗脳されているといっても過言ではありません。

まだ活動をしたばかりで、ミーティングの参加回数も少ない彼氏の場合は、やめさせるのにそれほど苦労しない可能性が高いでしょう。

しかし、洗脳されている場合は厄介です。

まずはこのレベルを知っておくことが大事です。

ミーティングの意味が分からない人は、しっかりとやめさせる方法を読んだ後にでも、「アムウェイが宗教と言われる原因3つ」を確認してみるといいでしょう。

 

アムウェイの現状を教える

アムウェイで活動を行っている人は昔からいて、つい最近できたビジネスではありません。

絶頂期は売上高は2000億近くあり、一時期はそれなりの割合で高収入を得ている人もいましたが、今では売り上げは絶頂期の半分程度。

それだけ稼げる人も少なくなっているということです。

そもそもアムウェイの収入のみで生活できている人なんてほんの一部の人です。

それに、贅沢な生活をしている人となるとさらにほんの一握り。

しかも一握りの中でも、アムウェイの初期段階から活動している人が多く、今から活動をしていき、贅沢な生活を送ることは非常に難しいといえます。

スポンサードリンク

税金の現状を教える

アムウェイを始める人の共通点といえば、世間知らずな人です。

例えば、経費をもらえるお金だと勘違いしていたり、税金を払わないといけない事を知らなかったり。

言っておきますが、年収1000万円の手取り額の平均は730万~760万です。

さらに個人事業主となれば、年収1000万円にかかる税金は40%であり、引かれるお金は400万円だということです。(もちろん税金対策によっては値段は大きく変動します。)

参考にどうぞ→年収1000万の手取りが思ったより少ない件

それにアムウェイの場合は、活動費が馬鹿になりません。

ダウンに夢を見せるために無理をしている人も多く、現状は借金している人だってたくさんいます。

1000万円全てが自分のお金になるなんて思っていれば、それは世間知らずな彼氏なのです。

 

一回だけ稼いでも生活ができない現実

アムウェイの収入のみで生活出来ている人が少ない理由。

それは、安定した収入を得ることが難しいからです。

一度だけ月収100万円を超えることよりも、一年間続けて月収100万円を維持するというのは100倍難しいことです。

それに10年以上アムウェイの活動をしている人でも、一度でも月収100万円を超えることができない人は腐るほどいます。

例え一度だけ50万を稼ごうとも、次の月に維持できなければランク維持のために自分で商品を買い込む羽目になりますし、何よりモチベーション維持が難しくなります。

それに税金を払っていないのがばれた場合は、恐ろしいほどの税金の請求額が来ます。

そういったこともすべて含めて、アムウェイの収入のみで生活するのは難しいのです。

 

別れ話を切り出すのも効果的

いくら言ってもアムウェイをやめようとしない彼氏だった場合は、一度別れ話を切り出してみるのも効果的です。

しかしここで要注意すべき点は、本当にすんなり別れる彼氏がいることです。

洗脳されている場合は、おそらくすんなり「じゃあ別れる」なんて言いだすでしょう。

ここで一つ提案ですが、そんなに愛してくれない彼氏なんて、別れてしまえばどうでしょうか?

成功する人とは、人を大事にする人です。

人を大事にできない、ましては愛する彼女を大事にできない男なんて、成功者になる器があるとは思えません。

それにアムウェイの活動を続ければ続けるほど、結果が出なかった場合は借金をしている確率も高いです。

一度、「アムウェイで借金する人の特徴5つ」にて、彼氏が借金していないかのチェックもしてみるといいでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP