ケチでセコい旦那との付き合い方6選


浪費家な旦那を持つと家計のやりくりが大変ですが、逆にケチでセコすぎる旦那というのも女性は苦労します。

世の中には「高収入だけど、ものすごくケチ」という旦那が意外とたくさんいます。

高収入なのに生活費は最低限しか家に入れず、女性の出費には鋭く目を光らせるのです。

また金銭感覚や価値観の違いがあまりに大きいと、離婚にまで発展しやすいというデータさえ出ているほど、お互いの考え方は重要なのですので、ケチでセコい旦那との付き合い方を参考に、ストレスが少ない生活を送ることを考えてみましょう。

スポンサードリンク

なぜ旦那はケチなのか?

恋人時代はプレゼントをくれたり、食事に連れて行ってくれたのに、結婚した途端ケチになってしまったという話がよくあります。

こういった男性に共通するのは、女性への支配欲が強いということです。

「お前が生活できるのは俺のおかげ」と言わんばかりの態度をとるのです。

女性に最低限の生活費しか渡さず、生活能力を奪ってしまうことで、女性を自分の言いなりにしようとします。

確かに女性は、旦那がいなければ今の生活を維持することはできないでしょう。

しかし、こういった生活はストレスが貯まっていく一方です。

ストレスを解消したくても自由になるお金がないので、それすら叶いません。

悪循環に陥り、最終的には離婚に発展してしまうこともあります。

そんなことにならないように、ケチでセコい旦那に対する対策法をご紹介していきます。

 

女性も働きましょう

女性 働く

一番簡単な解決策は、女性も働きに出ることです。

自分のために使うお金は、自分で稼ぐのです。

「あなたのお金を無駄に使いたくないから、私も働くわ」と言えば、旦那も頭ごなしに強く反対はできないでしょう。

そうして稼いだお金は、好きな物を買ったりエステに行ったりしてストレス発散のために使いましょう。

しかし、苦労して自分で稼いだお金なので、あまり無駄遣いはできないかもしれませんね。

あなたの旦那さんも毎日頑張って仕事をしているのです。

自分が働きに出ることで、旦那の苦労やケチケチする気持ちも少し理解できるようになるかもしれません。

また、現実には、旦那の収入で生活をやりくりし、自分の働いたお金を全て貯金に回している女性もいますので、あなたも参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

夫婦の時間を活用しよう

ケチでセコい旦那にあなたの本音を伝えましょう。

その為にも、夫婦の時間での活用を考え、二人きりの時間でじっくりとあなたの本音を打ち明けてみましょう。

例えば、〇〇な時にこんなセコいことをしたけれど、私はそれでは楽しめなかったし、気を遣ってばかりで疲れたなど、実際に感じた感情を旦那に打ち明けてみましょう。

さらにもう1つ重要となることがあり、それは旦那の本音もしっかりと聞いてあげることです。

まずはあなたの主張を最初から最後までしっかりと聞いてもらう約束をし、そして次に旦那の本音を最初から最後までしっかりと聞いてあげましょう。

お互いに心を打ち明けることができれば、改善策もしっかりと話し合うことができますし、何より溜め込んで爆発してしまう原因を無くすことにも繋がります。

 

旦那を褒めよう

旦那 褒める

ケチでセコい旦那に対して、嫌味ばかりをグチグチ言うのではなく、旦那を褒めてあげましょう。

例えば、旦那がスムーズにお金を使った時には、「やっぱりそういった男らしい部分を見ると、あなたと結婚してよかったわ」といった感じで、旦那を褒めてあげましょう。

男性というのはパートナーに褒められると、女性が思った以上に嬉しい思いをするものであり、また男性は褒められると、同じことをしようとする傾向が強いです。

ですからケチでセコい旦那を少しでも変えたいのであれば、旦那が太っ腹な一面を見せた時に、今の方がいいと褒めてあげることを心がけましょう。

 

金銭感覚が違うと諦める

金銭感覚が違うパートナーとの生活というのは、非常にストレスがかかるものであり、これはケチでセコい旦那も当然ストレスを感じることはあるでしょう。

こんな時には、この人はこういった価値観を持っている人であると思い込み、半分諦めてしまいましょう。

簡単に言い換えると、自分の価値観を旦那に押し付けようとするのではなく、旦那の価値観を受け入れてしまうということです。

もちろんイラッとすることもあるでしょうが、そんな時には小まめに仕返ししてみるなどの行動をとってみることで、ストレスのはけ口となることもあります。

また、もしも旦那の価値観を受け入れてしまい、暴言などを言われるようであれば、離婚を考えてみるのも1つの手です。

 

ストレスを発散しよう

ストレス発散

女性は特に定期的なストレスの解消が大事であり、女性の場合は不満やグチは口から吐き出すだけで、かなりすっきりします。

愚痴を共感し合える女友達を作っておけば、ケチでセコい旦那との息苦しい生活を、少しはましと思えることにも繋がります。

またブログやネット掲示板であれば、誰に気兼ねすることもなく、思う存分自由にグチることができます。

さらに体を動かすことも効果的であり、無料体験のあるエステやヨガ教室、スポーツクラブなどもありますので、うまく活用してみてください。

 

旦那に協力してもらおう

例えば買い物にケチをつけられるようであれば、旦那に買い出しに行ってもらい、自分で納得する値段の物を買ってくるようにお願いしてみましょう。

これは女性も働いていた場合でなければ、旦那の反論を言い返すことは難しいかもしれませんが、とにかく旦那が納得のいくように買い物を頼んでみましょう。

そしてもしもそのお願いを聞いてくれたのであれば、きちんと「ありがとう」や「頼りになる」といった感謝の気持ちや褒め言葉をかけてやることで、旦那は次も同じお願いを聞いてくれる確率は高くなります。

反論されるかもしれないことは承知のうえで、一度旦那にお願いをしてみるのも、上手な付き合い方の1つです。

 

付き合い方を考えよう

いかがだったでしょうか。

ケチでセコい旦那との生活というのは、非常にストレスが溜まるものであり、金銭感覚が違う人と一緒に過ごすことは、楽しい時間を共有できないことも多いです。

さらに人は一度嫌気がさしたり、嫌悪感を抱くと、嫌な部分ばかりが目に付くようになり、なかなかいい部分が見れなくなってしまいます。

そうなってしまえば、夫婦の関係はどんどんと冷めていく一方ですので、そうならない為にもしっかりと付き合い方を考え、夫婦間の壁を乗り越えてみましょう。

また、「仮面夫婦が子供に与える影響とは?」もセットで読んでみましょう。

もしも仮面夫婦になってしまった場合、実は子供に多くの悪影響が及ぶという事実を、あなたはご存知でしょうか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る