恋愛

サバサバ系女子の性格(あるある15個)

サバサバ系女子と言われると、あなたはどのような性格をイメージするでしょうか。

サバサバ系女子には大きくタイプが2つに分かれると言われており、1つはサバサバ系女子、そしてもう1つは自称サバサバ系女子です。

自称サバサバ系女子は、性格に憧れて自分を演じている人のことを言い、自分の本当の姿を隠しています。

一方でサバサバ系女子は自分を偽っておらず、特に意識などしていない女子のことを言います。

今回の記事では、そんなサバサバ系女子について、性格やあるあるに関しての15項目をご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

物事をハッキリ言う

悪いことでも良いことでも、物事をハッキリ言わなければ気がすまないのが、サバサバ系女子の典型的な性格面での特徴の1つです。

噂話を完全に信じ込むのではなく、本人に直接聞くようなタイプです。

はっきり物事を言いますから、敵も作りやすいのですが、そのような性格を知っている友人からは一目置かれています。

 

自分を持っている

しっかりと自分を持っているからこそ、物事をはっきりということもできるのですが、一方で物事をはっきりと言いすぎて、相手を傷つけてしまったり、恐怖心を与えてしまうこともよくあります。

相手の性格をしっかりと見極めたうえで物事を言わなければ、傷ついてしまう人もいるということを知っておきましょう。

 

周りに合わせるのが嫌い

自分をしっかりと持っているサバサバ系女子だけに、周りに合わせるのがあまり好きではありません。

ですから周りに影響されてばかりの、自分の無い人がどうしても好きになれず、どこか認めようとも思えません。

また心の中ではあの人(自分がない人)のようにはなりたくない、と一度は思ったことがあるのも、サバサバ系女子あるあるの1つです。

 

SNSの更新頻度が低い

SNSの更新頻度がそれほど高くもなく、または内容もそれほど気にしません。

ですから周りが「いいね」と思えないような内容も書きますし、それほど見ている人の評価を気にせずに更新してしまいがちです。

SNSに自分の世界を作り、周りがどう思おうが私の勝手だという思考の女性が多い傾向にあります。

スポンサードリンク

強がってしまう

自分を持っているだけに、時には自分の意見を頑なに変えずに、強がってしまう一面も存在します。

そんな時は心の中で、「私は私」という考え方に救われることも多く、またこのような考えが個性となることもあります。

時には素直になり、ごめんと言えるようになれば、人間としてまた一歩成長できるはずです。

 

姉御肌である

サバサバ系女子は人の世話を焼く、というより押し付けられても大目に見てしまう分部があります。

自分を慕ってくれる子は特に世話を焼きまずが、逆に慕ってくれない人には攻撃的になることもあります。

 

性格は基本的に明るい

サバサバ系女子は基本明るい性格をしています。

ですから自然と周囲に人が集まるようになります。

人を不快にさせず、楽しませてくれる明るい人ですから、周囲に人が集まるのも分かりますね。

ここで一つ勘違いしてはいけないことは、騒がしい人はただうるさいだけなので、サバサバ系女子とは違います。

喋るのが大好きであり、お喋りな部分から性格が明るいと判断されることが多いです。

 

人を選ばない

人を選ばないとは、イケメンでもブサイクでも、ある程度一定の態度で接するということです。

もちろん気になる男性の前では態度が変わってしまうこともありますが、好意を抱かない場合は、ある一定の態度で接します。

イケメン?だから何?という考え方を一度でもしたことがある、というのはサバサバ系女子あるあるの1つです。

 

フリフリなスカートなどに抵抗を持つ

可愛い系の服装をすることに抵抗を持ち、外に出ることをためらってしまいます。

もちろん購入する時点でどこか違うと思う人も多く、自分というイメージを強く持っているのが、サバサバ系女子です。

 

実は結構適当

ラフな格好が好きだったり、相手の話を聞いているようで適当に聞き流している部分も多いサバサバ系女子。

返事に関しても適当に返すことが多いですが、その適当な言葉が時に相手の心に突き刺さり、勇気を与えることもあります。

もちろん本人からすれば感謝されるようなことでもないのですが、なぜかいい人になってしまう時があるというのは、あるあると言えるでしょう。

 

嫉妬などのねちっこさがない

サバサバ系女子の大きな特徴として、他人を僻んだり、嫉妬したり、女性特有のねちっこさがないことです。

彼女にすると若干物足りないほどサバサバしているけれど、男勝りな性格で、彼氏をぐいぐいリードしてくれます。

陰口などを言うこともなく、上司や部下に対して媚びたり、けなしたりすることもしません。

 

女子の付き合いにめんどくささを感じる

女子の付き合いをめんどくさく感じてしまい、友達付き合いをおろそかにしてしまうサバサバ系女子も多いです。

その結果、男友達が多くなったりするのも、サバサバ系女子あるあるの1つです。

また男性の方が性格的な相性が合うと答える人も多いのが特徴的です。

 

一人行動も全然大丈夫

一人で行動することに特に抵抗は無く、むしろ一人行動ができないような人を嫌う人もいます。

もちろんサバサバ系女子も寂しさを感じることもありますが、そんな時でも何かしら自分で解決方法を導きだそうと頑張ります。

 

一緒にいると気楽

彼氏彼女の仲になった場合、サバサバ系女子が彼女だったら、一緒にいると気楽だからいいと思われることが多いです。

これは友達関係でも一緒で、一緒にいて気が楽だから、または無理に気を使わなくていい相手だから楽でいいと思われています。

軽視されているわけではありませんが、付き合いを続けていく上で気持ちよい関係であることは確かです。

 

ぶりっ子ができない

気になる男性の前では上手にぶりっ子をすることで、相手に好意を抱かせることができます。

しかしながら、サバサバ系女子の性格とは、サバサバなのでぶりっ子をするのが大の苦手なのです。

勇気を出してぶりっ子をしてみても、男性に見抜かれてしまうというのも、サバサバ系女子のあるあるの1つです。

 

サバサバ系女子は誤解を招きやすい

性格(あるある15個)をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

サバサバ系女子は、相手にどう思われたいという意思があまり固くないので、初対面では誤解を招かれることも多々あります。

さらに人によっては無神経な人と思われたり、周りと違う雰囲気がうざいと思われることも、実際にはよくあることです。

ですから自分という人間を貫きすぎずに、少しは相手の顔色や気持ちを気遣ってあげることに重きを置くといいでしょう。

関連記事

色気のある女と色気のない女の違い11選

女々しい男にイライラする10大理由

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP