モテる

ブスの基準と定義

ブスと可愛い、ブスと美女など、これらは全て人の顔のレベルを表す評価の言葉ですが、そもそもブスと評価される人の基準とはどのような基準があるのでしょうか。

今回はそんなブスの基準や定義について、細かくご紹介したいと思います。

自分の評価を少しでも良くしたいのであれば、基準と定義を覚えておきましょう。

スポンサードリンク

ブスの基準定義は様々

定義としては顔の美醜に関わるブスという言葉は、今では顔だけではなくなっているようです。

単に顔の話だけでなく、性格ブスだとか色々なブスの基準があるようです。

ただ、第一印象は顔で決まってしまうため、どの基準に関しても顔があまりに酷いという場合もあります。

しかし顔の醜態だけでブスと決め付けるのは良くないという正論をかざす人が多くなり、それによって性格を重視する恋愛をする傾向が増えてきているようです。

 

100%ブス

彼氏は空想の生き物であり、自分には関係ないと思っている女子。

メイクをしないので、意外に肌は綺麗なことが多いようです。

それにスーパーの2階などで販売しているような安価な服を着ていることが多く、処女である可能性が高いのが100%ブスと呼ばれています。

いわゆる典型的なブスで、ブス扱いされて育ったので本人も自分がブスであることを認識しています。

一度もモテたことがなくて卑屈になりがちですが、これを笑いにもってくることができればピエロブスと言うことになります。

 

アイドル志望のブス

メイドカフェで働いたり、ちやほやされたい願望があるのがこのタイプの女子。

自分撮りをすぐにしたがったり、髪の毛で丸顔を隠したり、コンプレックスを自我撮りの場合隠したりする。

自分撮りでうまく取れたときに自分はまだまだイケるわ、と満足するようなブスがこのタイプ。

一生懸命なのにブスと評価されがちな部分は残念なところでもありますが、アイドル目指してブログの更新を一生懸命しているのがこのタイプになります。

スポンサードリンク

肌ブス

毎日のスキンケアのお手入れをしていても、季節の変わり目、ストレスで肌トラブルが耐えない人も肌ブスと呼ばれています。

面倒くさいということで、肌トラブルも放置してしまうケースです。

特に何もしていないという美人の言葉をそのまま信じて自分もとことん何もしないタイプ。

だから肌は綺麗なことが多いが、一度炎症を起こすと酷くなりがちになります。

これ以外にも高学歴で知性はあるけれど目上視線で発言内容がブスである女子。

そこそこ美人であることも多いが、それを上回る毒舌がブスを強調していることも多いのがこのタイプです。

 

自分でブス度をはかる場合はどうすれば良いのでしょうか?

性格がよければブス度は下がります。

自分で鏡を見て、自分の顔は平均点以上あるなと感じることができれば、ブス度は低いと思われます。

もし鏡で自分の顔を見てちょっといけてないかも、だから”整形したい”

そう一度でもそう思うのであれば、ブス度はアップします。

つまり、人に見られているということを意識すればブス度は下がり、自分で卑下する場合にブス度はアップします。

顔ブスにならないために、性格ブスにならないためにも気をつけたおきたいものです。

 

自分に自信が無いのであれば…

自分に自信が無いのであれば、当サイトで過去にご紹介した記事を参考にしてみるといいでしょう。

リアルな一般人男性の意見などを参考にご紹介しますので、かなりの知識になることは間違いありません。

→ブスと美人の男性が思う違いとは?

→ブスだけど可愛くなりたい人の変身方法

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP