モテる

一重でも可愛い人の共通点

一重でも可愛いと思える女性っていますよね。

逆に一重がコンプレックスで悩んでいる…という女性もいますし、一重であることをチャームポイントにしている女性もいます。

この2人の差は激しく、チャームポイントだと思っている女性ほど、一重でも可愛い人なのです。

ネガティブに感じている人ほど、可愛いから遠く離れてしまいます。

あなたも一重であるのなら、それをチャームポイントとして活かすことをオススメします。

スポンサードリンク

和を感じさせる慎ましさ

一重の女性は、和風や古典を思わせる慎ましやかな雰囲気を持っています。

のっぺりした顔と言ってしまえばそれまでですが、和の雰囲気を持った女性はじわじわ人気が集まってきており、しかも一重まぶたの女性はそうそう簡単にいませんので、重宝されます。

二重まぶたでうるんだ瞳が可愛いと思う人もいれば、クールな一重のほうが好みだという人もいるのです。

二重ばかりが得をしているわけではありません。

彼氏彼女の仲になるのに、そんなパーツで分けるのは勿体無いでしょう。

自分からも一重であることを恥ずかしがらずに、積極的にアプローチしていきましょう。

 

メイクも一重なりのメイクがある

メイク1つとっても、二重の人のメイクより一重の人のメイクのほうが難しいですし、色々とチャレンジをしやすいのは確かです。

また、メイクをしてがらっと印象が変わるのも一重。

ですから一重の楽しみ方を知っているのであれば、一重であることをコンプレックスに思わずに済みます。

一重だから…ではなく、一重だけど、と思ってメイクの研究をするのも良いでしょう。

スポンサードリンク

一重流の可愛いメイク術の重点を知っておこう

そんな一重流の可愛いメイク術を、少しだけご紹介しておきましょう。

1.一重アイメイクで重要なのは、「アイシャドー」

→ミステリアスはパープル系、サッパリなら濃いブラウンやブルー

2.黒目の上下だけにアイライン

→一重の人はアイラインはがっつり過ぎると、きつい目に見えてしまうため

3.アイシャドウの場合は、目立つようにはNG

→陰影をつけるように意識すること

4.マスカラをする場合は2度重ね

→ボリューム感を出したいのであれば、2度重ねがオススメ

 

一重のモデルや芸能人もたくさんいる!

一重のモデルさんや女性芸能人もたくさんいることは知っているでしょうか?

彼女らは一重でいることを隠さずそのままテレビに映っていますが、一見一重?奥二重?と分からない時がありますよね。

それはメイクのテクニックかもしれませんし、顔のパーツのバランスが取れているせいかもしれません。

このように一見一重でないように見えることもありますので、一重をそれほど気にする必要はないのです。

ここでは簡単に、一重でも可愛いと言われている芸能人の方々をご紹介しておきましょう。

笛木優子(ユミン)さん

yumin

出典:beamie.jp

冨永愛さん

冨永愛さん

出典:trendnews.yahoo.co.jp

多部未華子さん

多部未華子

出典:renarena.lolipop.jp

 

キーワードは「かっこいい」+「韓流」

先ほどのタイトルでは一重でも可愛いと評判の3人の女性陣をご紹介させてもらいました。

この3人から学べること。

それは、「かっこいい」+「韓流」ということです。

かっこいいとは、役者でのイメージもありますが、彼女たちはきゃぴきゃぴというよりも、自分に自信を持っているような雰囲気を醸し出しています。

見た感じはどこか強そうですが、笑った時のギャップは誰もが可愛いと思う瞬間でもあります。

また、韓流スターの女性には一重の女性も少なくありません。

一重で面長顔のスターが多く、韓流スターのメイク術やファッションを真似してみるのも1つのテクニックでしょう。

冨永愛さんのようなファッションは、スタイルが必要ですが、メイク術はどうでしょうか。

メイク術は高いレベルの技術が必要ですが、取得できれば、一重でも可愛いと言われる人にグンと近づくことができるでしょう。

 

一重が可愛いと本物の「可愛い子」

一重でも可愛い子であると、本当に可愛い子であるという認識がもたれます。

一重なのに可愛いのであれば、二重になれば本気で美人になるんじゃないか?と思われている子のことですね。

一重女子はわざわざ二重にするためにアイプチをしたり、色々な技を駆使して二重をキープしていますが、そんなことはやめて素の自分を出してみるのもありです。

きっと一重のほうがいいよ!と言ってくれる人が現れます。

そして素の自分を出し続けていると、不思議な事に、一重のほうが似合っている顔つきになってくるのです。

もともと人の顔は左右対称ではなく生まれてきますから、一重もそれと同じで、無理に二重にするより一重のままでいたほうが美人である可能性が高くなることもあります。

どうしても二重でなければ嫌だという人は美容外科で手術という手もありますが、一重なら一重なりの可愛いもあるということを頭に入れておきましょう。

また、「一重美人の特徴」もセットで読んでみましょう。

なにも可愛いにこだわらなくても、美女の路線を極めるという選択肢もあります。

あなたの顔は可愛い系なのか、それとも美女系なのかをしっかりと見極めて、目標を決めて日々女子力を磨いていきましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP