↓メニュー(0)

2016年8月22日

中学生で付き合う方法10選

お悩み大先生  @ 6:17 PM

中学生で付き合える人の特徴といえば、やはりイケメンであったり、少しヤンチャな子であったり、異性との会話を恥ずかしがらない、などの特徴が見られますが、付き合いたいのであれば、少しのコツや工夫をしてみるだけで、驚くほどモテる人へと変わってしまうことは、珍しいことではありません。

特に中学生という年齢であれば、異性の心をくすぐるテクニックを知っていれば、周りと差をつけることは、それほど難しいことではないのです。

今回の記事では、そんな中学生で付き合う方法に関して、10選にまとめています。

自分に自信を持つ

まず付き合うために大事になることは、自分に自信を持つ事であり、自分に自信を持つことができれば、より積極的に恋ができたり、アピールすることも可能となります。

自分に自信を持つ方法はいろいろと存在しますが、まずは異性慣れをすることがオススメであり、異性と積極的に話しかけたり、電話番号の交換などができるようになれば、自分に自信が持てるきっかけとなります。

自分はブサイクだから…などといった理由で、自分に自信を無くしてしまうのではなく、自分の良い部分をしっかりと見つけ、間違っても、自分自身を否定するようなことはしてはいけません。

 

お洒落のコツを知る

お洒落のコツ

付き合うためにはやはり見た目が大事であり、お洒落な人というのは、年齢問わずにモテる人の条件であります。

特に中学生の場合、まだまだ視野が狭く、ファッションが周りと同じようなファッションにありがちでありますから、周りを参考にコーディネートをするのではなく、雑誌などを参考にコーディネートをしたり、服を購入してみましょう。

また、最も手っ取り早い方法は、お洒落な人のファッションをそのままパクってしまうか、お店のマネキンをそのまま購入してみるのもありです。

今では安くてお洒落なお店もたくさんありますから、お小遣いを貯めるなり、親にお願いをするなりして、お洒落を極めてみましょう。

 

消極的にならない

中学生に限らず、付き合いたいのであれば、消極的になっていてはいけません。

積極的になる必要があるわけですが、よく勘違いをしてガツガツと好きな人や気になる人にアピールをしてしまう人がいますが、これは少し意味が違ってきます。

消極的にならないとは、「いい距離感を保つ」ことであり、相手の気持ちを考えないようなアピールや、行動を起こすべきではありません。

積極的になるとは、「相手の心を掴むようなテクニック」で、少しずつ、自分をアピールすることだと思っておけばいいでしょう。

スポンサードリンク

二人っきりになる

好きな人や気になる人を落としたいのであれば、やはり特別な時間を過ごすことも重要となり、これは二人っきりになるチャンスをもらう、または自ら作ってみるといいでしょう。

二人っきりの時間というのは、お互いに特別意識を持てるチャンスでありますし、お互いにドキッとすることができる時間でもあります。

ですから友達に頼んでみるなり、自らデートに誘ってみるなりのことをして、二人っきりになれる時間を確保してみましょう。

このような特別な時間が、付き合うことができる二人の関係を作り出すことは、言うまでもありません。

 

明るい人を目指す

明るい人[元画像(206KB)]

恋人が欲しいのであれば、明るい人間を目指し、周りから暗く見られるような言動などは、できるだけ避けましょう。

あなたの周りを見ていても、モテる人というのは明るい人であり、暗くて下を向いてばかりいるような人ではないはずです。

ですから、その場を盛り上げるようなことをしてみたり、楽しい時には全力で笑ったりすることは重要ですし、毎日笑顔を心がけてみるだけでも、明るい人間であると評価される確率を上げることができます。

また、異性の前では恥ずかしくて暗い人になってしまう人がいますが、これも同じく、異性の前でもニコニコと笑顔を意識してみるといいでしょう。

 

連絡は小まめに

付き合うためには、lineや電話を有効的に使うことは当たり前ですが、連絡は小まめにとれる人である方が、信頼関係を築くことができます。

ですから、基本的に連絡は自分から無視しないことや、出られなかった電話にはきちんと折り返しをする、などのことは当然怠らずに、連絡は小まめにとるような工夫をしましょう。

距離感が近すぎると、連絡がダレてきますので、程よい距離感を心がけて、アピールする意味でも、連絡は小まめにとり合いましょう。

 

仲間を見つける

付き合う方法が分からないのであれば、仲間を見つけてみることによって、自分のモチベーション(やる気)を維持し続けることができ、さらには実際に行動に移せるようになれる、といったメリット(得)が考えられます。

ですから親友でもいいですし、仲良しの友達でもいいので、とにかく恋の相談役を作ってみましょう。

恋の相談役を作ることによって、「どうすればいいか分からない、共感できる話」や、「次に進むための作戦」など、1人で悩む必要もなくなりますし、次に進むための勇気をくれたりもします。

ここで1つ注意点を上げるとすれば、口が軽い人を仲間にしてしまえば、周りに言いふらす可能性がありますから、信頼できる友達を選ぶことが重要となります。

 

いい噂を流してもらう

噂話[元画像(217KB)]

付き合う為には、自分のイメージアップをさせることも大事であり、例えば友達に協力をしてもらって、あなたのいい話を好きな人や気になる人にしてもらうことは、あなたのイメージアップに大きく貢献するはずです。

よく、悪い噂話で嫌われ者となってしまう人を見ますが、その逆のことをしてしまえば、イメージアップするというわけです。

このイメージアップ方法を実行するにあたっては、自らの口で語らないということが大事であり、他人の口から本人のいい話が出るからこそ、イメージアップにも大きく繋がるということを覚えておきましょう。

 

優しく接してあげる

異性や同性に限らずに、どんな人でも優しく接してあげることを、心がけておきましょう。

例えば、好きな人や気になる人にだけ優しくしているつもりでも、人というのは普段の行動を見ているものですから、他人に冷たくしている姿を見られると、やはりイメージダウンに繋がってきます。

ですから、興味のない異性が話しかけてきたとしても、優しく接してあげたり、または困っている人を助けてあげるなどの心がけが、あなたのイメージをグッと上げ、好きな人と付き合える確率をも上げてしまうのです。

また、好きな人や気になる人に優しく接することは、付き合うためには絶対条件であると思っておいてください。

 

自分自身を見直してみる

付き合いたいのであれば、自分自身を一度見直してみることも重要となります。

例えば、好きな人に対して、周りにばれたくないという理由から、「冷たい態度をとってしまいがち」だった自分を見つめ直してみることによって、ダメな部分を改善することができますから、当然魅力的な自分に変わることができるはずです。

ですから一度自分自身を見直してみて、「ファッションはダサくないか?」、「清潔感はあるのか?」、「異性に優しくできているのか?」など、異性にモテるためのポイントを、しっかりと見直してみるといいでしょう。

 

告白を怖がらないこと

いかがだったでしょうか。

最後に、付き合うためにはやはり告白をする必要があり、自ら告白をしない場合は、相手から告白をされない限りは、付き合えることは無いと思っておいてください。

ですから、本当に中学生で付き合いたいという思いを抱いているのであれば、自ら行動に出なければいけないこともある、ということを頭に入れておいてください。

付き合う方法には必ず、告白は必要なのです。

また、「中学生で告白のセリフや仕方~成功率を上げる方法9選」もセットで読んでみましょう。

告白のセリフや仕方の重点を知っておけば、成功率をグッと上げることができるという事実を、知っていますか?

スポンサードリンク

関連記事

カテゴリー:恋愛
コメントなし
コメント投稿

≪ *.中学生で彼女の作り方と欲しい時の対処法10選
#.産後に生理がこない原因と病気の関係性11選

画像: 表示する | リンクにする

サイトトップ | 最新記事 | 最新コメント | アーカイブ | カテゴリー | タグ | ログイン
Pickupコンテンツ一覧
Converted by Ktai Style plugin. (PC 表示にする)