恋愛

中学生で告白のセリフや仕方~成功率を上げる方法9選

告白の仕方を間違ってしまえば、本来は叶うはずだった恋が水の泡になっていまったり、または自分では納得のいかない告白で終わってしまい、後悔する人は実際に多いです。

ですから告白をする際には、しっかりと準備をしておくことが大事であり、この準備のコツを頭に入れておくことができれば、成功率をグッと上げることができます。

今回の記事では、そんな中学生で告白のセリフや仕方~成功率を上げる方法に関して、9選にまとめていますので、あなたが今すべきことが明確に分かるはずです。

スポンサードリンク

まずはメラビアンを知ろう

中学生で告白を考えているあなたは、メラビアンの法則というものをご存知でしょうか。

メラビアンの法則とは、「話し手が聞き手に対して与える影響力について、以下の3つの手段に分け、それぞれの影響力の強さのバランスを示したの」が、メラビアンの法則になります。

つまり告白の仕方の基本としては、まずはメラビアンの法則を頭に入れておくことであり、メラビアンの法則を理解することによって、相手の心を動かせる確率をグッと上げることができるのです。

 

メラビアンの法則

kokuhakusuru

メラビアンの法則を意識しておくことによって、より好意的な表現で、好きな人へ告白することが可能となり、成功率を上げることにも繋がってきますので、ぜひ覚えておいてください。

メラビアンの法則

1.視覚情報:55%
(見た目・表情・しぐさ・視線)

2.聴覚情報:38%
(声の質・速さ・大きさ・口調)

3.言語情報:7%
(言葉そのものの意味)

上記にお伝えしている3つが、メラビアンの法則であり、まず「視覚情報の55%」というのは、例えば、告白が素敵だと伝わらない確率が、視覚情報のみで55%を占めるということになります。

つまり、見た目や表情などをきちんとしておかなければ、相手に好意の気持ちが伝わりにくく、視覚情報が0%であった場合は、告白の能力が100%引き出されずに、半分以上である55%も減ってしまうので、成功率が下がってしまう、と考えると分かりやすいでしょう。

次に、「聴覚情報の38%」であり、これは告白の内容や声の大きさ、ふざけた声を出していないのか、などのことを指し、視覚情報の次に重要な割合を占めています。

最後に、「言語情報の7%」であり、これは言葉そのものの意味でありますから、言葉選びが重要ということになります。

 

簡潔にまとめる

このメラビアンの法則を簡潔にまとめてみると、告白の仕方としては、まずは告白前に「視覚情報の55%」である、髪型や服装、告白時に見せる真剣な顔などを、しっかりと意識することが大事となります。

ですから髪を切ってくるなり、一番自信のある服装で告白するといいでしょう。

そして次に、「聴覚情報の38%」に関しては、告白の内容や声の大きさなどを、強く意識しましょう。

そして3つ目の「言語情報の7%」に関しては、言葉使いがおかしくないのか、しっかりと好きだという言葉が入っているのか、告白の内容はこれでいいのか、といった部分をしっかりと事前に意識し、準備を繰り返すことによって、あなたの伝える力は飛躍的に上がるはずです。

スポンサードリンク

lineよりは言葉で直接

最近では、lineやメールでの告白を選択する人もいますが、メラビアンの法則に従うのであれば、やはり直接会って言葉を伝えた方がいいでしょう。

理由は簡単であり、「視覚情報の55%」を活用することができなくなってしまいますから、告白の成功率を下げてしまうことになりかねません。

恥ずかしいからといって、告白をlineで済ましてしまうようでは、本当に好きな気持ちが相手に伝わるのかどうかは、余計に分からない状況を作りかねてしまいませんので、告白は直接本人に口で伝えることが、成功率を上げるコツの1つであります。

 

告白のセリフ

告白 セリフ

告白のセリフが思い浮かないと頭を悩ませる中学生は多いですが、本来であれば、告白のセリフは、素直な気持ちを100%そのまま言葉にできれば、100%の力を出して告白をすることができますが、素直な気持ちが分からない人も多いでしょう。

そんな場合は、まず自分の気持ちを紙に書きつづってみるといいでしょう。

告白に難しい言葉は必要ありませんから、自分が好きになった理由や、いつから好きだったか、どんなところが魅力的に感じるのか、告白するのにどれくらいの期間悩んだのか、などを素直に紙に書きつづってみることで、偽りのない愛の告白のセリフが完成するはずです。

 

告白のタイミング

告白のタイミングとしては、まずは好きな人が不機嫌でない日であり、自分も不機嫌でない日を選択することが大事です。

好きな人が不機嫌であった場合は、あなたの告白を素直に受け止めることができない精神状況かもしれませんし、あなた自身が不機嫌である場合も、上手く言葉を伝えれなかったり、表情や口調に影響を及ぼしかねませんので、まずはここが大事となります。

また、デート中に告白を考えるのであれば、告白はデートの終盤を選択することと、告白するための雰囲気作りを徐々に作っていくことが大事となります。

1つ例を挙げておくと、夕方で誰もいない二人っきりの場面で、告白をするという具合です。

呼び出して告白をするという場合は、呼び出すことが恥ずかしいのであれば、友達に呼び出してもらいましょう。

タイミングとしては、好きな人が一人っきりで、周りに誰もいない状況がベストといえるでしょう。

その状況で呼び出すことができれば、周りに冷やかされることもありませんし、好きな人も周りに影響されることなく、あなたの告白を受け止めることができます。

ですからこの場合は、周りに人がいる時に呼び出すようなことは、避けた方がいいでしょう。

 

告白の場所

告白の場所は、視覚情報をしっかりと利用した場所で告白するのがいいでしょう。

例えば、祭り終わりの帰り際の公園や、夕日が綺麗な海、誰もいない二人っきりの空間など、できるだけロマンチックであるシュチュエーションを想像し、場所選びをしましょう。

想像できにくい場合は、恋愛ドラマなどの告白シーンを見て、参考にしてみるといいでしょう。

 

上手に伝えるコツ

告白 コツ

告白までの一連の流れを上手にこなし、そして告白も上手に伝えるためには、事前にイメージトレーニングをしておくことが大事です。

これは妄想といってもいいですが、好きな人に告白するまでのシュチュエーションを、しっかりと頭に浮かべて、何度もイメージしてみてください。

スポーツにおいても勉強においても、恋愛においても、事前の準備というのは非常に大事であり、納得のいく告白をするためには、できるだけ明確にイメージをしておき、心の準備をしておくといいでしょう。

 

どうしても勇気が出ない場合

どうしても直接言葉で伝える勇気が出ない場合は、手紙などを利用するか、電話で告白をするのもいいですが、やはり成功率を上げるのであれば、直接告白をすることが一番といえるでしょう。

また、いきなり告白する勇気がないといった場合は、デートに誘ってみるのもありです。

デートと言っても、いきなり二人っきりでデートをする以外にも、友達とダブルデートなどの、友達に協力してもらう方法もありますので、まずはデートをしてみて、距離感を縮めてみるという選択肢もありです。

 

さあ、勇気を出そう

いかがだったでしょうか。

自ら行動を起こさなければ、どうにもならないことは世の中にたくさんあり、恋愛というのは、これに当てはまることが非常に多いです。

ですから勇気を出して、自分の素直な気持ちを、好きな人に全てぶつけましょう。

告白がもしダメだったとしても、それは恥ずかしいことではありませんし、自分で幸せを手に入れるための経験として、あなたを大きく成長させてくれるはずです。

告白をしてみるということで、好きな人も気持ちが変わってしまうこともよくあることなので、弱気になるのではなく、自分なら絶対に大丈夫だと思い込み、前向きな気持ちで告白に挑みましょう。

また、「中学生のデートスポット~絶対外さない定番10選」もセットで読んでみましょう。

デートから告白という流れや、デートで距離感を縮めることが先だ、という考え方の人は、こちらを参考にデートに誘ってみるといいでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP