中学生で彼女の作り方と欲しい時の対処法10選


昔では非常に珍しい光景でしたが、今では小学生から彼女を作る子供が多くなり、中学生にもなれば、彼女がいることが当たり前であるという時代になってきました。

また、中学生という年齢は思春期に差し掛かる年齢でありますから、恋や性に興味を持ち、お洒落などにも興味を持ち出す年齢であります。

今回の記事では、彼女が欲しくてたまらない、または彼女の作り方が分からないというあなたへ贈る、中学生で彼女の作り方と欲しい時の対処法に関して、10選にまとめています。

スポンサードリンク

まずは連絡先を集めよう

彼女の作り方が分からない人や、または彼女が欲しい、さらには好きな人とお付き合いしたいというあなたは、まずは連絡先を交換するというところから始めましょう。(スマホがないという場合は、恥ずかしがらずに話しかけれる女子を、たくさん作っておきましょう。)

例えば、好きな人と付き合いたいという場合は、好きな人の連絡先をゲットすることを第一に考えてください。

また、とりあえず彼女が欲しいや作りたいというあなたは、とにかくいろいろな女の子と連絡先を交換してみると、彼女を作れる確率を上げることができます。

連絡を取り合うことによって、デートの約束はもちろんのこと、小まめな連絡のやりとりをすることによって、二人の距離感をグッと近づけることができます。

直接連絡先を聞く勇気がない場合は、友達に頼ってみるなり、友達から連絡先を聞き出してみるなりの対処法をとってみましょう。

 

連絡は小まめにとろう

連絡1

女子との信頼関係と築くには、やはり小まめな連絡をすることが大事であり、小まめな連絡をしているうちに、相手が好きになって告白してくれるということも考えられます。(スマホがない場合は、定期的に女子に話しかけていることを、心がけてください)

とにかく彼女が欲しいのであれば、連絡は小まめにすることであり、さらに言えば、心に余裕を持つ事です。

連絡が返ってこないから、必死に何度も連絡を送るのではなく、常に心に余裕をもって、連絡の返事を待ちましょう。

 

清潔感を意識しよう

彼女を作るためには、清潔感(せいけつかん)がとっても大事であり、清潔感がある男性というのは、モテる男の条件でもあります。

彼女を作りたいのであれば、まずは髪型と眉毛を意識し、定期的にカットすることを意識してください。

服装に関しても同じであり、靴は汚いままでは清潔感にかけますので、靴は洗って綺麗にすることも大事ですし、服に関しても、ボロボロの服は特に女子の前では見せないようにしましょう。

彼女が欲しいのであれば、上記のような清潔感を意識してみてください。

スポンサードリンク

積極的に女子と話す練習をしよう

彼女が欲しいのであれば、積極的に女子にアタックをすることが大事であり、いつまでも彼女が欲しいと心の中で願っているだけでは、その願いが叶う確率を上げることはできません。

そうではなく、まずは好きではない女子や、話しかけやすい女子に積極的に話しかけてみて、女性と会話することに慣れましょう。

周りの目が気になったり、恥ずかしいという状況を変えなければ、彼女を作ることは難しいですし、女子と話すことに抵抗を持たなくなれば、好きな人ができた時にも、積極的にアピールすることが可能となります。

 

顔で差別はやめよう

差別1

よく、顔で対応に差が出る人がいますが、そんなことをしていては、好きになってもらえるチャンスを、自ら無くしてしまいます。

そうではなく、タイプでない女子から話しかけられても、可愛い女子と同じような対応をしてみましょう。

人というのは、そういった細かな部分を見ていることも多いですし、顔で差別をするような場面を見られてしまっては、性格が悪い男として、噂されてしまうかもしれません。

どんな女子であっても、1人の女性として、傷つかないような対応をしてあげましょう。

 

表情豊かを目指そう

中学生という年齢であれば、女子と話すことが恥ずかしいと思ったり、強がって怖い顔をしてしまう、などのミスをしてしまいがちですが、彼女が欲しいあなたは、そんなミスを犯してはいけません。

表情というのは、怖い顔をしている人よりかは、いつもニコニコと笑顔の人の方が、印象がいいですし、話しかけやすい雰囲気である人が多いです。

ですからあなたも、できるだけ女子との接点を増やすためにも、表情豊かを目指し、そして女子から話しかけられると、ニコニコと笑顔で対応してあげることができると、連絡先の交換や、好きになってくれる確率を上げることができるでしょう。

 

優しい男になろう

彼女が欲しいのであれば、女子に優しい男にならなければなりません。

例えば、雨で女子が傘を持っていなかった場合は、傘を貸してあげるなりの優しさが、女子の心をグッと掴み、脈ありになってしまう確率を上げることができます。

ですから、女子から話しかけられた時や、助けを求められたときというのは、恥ずかしがらずに堂々と、優しい男を演じましょう。

相手を惚れさすには、優しい男になることが近道なのです。

 

電話をしてみよう

電話する男性

ある程度気になる女子や、好きになってしまった女子、または仲良くなった女子でもいいので、夜にでも電話で話してみましょう。

電話で話すのとlineやメールで話すのとでは、また違う感情が芽生えますし、電話をすることで好きになったり、好きになられたりすることも大いにあります。

ですから仲良くなった女子には、積極的に電話をしてみましょう。

 

デートに誘ってみよう

ある程度気になる女子がいるのであれば、勇気を出してデートに誘ってみましょう。

デートに誘うといっても、例えば「暇だし、公園で喋らない?」という誘いでもOKです。

とにかく、学校以外のプライベートで会うということを、心がけてみましょう。

デートに誘われることは、女子にとっても嬉しいことでありますし、彼女を作りたいのであれば、デートに誘う勇気があれば、より彼女を作れる確率を上げれるでしょう。

 

告白は積極的に

彼女を作るのであれば、やはりどちらかが告白をしなければなりません。

少し気になった女子ができたのであれば、積極的にデートに誘って、最終的には男らしく告白するというイメージを持っておきましょう。

実際に告白することは勇気がいることですが、自ら動かないと、彼女ができないという人もこの世の中にはたくさんいます。

ですから彼女が欲しいのであれば、自分から告白することが基本である、という認識の上で、彼女候補の女子の連絡先を集めてみましょう。

 

自分磨きで彼女ができる!?

いかがだったでしょうか。

中学生で彼女の作り方と対処法に関しては、上記の10個の項目を徹底的に意識してみましょう。

彼女を作るには、候補がたくさんいれば、告白が成功する確率も上がりますし、告白される確率も上がるのです。

ですからまずは、連絡先をできるだけたくさん集めてみることが、彼女を作る近道になるのではないでしょうか。

また、「中学生でイケメンになる方法と条件10選」もセットで読んでみましょう。

少しでも自分の見た目がイケメンに近づけば、女子からあなたの方へ歩み寄ってくれることも、多くなるはずです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る