その他

偽物ブランドの見分け方7つ

偽物ブランドは比較的に値段も安く、高校生や中学生でも気軽に所持できることで人気を集めています。

大人になっても、見栄っ張りな人ほど偽物ブランドを本物と偽り持っていたり、または悪い人はそれを販売しようと行動に出ます。

一見、見分け方が難しそうな偽物ブランドと本物ブランドの違いですが、そんな偽物と本物の見分け方の秘密についてこれからご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

偽物ブランドは入れ物が違う

偽物ブランドというのは基本的に裸で商品をもらうか、袋に入っている場合がほとんどです。

例えばルイヴィトンの偽物の場合は、ルイヴィトンと書かれた袋に入っており、箱などはついていません。

本物だった場合は箱がついてきますし、時計などの場合は説明書などもついてきます。

もしSNSなどに写真がアップされていて、袋だけだった場合は偽物ブランドかもしれないと判断がつきます。

 

微妙にデザインが違う

スーパーコピーと言われる偽物ブランドでも、細かな部分を見てみると、微妙にデザインが違っています。

例えば時計の場合、高級時計は自動巻きの場合が多く、偽物の場合は自動巻きでは無く電池式です。

偽物を所持している人の場合は、こういった細かな知識がないので質問してみるといいでしょう。

”その時計って電池式?”と、自動巻きがあることを隠して質問してみましょう。

本物は自動巻き時計なのに、電池式と答えた場合は、間違いなく黒です。

 

壊れやすい

偽物ブランドのほとんどは中国で作られており、材料が安いものばかりで作られているので、すぐにボロボロになってしまいます。

時計の場合は精密度が低いですし、財布の場合はすぐに破れたりします。

購入して三か月以内で穴が開いたり、チャックが潰れたりする場合は、偽物の可能性が非常に高いです。

本物は基本的に頑丈で、そんな短期間でボロはきません。

スポンサードリンク

ファスナーなどの金具を見る

ファスナーや金具に大量の傷が入っていたり、明らかにそこだけボロいという場合は、偽物の可能性が高いです。

購入してすぐの状態であれば、なおさら白黒つけやすいといえるでしょう。

また縫い目にも注目して見て下さい。

縫い目がずれていたり、穴の位置がずれている場合は間違いなく偽物です。

本物ブランド商品は、そういった細かな部分は徹底して製造しています。

 

肌質や匂いが違う

本物のブランド物は高級な皮を使用している場合がほとんどで、皮の匂いがしっかりと残ります。

逆に偽物の場合は匂いは全く無臭ですし、なにより肌質が全く違います。

安っぽくて、頑丈というイメージとは全くかけ離れている肌質です。

両親や友達が本物のブランド物を所持している場合は、一度触らせてもらうのがいいでしょう。

その後に、偽物ブランドか怪しい商品を触れば一目瞭然です。

 

デザインにずれがある

例えばルイヴィトンのダミエだった場合は、左右のデザインのバランスは絶対にずれたりしません。

偽物ブランドの場合は、左右のデザインバランスが崩れている場合が多く、じっくりと見てみることで分かるはずです。

一部の色だけが薄れている場合もあり、そういった雑な作りなものは100%偽物です。

本物の精密度は驚くほど高く、それに比べると偽物の精密度は驚くほど低いのです。

 

大阪旅行の帰り

最近では全国区になりましたが、そもそも大阪は偽物ブランドの聖地とも言われていて、一般人でも偽物ブランドを購入することが可能です。

大阪旅行帰りで、なおかつ箱に入っていないブランドだった場合は、要注意が必要です。

その人は偽物ブランドを買わされた可能性が高いといえるでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP