結婚

姑が嫌いで会いたくないと思うきっかけ10選

姑が嫌いと答える人の割合というのは、非常に多いということは間違いありませんが、逆に姑があなたが嫌いだと心で密かに思い抱いている割合というのも、実は案外多いものです。

それもそのはずであり、姑といったも他人なわけですから、いろんなことが原因で嫌いになってしまうことは、当たり前といえば当たり前のことなのです。

今回の記事では、そんな姑が嫌いで会いたくないと思うきっかけに関して、10選にまとめています。

スポンサードリンク

無神経

姑の無神経さに我慢の限界を感じてしまい、姑のことが心の底から嫌いになって、会いたくないという感情を抱いてしまうことは多く、無神経な人というのは扱い方が非常に難しいです。

例えば、産後時期に姑の気が利かない無神経な行動に対して、頭を悩ませてしまったとか、体型を気にしているにも関わらず、いつも体系の話をしてくるなど、無神経な人というのはとにかく相手の気持ちを考えません。

自分自身が無神経女であるということを認めることができる姑であった場合、無神経を直せる可能性はありますが、頑固で無神経を認めない姑の場合は、改善は難しいといえるでしょう。

 

過去のトラウマ

トラウマ

過去のトラウマとは、例えば産後の辛い時期に姑に言葉の暴力を振るわれたり、怒鳴られるように怒られるなど、過去のトラウマを払拭することができずに、姑とは会いたくもないくらいに嫌いになってしまうこともあります。

このような場合は、とにかく自分の中でのトラウマはどんなことが原因で起こったのか、ということを考え直す必要があります。

そして姑のその時の気持ちや自分の非など、その時の状況や自分の気持ち、相手の気持ちなどを考えてみると、トラウマを払拭できるきっかけを作ることができるかもしれません。

 

マイルールの押し付け

マイルールの押し付けをしてしまうお年寄りが多いということは、言うまでもありませんが、家事や育児などにマイルールを押し付けられ、自分が正しいかのように言い張る姑に対して、嫌悪感を抱いてしまうことは当然のことです。

なぜなら、マイルールを押し付けてこられることによって、常に姑を気にしなければならなくなってしまいますし、そういった細かなことが原因で、気疲れしてしまうこともあります。

マイルールを押し付けてくる姑に対しては、やはりパートナーに注意してもらうことが、最も安全で効果的な対処法といえるでしょう。

スポンサードリンク

批判ばかりの姑

粗探しをするかのように、批判ばかりしてくる姑に会いたいなんて思う人は果たしているのでしょうか。

そう思えるほど、批判ばかりの姑と一緒の空間にいることを辛いと感じ、中には離婚まで考える人までいるほどです。

こういった姑の心理というのは、クレーマーの心理と似ている部分が多く、自分が優位に立ちたいとか、粗探しをすることで優越感に浸ることができるなど、とにかく相手を見下しているような心理が働いていることが多いので、自分はなめられているということを理解し、そして揉め事を避ける為にも、できるだけ会わない方がよいといえるでしょう。

 

旦那が味方してくれない

旦那 味方

マザコン旦那が姑の味方ばかりをした結果、姑が嫌いで会いたくないという心理になってしまう人もいて、これは完全に旦那に原因があるといえるでしょう。

旦那が姑の味方ばかりをする場合は、とにかく姑がいない空間で、あなたの本音と要求を旦那に伝えなければなりません。

姑の味方ばかりをする旦那というのは、姑が可哀想や母親だからといった気持ちが強く、そういった行動に出てしまっていますから、生涯のパートナーである自分の気持ちも分かって欲しいということを、口で伝えるといいでしょう。

 

責任転嫁

責任転嫁する上司にいら立っている部下が多いように、責任転嫁する姑に我慢の限界を感じている人も多いです。

それもそのはずであり、自分に非がないにも関わらず、責任転嫁をされて謝ってしまうというのは、自分のプライドが許さないや、意味が分からないという感情を抱いてしまいがちです。

責任転嫁をされたのであれば、自分が無実な理由を姑にしっかりと伝えることが大事であり、間違っても謝罪ばかりするということをしないように心がけたいものです。(そんなことをしては、なめられる一方です。)

 

嫌味が多い

言葉使いというのは重要であり、その時にどのような言葉を選択するかによって、相手に与えるイメージや喜びといった部分も大きく違ってきます。

言葉使いで嫌われてしまう姑というのは、大抵の場合が嫌味ったらしい言葉使いを選択する姑であり、相手により多くのストレスを与えたりもします。

嫌味が多い人に関しては、無視をするということが本当は一番の対処法となりますが、そんなことができる関係ではない姑だけに、頼れるのはやはりパートナーの力となってくることは間違いありません。

 

夫婦問題に口を挟む

口を挟む

夫婦問題であるにもかかわらず、口を挟んでくる姑が自分の姑だとすれば、ぞっとしてしまいます。

なぜなら、夫婦間で解決するはずの問題に対して、第三者が邪魔となってしまうケースは多々あり、姑が邪魔で問題解決へ至らなずに離婚してしまう夫婦が後を絶ちません。

夫婦間で解決すべき問題は、二人で解決するものだということをしっかりとパートナーに伝え、そして理解を得られるように工夫する必要があるでしょう。

 

自分の家という勘違い

姑が家に来た際に、まるで全てが自分の物だというような行動を起こし、そして姑に嫌悪感を抱いてしまうことも少なくありません。

特に嫁姑間で多い問題としては、下着などのデリケートな分部を勝手に見られたり、服を勝手に着られたなどの、姑の行動パターンが問題視されており、こういった無神経な行動が会いたくないくらいに嫌いとなるきっかけを作る、ということを姑は気づきもしません。

とにかく自分の家ではないということを理解させなければならないわけですが、これはパートナーの力があれば簡単に解決できる問題でもあるということを、頭に入れておきましょう。

 

ストレスの限界

過去のいろんな出来事が積み重なり、姑のことを会いたくもないくらいに嫌いになってしまうことは、実際に多いです。

また、姑の全てが無理だと答える人の多くは、こちらの原因に当てはまっている可能性が高いと考えられます。

積もりに積もったストレスが原因で、感情的になってしまうこともよく見られますので、とにかく定期的にストレスの解消をおこない、姑に対して感情的にならないということを心がけておくと、喧嘩や絶交などの最悪のケースに至ってしまう可能性を下げることができます。

 

一人で頑張ることは危険です

いかがだったでしょうか。

姑が会いたくないくらいに嫌いなのであれば、とにかくパートナーとの力を合わせて、二人で問題を解決していくということが大事となります。

パートナーが問題に積極的になってくれない、という悩みを抱いている人もいますが、こういった場合は周りに愚痴を聞いてもらうなど、極力ストレスを溜めないような対処が必要であり、気分転換が重要となります。

最も、離婚を考える人もいるでしょうが、離婚することが本当に自分の幸せへと繋がるのかということを、しっかりと考えて行動に移す必要があります。

さらに稀に姑との問題を考えすぎてしまい、うつ病などの精神病と診断されてしまう人がいますが、間違っても自分で自分を苦しめるようなことは避けたいものです。

また、「旦那がストレスの原因と解消法とは?」もセットで読んでみましょう。

旦那に対してもストレスを感じているあなたは、まずは旦那から感じるストレスへの対処法を、実行してみませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP