年収1000万の生活レベルは貯金の感覚が無くなる?


年収1000万円といえば、エリートの年収というイメージを持つ方も多いでしょう。

またその暮らしぶりも派手で、子供にもお金をかけているというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

さらに中には年収1000万円ってお金持ちでしょ?という誤解を持っている人も多いのが現状です。

今回の記事では、そんな年収1000万円の生活レベルと貯金の実態について、分かりやすくご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

年収1000万円が必ずしも裕福とは限らない

結論から言えば、年収1000万円でも生活が苦しい人はいます。

年収が増えればその分だけ使ってしまうのが人間の性です。

また一回の買い物に使う金額も高くなってしまうのです。

家族を養わなければいけない人も多いので本人が無駄遣いしていなくても、妻や子どもが使ってしまう家庭も少なくありません。

そもそも年収1000万円ともなると、周りの目もあって将来への備えに甘くなってしまったりしてしまいがちです。

それゆえ「これぐらいはいいか。」という感覚になりやすく、結果としてお金を失うことが増えるわけです。

そうならないためには、常に金銭感覚を正常に保ち、気をつけなければいけません。

 

年収1000万円で可能な生活を知る

年間に1000万円もの収入を稼ぎ出す人は一握りですが、1000万円稼いだからといって無尽蔵のお金というわけではありません。

朝スタバに毎日行っても困らない程度、ランチは平均的なサラリーマンが牛丼で済ませてしまうところ、1000円くらい使っても大丈夫な程度といったレベルです。

仮に定年まで絶対に安定で毎年1000万円稼げるのであれば、もっと生活レベルを上げることは可能でしょう。

しかしながら年収1000万円レベルとなれば、将来も安定して今の金額を稼げるのかどうか分からない職に就いている人の割合も高くなっています。

つまり、将来が安定していない職に就いている人にとっては、もっと今のうちに稼がないと将来が不安なわけです。

そのような理由もあり、結果的に少し裕福な生活レベルで落ち着く人が多いようです。

スポンサードリンク

サラリーマンレベルの生活をする人も

先ほども少し触れましたが、年収1000万円といっても、このまま右肩上がりにお給料が上がるとは限りません。

お医者さんなどの資格を持っていて、この先もニーズが増えていく職に就いている人の場合は、大いに右肩上がりを期待できるでしょう。

しかし、経営者の場合は事業が傾いて倒産したり、企業が潰れてしまって収入が下がることがあるかもしれません。

今後社会保障費は増えていくわけですし、将来が不安であえて生活レベルをガクッと落としている人も少なくありません。

社長などに憧れている人からすれば、少しがっかりする情報でしょう。

 

自営業と資格持ちでは生活レベルは全く違う

ここでは、将来に不安がある自営業のリアルな生活レベルと、定年まではしっかりと働けるであろう資格持ちのリアルな生活レベルの違いを見ていきましょう。

まずは自営業のリアルな生活レベルをご紹介していきます。

32歳独身男性さん

29歳からここ3年間は年収1000万円を超えていますが、正直言うと今の年収では小金持ち程度にしか思えません。自営業ということで税金はがっぽりいかれますし、何より今の仕事が定年までできるとは思えないからです。いつか稼げない時代が来るということが分かっているので、生活レベルで言えば、僕の友達の年収25万円程度の人と同じレベルです。将来が不安な自営業者にとっては、年収1000万円程度では不安が無くなることはないでしょう。

次に、定年まで続けることができるであろう、医者の方の声を聴いてみましょう。

42歳医者さん

お医者さんという職業は休みも少なく非常に大変ですが、とてもやりがいのある仕事です。仕事が忙しいので、休日はたくさんおこずかいを使ってもOKだと思っています。でないと使う暇もないくらい忙しいですから。税金等の支払いはやはりたくさん払っていますが、それでも子供3人の5人家族で裕福な生活ができていると思います。裕福な生活ができる原因は、やはりお医者さんという絶対に無くならないニーズの職に就けたことにあります。しっかりと人生計画を設計できますから、使えるお金も分かり、精神的にも余裕ができます。

このように、自営業とお医者さんでは同じ年収1000万円でも、生活レベルが全く違うということが分かりました。

また精神的な余裕も、お医者さんの方が圧倒的に余裕感が感じられたのではないでしょうか。

 

将来が不安な人は意外と贅沢ができない

年収1000万円はある意味ステータスになるので、それに伴い出費が増えてしまうケースが続出しています。

また収入が下がったとしても見栄を張り続け、無駄遣いをしてしまう人もかなり多いです。

車や一軒家などの大きな買い物をするときは、見栄を張って購入していないかを冷静によく考えるべきですし、子供にはお金をかけてあげたいかもしれませんが、高額な塾代などを無意識に支払っていないかもきちんとチェックするべきです。

もちろん、お医者さんなどの将来は安定であろう職に就いている人というのは、年収に似合ったライフスタイルを楽しむことができるでしょう。

また、「年収1000万以上稼ぐ職業はこれだ!」もセットで読んでみましょう。

年収1000万円稼ぐ人の職業と、あなたでも1000万円プレーヤーになれる秘訣をこちらではご紹介しています。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る