生活

年収1000万以上稼ぐ職業はこれだ!

好きなことを仕事に選ぶ人がいる一方で、年収にこだわり仕事を選ぶ人も大勢いるはずです。

年収1000万以上稼ぐ職業となると、自然と数も絞られますが、どんな職業が該当するのか気になるところですので、一緒に確かめてみましょう。

年収1000万以上稼ぎたいと考えている方はもちろんのこと、結婚相手に高い年収を求める方も必見の内容ですよ!

スポンサードリンク

航空機操縦士

子供の頃、大型旅客機の操縦士になることを夢みていた人は少なくないでしょう。

私たちが乗る旅客機においては、操縦資格を持つ2名の乗務が義務付けられていますので、通常ですと、機長と副操縦士各1名ずつで操縦に当たっているはずです。

副操縦士になるために5年、機長になるために15年、訓練をはじめてから平均してかかりますので、多くの経験を必要とする職業と言えますね。

そんな航空機操縦士の年収は1100万台後半。

人並み外れた経験やスキルを求められる職業ですので、それだけの報酬を受け取っても誰も文句は言えないでしょう。

ちなみに、航空機操縦士になるためには資格の取得が必要となります。

学科試験をパスしなければなりませんので、勉強ももちろん必要です。

 

大学教授

大学教授もまた、高額な年収を稼ぎ出すことで知られています。

他の職業と比較して、平均年齢が高い点も特徴のひとつ。

平均年収は、男性で約1090万、女性で約1020万、男女合計ですと約1080万となっています。

毎月の給与額は65万前後となりますので、生活で苦労することはないでしょうね。

ちなみに、大学准教授ですと約830万、大学講師になると約720万まで平均年収がダウンします。

スポンサードリンク

医師

資格編の最後は医師の年収について。

ひとくくりに医師と言っても、それぞれ専門が異なりますので、専門度により年収は異なるはず。

医師の平均年収は、男性で約1150万、女性で約880万、男女合計で約1070万となっています。

スキル、経験、知識を高いレベルで求められますので、正当な報酬を受け取っていると言って良いでしょう。

 

その他の職業

上記にてご紹介した職業以外にも、年収1000万以上稼ぐ仕事があります。

例えばスポーツ選手や芸能人は、場合によってもっと多くのお金を稼いでいるはずです。

また企業の社長と一社員とでは年収が全く異なり、名の知れた大企業のトップともなれば、年収1億以上も十分考えられます。

 

独立して年収1000万円を目指すなら

サラリーマンの平均年収は約450万。

周りの人間と同じ行動をする人は、年収に関しても、平均値を大きく上回ることはできないでしょう。

人とは違う行動、あるいはいつもの自分とは違う行動を試みなければ、年収1000万稼ぐという目標を達成できないはずです。

これまでのご自分の行動を振り返って、今後の行動へと繋げていきましょう。

 

ネガティブ思考からポジティブ思考へ

低年収者と高年収者とでは、精神面に大きな違いがあると考えられます。

低年収者はネガティブ人間?

たとえば、稼ぎが年収300万前後の人について。

いつもネガティブ思考で、毒づく機会が多くなっていませんか?

ネガティブな考え方を持つ人は、これまでとは違う行動に対して極端な拒否反応を示すことが多いです。

先にお話した通り、年収1000万稼ぐという目標を達成するためには、これまでとは違った行動、あるいは人とは違う行動が求められます。

ネガティブ思考のままですと、新しい行動に挑戦する勇気を持てずに、いつまでも殻を破ることはできませんね。

 

高年収者はポジティブ人間!

一方で、高年収者にはポジティブ思考の人が多いと言われています。

好奇心が旺盛で、興味を抱いたことに対してとことん追求していく。

それが高年収者に共通する特徴となっているのです。

また高年収者には素直な人が多く、自分が無知であることをしっかりと認識しています。

新しい情報を積極的に集めて、それを仕事に活かそうとするポジティブな思考こそが、年収1000万を稼ぐ一番の近道ではないでしょうか。

 

副業にチャレンジ

仮に、20代・30代で年収1000万を稼ぐとなると、本業の収入だけでは目標を達成することは難しいでしょう。

若い人の多くは投資やネットビジネスにより、収入を上げようと一度は考えるのでないでしょうか。

どちらも、軌道に乗せるまでに時間のかかる方法ではありますが、試してみる価値は大いにあります。

副業を成功させるコツとして、自分の得意ジャンルで勝負することを念頭に、取り組んでみてください。

本業で得た知識や趣味の知識を積極的に活用して、投資してみると良いでしょう。

そして本業よりも副業の方が稼げるようになったのであれば、本業を辞めて独立する方法が一番無難でデメリットが少ないと言えるでしょう。

副業がダメな企業にお勤めの場合は、きっぱりと会社を辞めないと独立は不可能です。

 

まとめ

年収1000万以上稼ぐ職業についてお話してきましたが、どのような感想を持たれたでしょうか。

ご紹介した職業について見返すと、だれでも簡単に就ける仕事ではない、ということが分かります。

高額な年収を稼ぎ出すためには、やはり人並み外れた努力が必要になるのですね。

また独立するにもやはり経験と技術が必要です。

独立を目指すのであれば、まずは自ら行動に出ないと話になりませんので、勇気を出していろんな世界を自分の目で確認してみて下さい。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP