年収200万の生活で貯金はどこまでできる?


年収200万円程度で生活している方も珍しくはない時代です。

そんな時代だからこそ、年収200万円の生活を具体的に考えなければなりません。

例えば、貯金はどの程度までなら出来るのか、といったことになります。年収200万円ではあまり貯金できないメージがあることも確かですが、実際にどの程度の額であれば、貯蓄にまわせるのでしょうか。

まずは年収200万円の手取り額の情報から把握していきましょう。

スポンサードリンク

年収200万円の手取り額を調査してみた

年収200万円の場合は、月々の手取り額は15万円前後が目安になります。

ご家庭の環境によっては、手取り額も変化しますが、大体の平均額が月々に15万円なので、年間で180万円程度となります。

こちらの手取り額に関しては、ワーキングプアと呼ばれる層になっていることも確かです。

高報酬とは言いにくい状態なので、しっかりと対策を考えなければなりませんし、ぎりぎりの生活といった感じになります。

低報酬であるので、実際に副業を行っている方も多いのです。

年間20万円までは、副業禁止の職場でも問題ありません。

200万円の1割が20万円です。

十分に生活を下支えしてくれますよ。

 

年収200万円の貯金額とは?その1

年収200万円の場合、ほとんど貯金はできないと考えられています。

特に一人暮らしをしていると、家賃で収入の大きな割合を支出してしまうことになるので、貯金については期待できないのです。

しかし中には節約を頑張って、一人暮らしであったとしても、月々10,000円から20,000円程度は貯金している方もいます。

ただ、頑張っている方であっても年間で20万円程度が年収200万円の貯蓄としては限度です。

これ以上の貯金をしたいのであれば一人暮らしをやめなければ難しいでしょう。

では、実家暮らしをしていた場合も考えてみましょう。

月の手取り額は約15万円です。

家に50,000円程度を入れると想定すると、後の10万円は自分で使えます。

付き合いなど諸費用を考えると、50,000円程度は使えるでしょう。

余るのは50,000円程度となります。

月々にその50,000円を貯蓄できれば、年間で60万円となります。

年収200万円といっても、実家暮らしをする場合にはそれなりの貯金は出来るのです。

スポンサードリンク

貯金のための秘術その2

お金を貯めるコツは、毎月の貯金額を先に決めてしまってそれを守ることです。

収入から生活費を差し引いた残りで貯金をしようとすると、余計な支出を増やしてしまいがち。

たとえば、収入の20%を貯金に回すことを先に決めてしまえば、残りの金額で生活費をまかなわなければならないため、余計な支出を減らせるはずです。

収入の20%という基準は、生活を安定させた上で貯金を続けていけるギリギリのライン。

年収200万の手取り162万を12分割すると、月の収入が約14万と判明しますので、毎月の収入の20%となる3万を、貯金額として設定されてはいかがでしょう。

 

生活費はいくらに?その3

収入の20%を貯金する場合には、収入14万から貯金3万を差し引いた11万で、毎月生活していかなければなりません。

生活費を大雑把に把握しておきましょう。

居住費
食費
水道光熱費
通信費
理美容費および被服費
交際費およびレジャー費
(車関係の費用)

以上の項目が生活費の内訳となります。

実家住まいの方ですと、居住費や水道光熱費について考える必要はありませんよね。

代わりに、収入の一部を家に入れるとしても、月5万程度ではないでしょうか。

自炊を心がければ、食費は2万で済ませられるはず。

スマートフォンとパソコンによる通信費は1万程度。

その他の各費用を、それぞれ1万程度で抑えられれば、毎月の生活費は10万前後となるでしょう。

もちろん、実家暮らしで単身を想定しての生活費ですよ。

 

一人暮らしか、実家か、そこが問題です。

まずは貯金に関してですが、一人暮らしでは1年間で24万円以上の貯金ができていればいいでしょう。

実家暮らしの場合は、1年間で60万円以上は貯金しておきたいところです。

このように、年収200万円では一人暮らしをしているか、それとも実家ぐらしをしているかで貯金額も全く異なります。

まずは、実家でしっかりと貯金をため、余裕ができてから一人暮らしを行うべきです。

ほとんど蓄えがないのに一人暮らしをしてしまうと、常に貯金のない不安定な生活をおくることになってしまいますよ。

また、「低収入のパートナーとの結婚&生活の実態とは?」もセットで読んでみましょう。

低収入での結婚生活の実態を知り、今後の貯金や人生計画の基準の1つにしてみるといいでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る