生活

年収400万の手取りと生活レベル4選

先の見えない世の中。

どれ程の年収を得ていれば、苦労することなく生活していけるのでしょうか?

たとえば、年収が400万円台の人は、統計データによると男性で約470万人、女性で約168万人存在するというデータがあります。

一般的には不動産業や物品賃貸業、運輸業や郵便業、それから協同組合などの複合サービス事業に従事している人の年収が、この程度だといわれています。

今回の記事では、そんな年収400万の実態を詳しく知るために、手取り額や生活レベルについても確認してみましょう。

スポンサードリンク

年収400万の手取りはいくら?

年収は、その名の通り1年間に獲得する収入の総額を表します。

毎月のお給料とボーナスを合算したものが年収ですので、支払い義務のある税金や社会保険料も、そこに一緒に含まれているはずです。

一方手取りは、収入から税金や社会保険料を除いた、使い道が自由なお金を表します。

年収と手取りにはかなりの差がみられ、年収400万のケースでは、280万~310万円程度が手取りとして受けとる金額となります。

 

年収400万の生活レベルを確認してみる

生活 

次は、年収400万の生活レベルについて。

年間の手取り約300万という設定で、ひと月に換算すると、約19万の収入ということになります。

 

生活の実態

単身世帯と夫婦2人の世帯、あるいは子供を含めた3人以上の世帯で、生活レベルはかなり変ります。

ひと月19万の収入があれば、単身世帯ですと苦労することなく生活できるはずですが、3人以上の世帯になると、毎月のやり繰りで苦労させられるはずです。

たとえば、単身世帯のひと月の支出の内訳は以下の通り。

居住費(5.5万円)
水道光熱費および通信費(1.5万円)
食費(3万円)
被服費および理美容費(1万円)
交際費(2万円)
支出合計(13万円)

ひと月の収入が19万に対して支出が13万ですので、月6万の貯金を無理なく続けていけるでしょう。

ただし、車を所有していたり、保険料を支払っている場合には、支合計額がもう少し上昇するはずです。

スポンサードリンク

貯金のための秘策

年収400万の稼ぎでは、夫婦2人の世帯や、子供を含めた3人以上の世帯ですと、単身世帯のように簡単には貯金を増やせないはずです。

年収を増やせれば貯金を楽にさせますが、それが無理となると、支出の見直しが必要になります。

3人以上の世帯では、たとえば保険料について検討されると良いでしょう。

じつは、保険料の総支払額は、住宅ローンの総支払額の次に多いと言われています。

ひと月に支払われる保険料の平均は約2万。

2万の保険料を、30歳~60歳までの30年間支払い続けると、720万の商品を購入した時と同等の支出となります。

毎月支払う保険料を半分にできれば、月1万の支出削減により、結果的に360万もの貯金を手に入れられるかもしれません。

 

リアルな年収400万円台の声も参考にする

38歳既婚者さん

38歳で二人の子を持つ父親です。我が家の場合は、毎月の貯金は10万円程度です。これには理由があり、共働きで妻が頑張ってくれているからです。正直年収400万程度では満足のいく生活はそれほどできませんが、旅行は年に一度行く程度です。ですから我が家の場合は、一年間で貯金が120万円溜まり、さらに年に一回程度の国内旅行に行く程度の生活レベルです。

33歳IT企業さん

一人の子供を持つ父親ですが、まだ子供が小さいこともあり、共働きはしていません。ですからそれほど満足な貯金はできていませんが、使うことといえば子供の出費が多いかなと思います。遊園地に連れていったり、動物園に連れていったりなど、基本的に自分たちはあまり贅沢をしない生活を試みることで、しっかりと貯金をしながら一人の稼ぎで生活できています。

子供が大きくなれば妻も働いてくれるそうですが、やはり年収400万で子供がいるとなれば、妻の収入もあてにしなければならない家庭が多いのではないでしょうか。

 

生活レベルは世帯人数によって違う

いかがだったでしょうか。

年収400万、つまり手取りの収入が300万の生活レベルは、一緒に暮らす人の数により異なります。

単身世帯ですと、生活に余裕が生まれるはずですが、できれば贅沢をしないで、貯金を増やすことを優先させた方がいいかな、くらいの年収だといえます。

一方で家庭を持っている場合は、共働きしなくても生活はしていけるレベルではありますが、貯金は少し厳しいかなというレベルだといえます。

共働きをすることによって生活にかなりゆとりができるのも、この年収400万円台なので、できれば共働きする道を選びたいものです。

また、「貯金できない主婦の原因と対策27個」もセットで読んでみましょう。

あなたがもし上記のような特徴に当てはまっているのであれば、より一層貯金をするという意識を強く持たなければなりません。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP