年収500万の生活と貯金の目安


年収500万の生活レベルがどの程度なのか、気になる方は大勢いらっしゃるでしょう。

年間の稼ぎが500万の人は、男性だと全男性の約13%、女性だと全女性の約5%程度です。

年収500万の稼ぎに該当する職業は、大学教員や薬剤師、それから自衛官やカメラマンが含まれます。

年収に比べて、高い能力あるいは多くの仕事量を求められていることが、職業をみてお分かりになるはずです。

そこで今回は、年収500万の生活と貯金の目安について、詳しくご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

年収500万の手取り額

年間に500万稼いでも、その金額をそのまま受け取れるわけではありません。

社会保険料や税金の支払いにより、手取りとして受け取れる金額はもっと少なくなります。

たとえば、年収500万の人が支払う所得税について。

所得税の納税額は、扶養者の存否により控除額が変化しますので、一律とはなっていません。

単身世帯ですと、年間に支払う所得税は約14万円。

それに対して、サラリーマン+専業主婦+扶養控除の対象となる子供の3人世帯ですと、年間に支払う所得税は、約8万円程度です。

同じ年収500万の世帯でも、ケースによって手取り額が若干異なりますが、平均すると約400万程度が、実際に受け取れる金額となります。

 

年収500万の生活

生活 レベル

年間の手取り収入が400万の場合、年2回4か月分のボーナスを前提に計算すると、毎月25万の収入を持込めることになります。

これだけの収入があれば、単身世帯でしたら問題なく楽に生活を過ごせるはずですね。

ただ、サラリーマンと専業主婦の2人世帯、さらにはそこに子供を含めた3人世帯になりますと、一般的な生活レベルを維持することで精一杯となるかもしれません。

決して貧乏な暮らしではありませんが、裕福な暮らしとまではいかないのが、年収500万の生活レベルです。

 

年収500万円なら、普通乗用車が一般的

理解しておきたいのは、年収500万円は一般家庭の平均であるということです。

それゆえ、平均的な生活を想像するのがオススメです。

車を参考にするのであれば、普通乗用車が一般的です。

また、新車やプリウスなど、少しグレードが高い車を購入する割合が高くなるのが、この年収500万円あたりからだと言われています。

スポンサードリンク

ただし、車好きは例外

しかし、男性の中には車好きという人も多いです。

女性のように洋服やメイクにお金を使わなくていいので、独身男性だとグレードが高い車を持っている人も多いです。

それゆえ、BMWを持っている男性が高収入かと思いきや、意外と年収が500万円程度だったなんてこともざらにあるわけです。

また、独身男性に限っては女性に貢ぐ男性も多く、特に年収500万もあれば多少年齢を重ねていても、貢げば若い女性といくらでもデートを重ねることができるわけです。

もしも年収500万以上稼いでいる男性との結婚を望むのであれば、このような女遊びをする男性なのかどうかという点が、大事になってきます。

 

貯金の目安は?

貯金 

中には、超節約術を駆使して年収の半分を貯金する人もいらっしゃいますが、それは非現実的です。

日常の生活を圧迫しないレベルで貯金を続けていくとなると、手取り額の20%という数字が基準となります。

ですから、年収500万で年間の手取り収入が約400万の場合には、年に80万の貯金額をクリアすることを、目標にされると良いでしょう。

年に80万貯めることができれば、10年で800万もの貯金を貯めることができますので、老後の生活がかなり楽になるはずです。

 

リアルな声も参考にする

36歳二児のままさん

旦那の収入のみで年収は500万の専業主婦です。月々の貯金額は6万円で、家のローンのみが残っている状態です。生活レベルは毎月一回の外食と、週に二回のランチ(私のみ)、そして旦那はジムに通っています。

そんな旦那のお小遣いは5万円であり、何不自由ない生活をさせてもらっています。私の場合は都会ではなく田舎なので、食費などは畑でとれた野菜や、漁師さんから魚をもらうこともたまにあります。

そういった環境に恵まれていることもあり、ストレスをできるだけ感じることなく、毎月6万円もの貯金ができているのだと思います。生活を切り詰めればもう少し貯金はできそうですが、それよりも今を楽しむことに投資をするというのが、我が家の考えです。

41歳稼ぎ時さん

旦那と私の収入を合わせると年収は500万円近くになります。生活のレベルを言えば、旦那のお小遣いは月4万円、毎月の貯金額は8万円程度です。

私が働くのが好きで、滅多にお金を使わないことや、食に二人ともそれほどこだわりがないので、食費が安上がりなので毎月そこそこの貯金ができているのだと思います。

車のローンがもうすぐ終わりますが、このローンが終われば月に10万円以上の貯金ができそうですが、はっきり言って私たち夫婦は趣味などがなく、お金を使わない生活を送っているので多くの貯金はできそうですが、こういった生活ができない人はまねをしない方がいいと思います。

実際に私の友達が真似をしたところ、ストレスが溜まって生きていることが苦しく感じたそうです…(笑)

 

生活レベルは普通より少し上です

いかがだったでしょうか。

今の日本で年収500万もの収入を得る能力があるということは、大変立派なことであり、生活もそれなりに楽な生活を送れることでしょう。

ただ、贅沢をしようとすると破綻するレベルの年収でもあるため、堅実な生活を送るよう努力をする必要があります。

例えば独身男性の場合でしたら、アイドルなどの趣味に多額のお金を使える年収でもありますから、堅実な生活を送らなければ案外借金も簡単にできる年収だと言えます。

また、「年収500万の手取りと職業の目安5選」もセットで読んでみましょう。

こちらの1ページでは、出費の細かな内容や、稼ぎが期待できる職業などを事細かにお伝えしています。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る