年収700万の人と結婚=専業主婦は確定レベル?


結婚前の女性が憧れる理想の専業主婦像というのは、映画やテレビに映し出される、少しリッチでおしゃれな生活を送る専業主婦なのではないでしょうか。

年収700万円という数字を見れば、専業主婦+少しリッチな生活が可能なようにも感じれますが、実際には普通の生活程度の人が案外多いようです。(後々年収700万円台の、主婦の方のリアルな声をご紹介しています。)

今回はそんな主婦の現実について、とことん追求してみました。

スポンサードリンク

はじめに、幸せの基準を見つめなおしてみよう。

幸せの価値観は人それぞれですが、毎日が慌ただしく過ぎていく働く未婚の女性にとって、一度は体験してみたい専業主婦。

それが叶えられる年収の最低ラインが、だいたい700万円程度ではないかといわれています。

年収700万円の場合、一般的なサラリーマンで実際に手元に入って来る金額は555万円ぐらいとなります。

しかし、この年収で専業主婦になれるのかどうかは、住んでいる地域などでも変わってきますので一概には言えません。

またパートナーの考え方も大事なポイントになってきます。

 

専業主婦になれる年収ライン

独身女性の3人に1人が専業主婦になりたいと望んでいる一方で、男性の方の考え方はどうなのでしょうか。

当サイトの調べによりますと、男性の場合は、およそ5人に1人が結婚相手には専業主婦になって欲しいと思っているようです。

ちなみに年収が700万円を超えると、その割合がグッと高くなります。

以上のことから、妻が専業主婦であっても何とか養っていける年収ラインの目安が700万円であるということが分かります。

但し、都市圏の場合は別。

家賃はもちろんのこと物価が全体的に高めになることから、プラスアルファが必要となってきます。

本当は専業主婦になって欲しいと思っていても、年収が低いと実際には難しいもの。

その思いと年収が比例するとは限らないのが辛いところです。

しかし専業主婦になりたい女性と、なって欲しい男性の割合の差が大きいことに驚きますね。

スポンサードリンク

生活レベルを変えられるのか?

生活レベルは少し裕福程度に変えることができる可能性が高いですが、様々な問題も出てきます。

専業主婦であれば、自分で働いて得たお金での生活ではなくなるので、その使い道で夫と価値観が分かれる場合もあります。

もちろん夫が外で働けることは内助の功あってのことなのですが、それを評価してくれる男性はまだまだ少ないと思っていいでしょう。

日本の家庭では、「働いている方の立場が上」という意識が強く残っています。

そのせいもあって、「夫が働いて得たお金」を自分の為に使うことに引け目を感じる人も少なくないといいます。

独身時代は、自分の収入はその全てを自分に使うことが可能ですが、結婚するとそうはいきません。

ですから浪費癖がついている男性の、生活レベルを下げるということは至難の業。

慣れるまでには強いストレスを感じることも多く、そのせいで夫婦仲が不安定になってしまうことにも繋がりかねません。

年収700万円前後であれば、そういうリスクも視野に入れて考える必要があります。

 

今だけではなく、将来も見据えることが大切

子供一人を大学に行かせるまでの教育費は、1,000万円~1,500万円といわれています。

この教育費に加え住宅ローンや老後の為の貯蓄など、節約は欠かせない生活となります。

年収700万程度で、少しリッチな外食をしたい、旅行がしたいといった楽しみを叶えたいのであれば、短時間のパートでも妻が働くことを考えたいものです。

外で働くことが悪いことばかりではありません。

余裕が生まれることで、生活だけではなくメンタル面にも良い影響が出てきます。

働くことでのストレスもありますが、堂々と自分の為にも使えるお金があることで、不安は解消されていくのではないでしょうか。

 

年収700万の主婦のリアルな声も参考にする

子供2人のママさん

私の旦那の年収は700万円を下回ることはありませんが、それほど裕福な生活はしていません。やはり将来が不安で貯金貯金となってしまいますし、何より旦那のみの稼ぎなので、少し出費にも気を遣ってしまうこともあります。ですが年に一回は旅行に出かけますし、私は結婚してからずっと専業主婦でも貯金もできる程度の生活をおくれるので、稼ぎに関しては、私は全く不満はありません。

趣味を没頭ママさん

年収700万円といえば、結婚前は凄く大金のようにも感じましたが、人間とは不思議なもので慣れがくれば欲が出るものです。私の場合は、家でずっといてるのが苦痛で週に二回、働くことにしています。生活の足しにもなりますし、何より旦那の働いてほしいという要求もあったので、働くことにしました。私の家庭では年収700万円あれば十分に生活ができますが、旦那が働いてほしい人であれば専業主婦は無理ですし、さらに浪費癖がついてしまっているのであれば、貯金もできませんし裕福な生活もできないのが、年収700万円の生活レベルだと思います。

 

専業主婦になれるかどうかは、住んでいる地域と生活レベルがポイント

都市圏ではない地域に居住し、一定額の貯蓄が出来るようであれば専業主婦でもやっていけるでしょう。

そうでない場合は、例えパート勤務でも妻が働き世帯収入を上げる方が、将来への備えにも繋がり、教育費などにも余裕を持って対応出来るようになるので、専業主婦+少し余裕の生活というのは難しい可能性が高まります。

そして何より、旦那の浪費癖によっても生活レベルは変わっていく、ということを知っておきましょう。

また、「お金大好きな人が知るべき幸せとの関係とは?」もセットで読んでみましょう。

お金はあるに越したことはありませんが、お金持ちとの結婚が必ずしも幸せとは限りません。

その深い理由が、この1ページを見ることで分かるでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る