女性心理

彼氏いらないと言う女の本音とは?

ガールズトークに耳を傾けてみると、”彼氏なんかいらない”と、心にもないことをいう女性をたまに見かけたりします。

しかし、中には本当に今は彼氏は必要ないと思っている女性も存在することは確かです。

今回はそんな彼氏いらないと言う女の本音について、女性の心理状況を暴いていこうと思います。

実は寂しがり

「私、彼氏いらないしー」とか言っている女性がいますよね。

高校生の頃から言っている子もいますし、大学生になってから言っている女性もいます。

しかしそんな女性の心理の中には実は寂しい…と思っていることが多いようです。

彼氏いらないと言っている女性は、過去に男性経験で失敗した記憶があることが多いと言います。

その経験をひきずってしまっているため、新しい恋愛をするのが怖くて今一つ踏み切れないでいるようです。

そんな彼女たちも好きな人の1人や2人くらいはいるようです。

しかし自分からアタックしないのは、やはり傷つけられることが怖いからなのです。

彼氏いらないと言っている彼女らの心は深く傷ついていることが多いのが本音ですね。

 

仕事が楽しいから

中には本当に彼氏いらないという本音の女性もいます。

それは、今打ち込んでいる仕事が楽しくて仕方がないからという点でしょう。

彼氏とデートするよりは、仕事していたほうが楽しい、充実感がある、と感じている女性は実は社会進出が激しくなった女性の間でかなり多く見られるのです。

仕事と恋愛を両立している女性もいますが、それらの女性よりも仕事を中心に考えている女性は彼氏の存在が鬱陶しくなってきて、連絡するのも面倒くさくなり、仕事オンリーになってしまっていることが多いようです。

確かに仕事は楽しいうちにやっておいたほうが良いかもしれませんが、近い将来婚期を逃す可能性がありますから注意しましょう。

恋愛って必要?

恋愛って必要なものなの?とあまり恋愛を必要としていない、冷めている女性がこのケースです。

燃え上がるほどの焦がれる恋を経験したこともなければ、手痛い失恋をしたこともない、いたって普通の女子なのですが、考え方がある意味とても冷めています。

また周囲の女子たちの恋愛事情を垣間見ているので、自分はそんなのこりごり、と思っている女性も多いようです。

そんな女性は”彼氏いらない”というより”恋愛なんて必要ないでしょ、生きていくのに”というように、恋愛に対して非常に冷酷なのです。

 

適当に遊びたいから

スタイルやルックスの良い女性はもちろんですが、やたらモテる女性というものがいます。

そんな女性は次から次へと彼氏が代わり、その遊び方もそれぞれなので、適当に遊んでおいたほうが楽だし、束縛も嫌だから彼氏いらない、という傾向にあるようです。

遊び上手とも取られますし、恋愛上手とも言われますが、同性からは嫌われるタイプでしょう。

ただ、このタイプは一度惚れこんだら死ぬまで愛するというような男性に目をつけられると困るタイプです。

しかし遊びなれている彼女はそういう男性を瞬時に見抜くことができますから、遊び相手には選びません。

適当に、妥当な相手を見つけて遊んで暮らすのが一番楽しいと思っているのです。

 

女の子が好き

女性が女性を好きになってしまうことは、それほど珍しい事ではありません。

特に思春期の頃に女性は同性を好きかもと思ってしまう経験をすることが多く、今は男性に興味が無いという心理状況が言葉に出てしまっていると考えられます。

若い女性同士でよくほっぺにキスをしていたり、抱き付いていたりする光景を目にしますよね。

こういった行動を繰り返していくうちに、好きなのかも?と疑問に思ってしまうようです。

 

強がり

友達がイケメンの彼氏を作ったり、または自分がモテない女性。

こういった女性が発してしまいやすい言葉というのが”彼氏いらない”という言葉です。

内心は彼氏が欲しくて欲しくてたまらないのですが、強がってしまいこのような言葉を使ってしまうのです。

また、一度いらないと言ってしまうと元には戻れません。

それが原因で、長い期間彼氏ができないという現象に陥ってしまうこともあります。

関連記事

  1. 恋愛心理学女心編。毎日のlineやメールは脈あり?
  2. ab型女性が好きな人にとる態度とLINE
  3. 彼氏できた報告をする女性心理
  4. o型女性が好きな人にとる態度とLINE
  5. 距離を置く女性心理と振った後の女性心理
  6. 付き合ってない、付き合う前の手をつなぐ女性心理
  7. 弱い犬ほどよく吠えるの意味とその心理4選
  8. 彼氏持ち彼女へのアプローチとlineと脈ありの3つの特徴と攻略法…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP