彼氏が欲しい高校生が実行すべき10個の項目


高校生といえば、彼氏が欲しくなる年齢でもあり、多くの人がこの高校生の間に彼氏との初〇〇をたくさん経験すると言われています。

今ではアプリを通じていろんな男性とメッセージをやり取りし合える世の中になりましたが、それでも彼氏ができないと嘆く女性は多くいます。

今回の記事では、そんな彼氏が欲しい高校生が実行すべき10個の項目について、お伝えしていきます。

この1ページを読むことで、あなたが今すべきことが的確に分かるはずです。

スポンサードリンク

連絡は小まめに

例え全く脈なしの男友達であろうが、昔からの知り合いであろうが、彼氏が欲しいのであればとにかく連絡を小まめにしておくことが大事となります。

連絡を小まめにするということは、人付き合いが上手な人の特徴であり、小まめに連絡を入れておくことで、それは小さな信頼関係を積み重ねていくことに繋がります。

信頼されればされるほど、「お前なら信用できる」という信頼感が生まれ、そして友達を紹介してほしいという願いや、彼氏が欲しいという悩みに対して、全力で力になってくれる確率がグッと上がります。

また、これができるようになれば、年齢問わずにモテる人の共通点にも当てはまりますので、この先もずっとこのテクニックを駆使して、モテる自分を築き上げていくことも可能となります。

 

言葉使いを丁寧にする

言葉使い

彼氏が欲しい高校生は、言葉づかいを丁寧にしなければなりません。

なぜなら、男子高校生は言葉遣いが汚い女子を嫌うからです。

このような汚い言葉遣いをすることにより、イメージがガクッと落ちてしまうことは当たり前であり、どれだけ容姿に気を使っても、言葉遣いが汚いだけで振られてしまう女子生徒は後を絶ちません。

一方、容姿がそれほどでなくても、言葉遣いが丁寧なだけで彼女になってほしいと思う男子生徒はたくさんいます。

ですから彼氏が欲しい高校生は、普段から言葉遣いを丁寧にしておきましょう。

 

消極的な自分を変える

男性との出会いが欲しいとか、好きな人にアプローチできないなど、消極的な自分が原因で彼氏ができないということは、多くの女性に当てはまっているはずです。

これは男性でも同じであり、やはり多くの人が「恥ずかしい」や「失敗する恐怖心」に勝てずに、消極的になってしまっているのです。

ですから、彼氏が欲しいのであれば自らが積極的になり、自らが「出会いが欲しい」「アプローチしたい」と心で強く思うことが大事となります。

その強い思いが、やがて行動へと移り、そして学校やバイト先、SNS等を通じて出会いをもたらしてくれます。

好きな人がいないのであれば、FBやインスタ等で好みの男性にとにかく申請を送ってみる、友達とお互いに男性を紹介し合うなど、自らが積極的になることが大事です。

好きな人にアプローチしたいのであれば、まずは一日一回は話しかけるといった目標を立てる、週に一回は暇電という理由をつけて、電話を通じて話し相手をしてもらうなどの、的確な目標を立てることが大事となります。

スポンサードリンク

節度を保つ

彼氏が欲しい高校生は、いつも節度を保つことを忘れてはなりません。

いつまでもだらしなくしゃべり続けたり、笑い過ぎたり、食べ過ぎたり、飲み過ぎたり、節度のない行動をとると男性からは嫌われてしまいます。

男子生徒は容姿も見ていますが、女性のノリや節度についても見ています。

そこであまりにも度を越した行動をとれば、せっかく容姿が良くても嫌われてしまいます。

ですから、彼氏が欲しい高校生はいつも節度を保って行動するようにしましょう。

 

キャラを演じる必要はない

演じる

自分は男子に男キャラとして扱われているから…とか、一匹狼キャラを演じてきたので…という理由が邪魔をして、彼氏ができない原因へと繋がっている可能性も十分に考えられます。

そうではなく、気になる男性の前だけでは女になりきってみたり、周りの目が少ない場面ではキャラなど気にしない、ということが大事となります。

なぜなら、このキャラを演じないことにより、大きなギャップが生まれ、そのギャップは驚くほどの魅力的に見せるという効果が期待できるからです。

普段大勢の前でいるキャラと、オフ時には女になりきるというキャラを使い分けることによって、多くの男性に瞬間的にあなたのことを「女だ」と感じさせることができるはずです。

 

自分に自信をもつこと

彼氏が欲しい高校生は、自分に自信をもつことが大切です。

自分に自信がないと、ネガティブな考えばかりもつようになり、その行動においてもアピールにおいても消極的になり、男子生徒に気づいてもらうことができません。

また、消極的な心は内面にも影響を及ぼすので、そういう女性は見た目も美しく見えません。

これでは彼氏を作ることは不可能なので、自分に自信をもつようにしてください。

ちなみに自分に自信をもつためには、自分を好きになることです。

どんな小さな長所でもいいので、そこを誇りに思って自分を好きになれるように努力しましょう。

 

詐欺メイクを参考にする

また、自分に自信がもてないのであれば、詐欺メイクを参考にしてみるといいでしょう。

はっきりと言っておきますが、男性は詐欺メイクであっても、見た目が良いと感じると好感度がアップするということは間違いありません。

これは大人になると少し考え方にも変化が生じますが、高校生という年齢であれば、詐欺メイクは基本的に好感度アップの原因となるということを覚えておきましょう。

なぜなら、まだ精神年齢が大人ではない男性の多くが、中身では無く外見のみで相手を判断するという傾向が非常に強いので、外見を強化することは彼氏ができるきっかけを作ることも可能となります。

勘違いしてはいけないことは、厚化粧=詐欺ではなく、自分の短所を上手に長所に見せることが、詐欺メイクの基本だということです。

 

部活動に参加する

部活動

彼氏が欲しくても出会いがなければ作れないので、出会いの場を自ら作ることも必要です。

例えば、学校のクラブ活動に参加するのはいいことです。

スポーツでも文化でもいいのでとにかく部活動に参加して、出会いの場を作りましょう。

一番いいのは、男子が多くて女子が少ないマネージャーになることですが、男女比率が五分五分のクラブ活動でも構いません。

ともかく、彼氏が欲しいなら男子と出会える機会を作らなければなりません。

 

強がらない・恥ずかしがらない

彼氏が欲しいのであれば、多少無神経女になってみるということも大事となります。

無神経な人というのは、初対面の人でも平気で話すことができたり、初対面でも自分という人間を隠さずに平気で驚くような行動をすることもあるので、このような無神経な人の行動パターンを少し参考にしてみましょう。

最も、無神経だと思われると嫌われる原因にもなりかねませんので、無神経な人によく見られる、「強がらない」「恥ずかしがらない」を参考にしてみましょう。

強がったり恥ずかしがったりせずに、積極的に男性との交流を深めていくことで、まず男性があなたを好きになる確率が上がり、そして何よりあなた自身の出会いも多くなるので、彼氏が欲しい高校生には必須の項目の1つといえます。

 

清潔にする

これは絶対条件ともいえ、彼氏が欲しい高校生は、清潔さを保つことも必要です。

これはいうまでもありませんが、男子生徒は不潔な女性を嫌います。

洗ってない服を着用したり、部屋がちらかっていたり、手を洗わないなど、不潔な女性を見ると、男子はその女の子を彼女にしたいとは思いません。

むしろ容姿がいくら良くてもフラれてしまうのが関の山です。

男性といえばワイルドで少々不潔でも大丈夫と思うかもしれませんが、これは大きな誤りです。

今の男子高校生は清潔な人が増えており、女性に対してもそうであった欲しいと願っています。

ですから、彼氏が欲しい高校生は、いつも清潔さを保つようにしてください。

 

心の焦りは失敗を生みます

いかがだったでしょうか。

彼氏が欲しい高校生のあなたに、最後に伝えておきたいポイントがあります。

それは、「心の焦り」は禁物ということです。

焦ってしまえば、アプリなどを通じて変な男と出会ってしまい、そして遊ばれて捨てられてしまうのことが非常に多いです。

ですから彼氏が欲しいのであれば、まずは自分を磨き、そして10項目をしっかりと頭に入れておくことが大事となります。

また、「安い女の特徴~ならないための対処法10選」もセットで読んでみましょう。

安い女と思われてしまえば、安い男(遊び人など)しか寄ってこない女になってしまいがちです。

そんな安い女を避ける為にも、特徴を知っておきませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る