カップル

彼氏の誕生日に愛が伝わる手紙の書き方

大好きな彼氏の誕生日という特別な日に、一緒にいて祝ってあげるだけでも、愛が伝わり彼氏にとって最高の一日だということは間違いありません。

こういったお祝い日には、自分の気持ちを改めて素直に伝えれるチャンスでもあります。

今回はそんな彼氏の誕生日に手紙を渡す計画のあなたへ、愛が伝わる手紙の書き方のコツをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

なによりも手書きで書かれているものがいい

普段、口にして言えないようなことでも、文章にすると意外に書けたりするものです。

恥ずかしいことでも同じく、文章でならきちんと表すことができます。

もし彼氏の誕生日に手紙を添えるのであれば、自分の愛情が伝わるような内容の手紙にしたいですね。

一体どのような内容が良いのでしょうか。

手紙の書き方というものは、特に決まりはありませんが、愛情が伝わるような内容にするには工夫が必要です。

 

愛情をストレートに表現

まず愛情をストレートに表現することが一番でしょう。

普段、顔を見て「愛してる」「好きだよ」なんてことを言っているでしょうか?

ほとんどの彼氏彼女はそんなことはまず普段から言い合っていないでしょう。

その代わり、キスなら何度かしているかもしれませんね。

それが好きの愛情表現だと思っている彼氏彼女も多いようです。

しかしここでは誕生日の手紙という場所ですから、どれだけ愛情を書いても恥ずかしくありません。

「あなたの○○なところが大好き」「○○くん、愛してる」「○○してくれてありがとう、大好きだよ」などなど、愛してる、好き、という言葉を使った手紙は読むほうも恥ずかしいのですが、実はかなり嬉しいものでもあります。

スポンサードリンク

現状を書く

今現在、私はとても幸せです。

それは○○くんがいるからです。

こんな文章を書かれると、彼氏の立場としては「オレと一緒で幸せなんだな~」とほっこり、嬉しく思います。

一緒にいれて本当に私は幸せ者だよ、というような内容を手紙に入れるようにすると、今現在満足しているんだな、これからも一緒にやっていこう!と彼氏に後押しできます。

 

告白時のことを書いてみる

彼氏からでも彼女からでも良いのですが、告白した時期のことを振り返って書いてみるのも彼氏からすると嬉しいものです。

「あの時はびっくりしたけど、本当に嬉しかった!」等などあの頃は~という感情に浸れることを書くことによって、思い出が掘り起こされますから、彼氏も感傷に浸ることができるでしょう。

手紙では恥ずかしいことをたくさん書いたほうが勝ちなので、とことん書くと良いでしょう。

彼氏は恥ずかしいと思うかも知れませんが、それがまた嬉しいとも思うのです。

愛情をしっかり伝える手紙の書き方を学んで、手紙を書いた後は、普段どおり普通にしていることが良いでしょう。

そのギャップが、また彼氏に彼女が可愛いな、と思わせるものでもあるのです。

 

一番愛が伝わるのはやっぱり言葉

一番愛が伝わる方法は、やはりあなた自身の言葉で手紙を読むことにあります。

言葉で伝えることのメリットというのは、あなたの感情がより伝わり、より愛を感じれることです。

恥ずかしいかもしれませんが、手紙を渡すのであればその場で読むというサプライズもあれば、彼氏はあなたを今以上に大好きになることでしょう。

特別な日だからこそ、特別な方法で愛を伝えることによって、より特別な誕生日で終わることができるというわけです。

また、一番思いが詰まっている内容で、彼氏の目を見て言葉を伝えることで、さらに気持ちが伝わりやすくなります。

 

※次に知るべきこと

特別な日だからこそキスのタイミングを知っておきましょう!

→彼氏とキスしたい時のタイミングと方法は?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP