彼氏をキュンとさせる甘え方


彼氏に対して甘え上手な人というのは、彼氏の心を手放さずに捕まえておくことが上手な人です。

また、甘え上手は浮気対策にもなり、彼女にとってはメリットが圧倒的に多いと言えます。

今回はそんなメリットだらけの甘える方法について、彼氏をキュンとさせる甘え方のいろいろをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

抱きつく、もしくは腕をからませて甘える

甘える方法は幾度もあれど、抱きついて絡ませて甘えられると彼氏はきゅんとなります。

というより、ならざるを得ません。

抱きついて、指でも腕でもからませてから、上目使いで甘えてみましょう。

彼氏はそんな彼女をとっても愛おしく感じますし、そういう女性に男性は弱いものです。

いちゃいちゃしている最中にこれをすると大抵お願いごとが通じるとまで言われるほどです。

ただ、抱きつく、じゃれる、という行為は最低限イちゃいちゃしている時のみとしておきましょう。

通常、仕事やテレビを見ている場合にされると邪魔だと感じられます。

 

嬉しいをいっぱい言う

こちらもいちゃいちゃ限定になりますが、嬉しいな、ということをたくさん言いましょう。

キスをしては、「○○くんと一緒で嬉しい」ということを囁いたり、呟いたりするのが良いでしょう。

そうやって甘えられると彼氏はどんどん甘やかせたいと思うようですね。

 

服の裾をきゅっと掴んで歩く

付き合って間もないカップルの間に多いようですが、最近は少なくなってきています。

彼氏の後ろから歩いて、シャツの裾をきゅっと掴んで歩く彼女。

それだけで彼氏としては胸きゅんです。

何かお願い事があるわけでもないけれど、なんとなく甘えたいなという場合に彼氏のシャツの裾をきゅっとしてみると彼氏も意外なことに喜びます。

スポンサードリンク

肩に頭を乗せる

定番ですが、彼氏の肩に頭を乗せる、というシュチュエーションは彼氏をきゅんとさせるようですね。

いかにも甘えている、というシュチュエーションが良いようです。

そのまま彼氏が頭をナデナデしてくれたら、ラブラブ度が急上昇かと思われます。

自宅デートなどでこれをすると、彼が頭を撫でてくれるはずですから、2人の仲も一気に急接近しますね。

もし頭ナデナデがなかった場合、「ナデナデして」と言って甘えてみましょう。

実は物凄く恥ずかしいかもしれませんが、これによって2人の仲はさらに深まります。

 

後ろから急に抱き着く

彼氏にしてもらいたいと思う女性は多いかと思いますが、逆に女性がすると彼氏はキュンとしてしまいます。

とくに、イチャイチャムードでない時に急に抱き着くことで、彼氏が感じるキュン度はアップするでしょう。

そしてもう一つここで大事になることは、ギュッとしてあげることです。

女性は力が弱いので、力が弱いなりにギュッと頑張っている姿に彼氏の心はキュンキュンになることは間違いありません。

比較的に力が強いと思う女性は、わざと力弱く見せて精一杯頑張っている姿を演技してあげましょう。

 

甘えるのが恥ずかしい場合は…

この中で付き合いたての彼女が最もやりやすいのがシャツの裾を掴む、というものです。

行き先は彼氏の後をついていく、という感じで主導権を握ってもらい、シャツを掴んで歩くと、いかにも甘えていますという感じになりますね。

甘え初心者でもこれはできるのではないでしょうか?彼氏がシャツを着ている前提ですが、これはニットでもTシャツでも同じことです。

ただ、ニットの場合、伸びてしまわないように気をつけることが大切です。

特にお気に入りの服だった場合は、彼氏は逆にショックを受けてしまう可能性も考えられますので、さじ加減が大事になってきます。

スポンサードリンク

コメント

    • のんぽよ
    • 2016年 1月 06日

    とても参考になりました。
    好きな人と遊んだ時に彼のコートの裾を少し引っ張ってみたら、
    いい感じの雰囲気になってよかったです!
    ありがとうございました!

    もし良ければ、好きな男性にメールしたいときの口実の作り方を教えて欲しいです。
    よろしくお願いします!

    • お悩み大先生
      • お悩み大先生
      • 2016年 1月 07日

      のんぽよさん。
      コメントありがとうございます。
      力に慣れて光栄です^^

      メールの口実に関してですが、それほど難しく考える必要はありませんよ。
      返事のしやすいメールを心がけるのでしたら、画像を添付するのも一つの手です。
      ユーモアな画像を送って、返事のしやすい内容を書いてみると返信率は高いと思いますよ。
      他にも自虐ネタで相手に笑ってもらうのも1つの手ですし、珍しい物を写真にとっておき、こんなの見つけた!というメールを送ってみるのも大いにありです。

      また、デートに誘ってほしいのであれば、自らデートの申し出をメールで送ってみるのも返信率は高くなりますよ。
      「こんなお店見つけたんだけど、一緒に食べに行こう」という気さくな誘い方でもいいですし、「お肉好き?」というメールを送り、そこから「じゃあ気になるお店があるから、いっしょに行かない?」と誘ってみるのもありです。

      あまり硬い文章にならないように、自然な文章を心がけてみてください。
      自分の場合なら、「お肉好き?」という短文をおくり、返事の内容次第でデートに誘います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る