彼氏依存症の克服方法


彼氏依存症になってしまう人が携帯やスマホの普及と同時に増加傾向にあるようです。

これは現代人の欠点とも言われている、「加減を知らない」ことが原因の一つと言えるでしょう。

整形依存症やネット依存症など、時代とともにいろんな依存症が出てきています。

今回はそんな依存症の中でも彼氏依存症について、基礎知識と克服方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

彼氏依存になってしまうのは何故?

彼氏に依存することを彼氏依存症と言います。

実はこの彼氏依存症、あなたにも起こっているかもしれないんですよ。

彼氏が1日でも連絡が取れなくなれば心配になったり、不安になったり、メールがなかったら自分から連絡してしまったり…

束縛とどう違うの?と思われそうですが、それは依存度が違うと言えます。

彼氏がいないと常に不安で、毎日が息苦しくなるので、別れるとすぐに別の彼氏を作るタイプがこの彼氏依存症タイプと言えます。

彼氏依存症は彼氏にとってもしつこいなと感じるものですし、できれば克服しておきましょう。

 

自分を好きになることから始まる

まず彼氏依存症を治すためには自分を好きになることから始まります。

そんなことは当たり前だろうと思うかもしれませんが、自分のことを大切にすることで彼氏がいなくても、自分を大切にしようと思って、色々な行動を起こすことができるのです。

自分が幸せになれば相手も幸せになるんだ、と思うことによって、自分のことを好きになる可能性は高くなりますから、自分を是非とも愛してください。

スポンサードリンク

友達との時間を大切にすること

まず、彼氏依存症の場合、彼氏にべったりくっついていますから、なかなかそれまでの友達と遊びに行く機会がなくなります。

すると愛想を付かして友達は離れて行ってしまいます。

それが続くと友人と呼べる人が少なくなり、しいてはいなくなってしまいます。

意識して友人と一緒の時間を作り、できれば遊びに行くなど、行動を起こしましょう。

彼氏と100%全て同じ行動をするのではなく、余裕のある付き合いをすることで依存症を防ぐことができます。

 

克服の基準として彼氏依存症は治ると信じること

まず、自分でルールを決めましょう。

趣味、習い事を途中でやめないこと、友人と付き合いを深くしていくこと、等など、これを守るようにします。

彼氏依存症は彼氏も苦しめることになりますから、その前に自分の彼氏依存を治す必要があります。

病的な依存症でなければ完治する可能性が高いですから、ルールを決めて、1日くらいは彼氏から連絡がなくても平気なように努力することが大切です。

さらに彼氏から距離を置くこともたまには必要です。

彼氏から距離を置こうといわれるよりショックが少ないですし、自分から言い出したことなので、守るしかありませんよね。

距離を置くことで、今まで自分がしてきたことを客観的に見つめることができますし、理解することができます。

そして自分が次にとるべき行動が分かってきますから、距離を一旦置くことは最適です。

 

逆に彼氏依存させるのもあり

自分が依存してしまうのではなく、逆に彼氏に依存させてしまうのも一つの方法です。

そうすることで浮気防止にもなりますし、なによりあなたが愛されていることを実感することが出来ます。

どんな恋愛よりも愛される恋愛が一番の幸せです。

そんな彼氏依存をさせる方法については、次のページで詳しくご紹介することにしましょう。

→彼氏依存させる方法

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る