嫌い

父親を殺したいほど憎い思いを抱く子供の特徴10選

父親に対して殺したいや、憎い気持ちを抱いている子供は実際に多く、最悪のケースに至ると実際に父親を殺害してしまう子供もいるほど、子供と父親との関係というのは難しいものがあります。

また親子でありますから、当然喧嘩はするでしょうし、子供のために時には嫌われ役を買うのも父親の仕事というものです。

今回の記事では、そんな父親を殺したいほど憎い思いを抱く子供の特徴に関して、10の項目にまとめています。

この1ページを読むことにより、あなたの気持ちがすっきりするかもしれません。

スポンサードリンク

暴力や暴言

子供に対して暴力や暴言といった、力でどうにか子供をねじ伏せようとする父親に対して、子供が憎い気持ちを持つのは当たり前であり、時には殺したいほど憎い気持ちを抱くこともあります。

こういった環境で育った子供ことを、アダルトチルドレンと呼びますが、こういった子供は大人になって多くの苦労を味わうこととなります。

うつ病や恋愛ができない、または仕事が続かないなどの特徴が見られ、大人になると社会になじめずに生きる意味さえ分からなくなってしまう人もいるほどです。

 

自分にだけ厳しい

父親 厳しい

例えば兄弟が勉強ができるという理由で褒められていて、あなたが勉強ができないという理由でいつも怒られる場合、当然兄弟差別だと感じ、兄弟に嫉妬心を覚えたり、実際に兄弟差別されているケースも存在するでしょう。

このように、自分にだけ何故か厳しい父親に対して不満な気持ちを抱き、ある日を境にグレてしまうケースが後を絶ちません。

自分の気持ちを分かってくれない親に対して、グレることで自分の存在価値をアピールしたり、親を困らせてやるといった心理が働き、目立つような行動をしてしまうというわけです。

 

酒癖が悪い

酒癖が悪い父親の特徴としては、暴言を吐いたり、暴力を振るったり、母親と喧嘩をしたり、テレビにキレたりなど、とにかく周りに迷惑をかけてしまうといった特徴が見られます。

当然そうなれば、子供は自分を守るために父親から逃げるといった選択をしますが、この場合ターゲットが母親になってしまう場合が多いです。

結果的に、母親が可哀想、自分がどうにかしてあげられないものか…と頭を抱えるようになり、無力な自分に怒りを覚えたり、父親に対して殺したいという感情を抱いてしまうのです。

スポンサードリンク

働かない

働かない父親のことをクズ父親だと呼ぶ子供が多く、働かない父親の家庭は、基本的に母親が支えているケースが多いです。

働かない父親を好きになれというのは難しいことであり、さらに働かない父親に注意をされたり、偉そうな態度で命令されると、腹が立つのは人間として当然のことです。

さらにこういった家庭の多くは、借金を背負っているケースがよく見られますので、大人になって借金の返済を手伝う子供も珍しくありません。

 

金遣いが荒い

金遣いが荒い

金遣いが荒い父親の典型的な特徴としてギャンブル好きが挙げられますが、金遣いが荒い父親のせいで借金を背負い、母親が大変苦労している家庭もあれば、父親が働かずに母親だけが苦労している家庭もあります。

当然そうなると、父親が残した借金を将来自分が背負わなけらばならないという不安な気持ちや、好きなものが買ってもらえない、借金が原因で喧嘩が絶えないといった原因となり、父親の存在を憎み、殺したい気持ちになってしまうのは当然のことかもしれません。

浪費癖というのはそう簡単に改善できる癖ではありませんので、父親が心を入れ替えて自分自身を見直してみない限りは、金遣いの荒さはそう簡単には改善できないでしょう。

 

思春期

何が決定的な原因なのかも分からずに、思春期という時期にさしかかると、子供の多くは父親との距離を置こうとしますし、何より子供は自由を求めるようになります。

本気ではないけれど、父親を殺したいと少しでも思ってしまった子供の特徴というのは、実は子供のわがままな気持ちが原因であることも多いです。

こちらに当てはまっている場合は、大人になって父親の気持ちが分かったり、あの時はごめんねといった感情を抱くことが多いです。

 

気分屋

気分屋な父親というのは、自分が機嫌がいいときであればOKであり、自分が機嫌が悪いときであればNGといった判断を下し、言っていることが無茶苦茶であることも多いです。

そうなれば当然子供としては、どれが正解であるのか分からないし、何より父親の機嫌を伺いながら生活していくようになります。

本来はゆっくりできるはずの家で、父親の前では気を遣わなければならない現状に嫌気がさし、軽い気持ちで父親を殺したいといった感情を抱いてしまうこともあります。

当然これは一時的な感情にすぎませんが、人というのは一時的な感情で過ちを犯してしまうこともあるのです。

 

理解してくれない

理解してくれない

子供の気持ちや意見は一切耳にせずに、自分の気持ちや意見のみを押し通す父親を理不尽に感じたり、またはマイルールを押し付けてくる父親に疲れてしまった子供というのは、そういった気持ちが積もりに積もった結果、一時的に父親を憎いと感じてしまったり、父親を殺したいほどムカつくといった心理状態になってしまうことがあります。

特にうつ病を理解してくれない父親に対して、どうしていけばいいのか分からずに、心の奥底では優しい言葉を待っている子供というのは、もう話し合う事すら諦めているケースも多いです。

また理解してくれない親に反抗せずに、大人になって反抗期を迎えて、孤立してしまう子供は社会になじめないと頭を悩ませてしまうのです。

 

父の歪んだ愛情

歪んだ愛情がおかしな方向にいってしまうことは珍しいことではなく、例えば異常な過干渉を続ける父親というのは、子供を自分の物のようにコントロールしたいという心理が働いています。

つまり自分の思うとおりに動かなければ、機嫌が悪くなるのは当然のこと、その行動に罰を与えたりもします。

ですから大人になっても門限があったり、恋人を作るのはダメ、自分はよくても子供はダメだというような特徴が見られ、自分勝手な父親に憎い気持ちや、殺したいほどムカつくといった思いを抱いてしまうというわけです。

 

子供嫌い

親が自分の子供を必ず愛していたり、必ず子供のことが好きなのかといえば、そうではありません。

元々子供嫌いであるにもかからず、子供を育てている親だっていますし、子供が自分の思った通りに動かない、子供がブサイクだといった理由で、子供を愛せない親だって存在するわけです。

こういった父親の場合、子供を愛することができないわけですから、どうしても他人のように子供を扱ったり、子供に暴言を吐いてしまったりすることが多いです。

アダルトチルドレンとして育った子供は、自分が悪いと全て責任を自分に押し付けてしまいますが、本当の原因は父親にあるということを誰かが教えてあげなければ、周りと違った考えを持ち、自分のことを分かってくれないという悩みが大人になって常に付きまとうようになってしまいます。

 

軽い気持ち?それとも本気?

いかがだったでしょうか。

父親に対して殺したいという気持ちが、その場の一時的な感情であるのか、それとも本気でそう思っているのかによっても、対処法というのはやはり変わってきます。

例えばアダルトチルドレンとして育った子供は、父親と絶縁した方がいいケースもありますし、自分勝手な考えで父親を憎いと感じるのであれば、一度自立してみるなりの行動を起こしてみると、考え方もまた変わってくるでしょう。

ですがこれだけは言えることが1つあり、父親に復習を考えて殺害などの間違った行動は起こさないことです。

そんなことをしてしまえば、刑務所で生活することは当然のこと、本当にあなたの人生がダメになってしまう可能性が高くなるので、そんなことをするのであれば絶縁をして、関係を絶ってしまった方がいいといえるでしょう。

また、「父親がうざい理由~そう感じる瞬間10選」もセットで読んでみましょう。

こういった感情を抱いてしまうのは、あなただけがおかしいわけではないのです。

スポンサードリンク

コメント

    • ゆき
    • 2017年 7月 29日

    私も父親が大嫌い、できれば死んで欲しい。
    自分の思い通りに動かないと、どんな手段を使っても仕返しに走る。
    それでいいのか?アンダ後悔するぞ!
    ~の言葉が出てきたらアウト。どんなことでもする。
    警察を呼び、精神疾患があると嘘を言う。
    親だから言えること、などとし何でもアリで陥れる手を緩めない。
    言うとおりにしなかったアンタが悪い、と謝らない。
    そしてまた、思い通りにならないと脅迫してくる。
    小さいころから大嫌いで、いつも死んで欲しいと思って生きてきた。
    なのにいつも私のすぐそばから離れず、過干渉。
    死んで欲しい。
    死んで欲しい。
    死んで欲しい。
    この世から早くいなくなれ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP