モテる

犬系女子の性格や行動パターン15選

犬系女子の特徴や行動パターンといえば、あなたはどのような想像をするでしょうか。

基本的に犬系女子には多くの共通点が存在し、そしてタイプとしては嫌われにくいといった特徴がみられます。

今回の記事では、そんな犬系女子の性格や行動パターンについて、15選にまとめてみました。

この1ページを読むことにより、犬系女子の大まかなイメージ像がつかめることでしょう。

スポンサードリンク

場の空気を読むのが得意

犬系女子の性格は、その場の空気を読むのが得意であり、人の感情の変化やその場の雰囲気に合わせるのが得意です。

ですから、どんなタイプでも付き合っていける人が多く、そこが犬系女子の魅力でもあります。

一方で、我慢しすぎてストレスを溜めやすいという特徴も見られますので、定期的なストレス解消が必要となります。

 

恋愛発展までに時間をかけるタイプ

犬系女子は恋愛に対しては奥手であり、相手をよく知ってからでなければ付き合わないことが多いです。

誠実さを求めていることも多く、じっくり愛を育みたいと考えており、シャイな面も多いので、恋愛発展までに時間がかかる、奥手タイプが多いと言えます。

 

寂しがり

寂しい 女性

犬系女子は恋人ができると急激に寂しがりになったり、または彼しか見えない状況に陥りやすい性格が多いです。

そのため、彼氏依存症に陥ってしまうことも多く、彼無しでは生きていけない!となるのもこのタイプに多いです。

彼氏依存症に陥らないためには、しっかりと友達付き合いもしていくことであり、人生は彼のみという頭にならないことが大事です。

 

ひっついたりいちゃいちゃしたい

犬系女子は、”この人なら”と思った人に対してはいつでもいちゃいちゃしていたいという思いがあり、行動を共にすることを望みます。

しかし、仕事などで会えなくなり忙しくなると、構ってあげられないので嫉妬するといった行動に出ます。

嫉妬しやすいとも言えるでしょう。

スポンサードリンク

連絡はマメか自らするタイプ

犬系女子は寂しがりな性格でもあることから、連絡はマメか自ら積極的にするタイプが多いです。

ですから恋人にすると安心できるタイプであり、さらに相手によって行動パターンを変えることもできます。

連絡の頻度は相手の気分やタイプ次第でコロッと変えることもできるので、器用さもかけ持つといえるでしょう。

 

寂しいと甘えるタイプ

甘える

犬系女子は猫系女子とは違い、寂しいと素直に甘えてくる甘えん坊が多いです。

ですから甘えん坊女子がタイプという人にはたまらず、また甘え上手になればなるほど、彼を疲れさせずに上手に付き合っていくことができます。

逆に、甘え方を間違えてしまえば、めんどくさい女だと思われてしまいやすいので、注意が必要です。

 

喜ぶことをしたい

犬系女子は相手に対して喜ぶことをしてあげることが好きであり、嬉しいと思ったら、素直に嬉しい!と照れずに異性でも、同性でも伝えてもらえると、より嬉しく感じるのが犬系女子です。

尽くすことが好きなタイプとも言い換えることができます。

 

忠誠心がある

男性を立てることが上手な犬系女子は、ここは出るところではないなと思ったら、男性を立てる行動に出ます。

前に出ないというわけではないけれど、男性を立てることが上手です。

忠誠心も強く、裏切らないといった性格的特徴も見られますので、男性にとっては非常に魅力的に感じることが多いです。

 

基本的には社交的

社交的

基本的に社交的な犬系女子は、同性でも異性でも友人は多い方です(少なくとも猫系女子よりは!)。

無邪気で明るく、気まぐれ気質も混じっていますから、1つのものごとに執着することは少なく、興味を持つと中途半端にはせず、最後までしっかりやり遂げる姿勢が特徴的です。

また、楽しくコミュニケーションを取って遊ぶことが大好きです。

 

トレンドや身だしなみに気を使う

犬系女子は社交的で外に出ることも多いことから、身だしなみに気を使う人が多く、また外出することが多い=買い物が好きという女性も多いです。

さらにトレンド情報にも敏感であり、今年流行りのアイテムもしっかりと着こなしていたりするのも、犬系女子には多いです。

 

嫉妬しやすいタイプ

彼には一途である犬系女子は、嫉妬しやすい性格ともいえます。

彼が他の女性と何の関係もないけれど、一緒に歩いていることさえ、嫉妬の対象となります。

連絡を取り合っていればますます嫉妬の対象となり、不機嫌になり、そのうち一体誰なの?と疑ってしまうこともしばしば。

 

勉強より体育が好き

運動 好き

犬系女子は勉強より体育が好き派が多く、これはアウトドア派が多いということが関係しています。

インドアよりアウトドアで外に出ることを好む犬系女子は、社交的であり、知り合いが多いわけです。

 

反応がないと落ち込む

犬系女子の場合、何かしらサプライズなどを用意するのも好きなのですが、何も反応がないと落ち込むか、面白くない~と思ってしまいます。

相手の反応次第で好きにも嫌いにもなりますから、注意が必要です。

 

分かりやすい

反応がないと落ち込むのもそうですが、犬系女子は感情の起伏が激しい一面があり、そしてその感情を表に出してしまうといった特徴も見られます。

ですから自分では隠しているつもりでも、彼にはバレバレといった場面も多く見られます。

逆に気分がいい日なども分かりやすいので、気分がいい日にはとってもハッピーな気分で彼にとってもデートができるでしょう。

 

素直で愛されキャラ

愛される

犬系女子は、素直で愛されキャラであることが多いです。

恋愛や仕事、遊びに充実で、全力で向かっている女性は犬系女子と言えます。

ストレートに愛情表現を伝えますから、相手にも一目で分かってしまいますし、恋愛では尽くすタイプですが、重たい女と思われることもあります。

基本的に浮気せず彼に尽くすタイプなので、素直であると思われるのでしょう。

 

犬系女子は嫌われにくい

いかがだったでしょうか。

基本的に犬系女子は嫌われにくく、そして愛されキャラとして憎まれっ子になることが少ないです。

もちろん、女の嫉妬等の関係で恨みを買われることもあるでしょうが、それは犬系女子の魅力に嫉妬してしまっただけであり、そんな時でも犬系女子の周りには多くの協力者が現れるでしょう。

そんな魅力が多い性格だけに、欠点もしっかりと把握しておけば、より自分磨きに繋がっていくことは言うまでもありません。

また、「あげまん女性の特徴+顔などの部位まとめ」もセットで読んでみましょう。

あなた自身があげまん女子であるのか無いのかについては、上記を見ることで判明するでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP