産後

産後の家事再開の目安はいつから?

出産は一大イベントと言っても良いでしょう。

母親にとっても父親にとっても一大イベントの1つであり、出産後すぐのママは大忙しです。

母乳をあげたりオムツをかえたり、自分の体のケアもしなければならないのに赤ちゃんと同時進行で行わなければなりません。

そんな中、当然家事もしなければいけない母親がほとんどです。

産後の家事再開は一体いつからが良いのでしょうか。

また育児と家事の両立は慣れるまで非常に疲れると言われていますが、慣れるまでの期間はどう過ごせば良いでしょうか。

チェックしていきましょう。

スポンサードリンク

本来なら2週間後から

家事再開は本来なら2週間後からがベストだと言われていますが、最近では早めに床上げしたほうが産褥期が早く良くなると言われており、1週間で家事を始めるママも多いようです。

また兄弟がいる場合は退院後からすぐに家事をしなければならない可能性もありますから、ゆっくりできないという状況もあるでしょう。

 

家事を楽にするには

家事を毎日するのは産後のママには大変なので、パパが休みの土日などにまとめて料理や下ごしらえを作っておき、ジップロックに入れて冷凍しておくという手段も良いでしょう。

買い物はパパにメモを持たせて買いに行ってもらう、もしくは家から出られない間は宅配サービスなどを使うという方法もあります。

宅配サービスは最近では大きなスーパーでも行っていますから、是非使ってみると良いでしょう。

 

掃除は平日は省スペースで

掃除は部屋を大掃除なんてことはせず、無理のない範囲で赤ちゃんの周りだけ清潔にしておけば良いでしょう。

休日になればパパも手伝ってくれると思いますから、赤ちゃん以外のスペースを掃除機をかけたりモップでふいたりする大仕事を頼むと良いでしょう。

ママは自分の休息を後回しにすると余計産後の肥立ちが悪くなりますから、自分のケアも優先的にして、赤ちゃんの周りだけを整理整頓しておきましょう。

 

家事は皆を頼りにするのが一番

家事は産後1人でやろうとするのが無理なのが当然と思っておきましょう。

なんでも1人で抱え込みすぎる完璧主義な女性は、頼るなんてできないと思っていても、1人目の時ほど大変なものです。

そのため、家事や食事の準備などは周囲に頼るのが当たり前だと思っていたほうが良いでしょう。

それくらいのイベントを成し遂げたのですから、多少ズボラをしても良いのです。

食事は宅配サービスや時にお弁当、または思い切ってヘルパーさんを頼むなどしましょう。

今では産後のヘルパーさんなども利用できる時代になってきましたから、そのようなヘルパーさんを頼って料理や洗濯などをやってもらうとママの回復も早くなります。

スポンサードリンク

少しづつ体を慣らすことが大事

産後に無理をし過ぎれば、後々体の異常をきたす可能性が考えられます。

徐々に慣れていくことがベストでしょう。

休める時は必ず休むこと。

また生理の再開や腹痛や下痢など、これからは赤ちゃんのみでは無く、自分の体の異常で頭を悩ますことが多いかと思います。

そんな時でも育児放棄せずに頑張り切れるかどうかは、やはり体力の温存がカギになってきます。

ストレス解消できる時はしっかりと解消し、睡眠が取れる時はしっかりと睡眠をとる、このようなメリハリがこれからの育児で大事になります。

 

育児放棄してしまう母親の特徴

育児放棄してしまう母親の特徴を知っておき、あなたにも同じような特徴が見られないか?しっかりとチェックしておきましょう。

1.全てにおいて頑張りすぎる、完璧を目指しすぎる

一人の力で頑張るという意識をなくし、完璧主義から遠ざかりましょう。

こういった意識の高さは、後々に貧血や育児放棄につながりかねません。

2.ストレスを溜め込んでいる

たまには旦那や実母に愚痴を聞いてもらいましょう。

赤ちゃんばかりでなく、自分のストレス解消ができているのか?たまに自問自答してみることが大事です。

3.睡眠不足、カロリー不足

睡眠不足やカロリー不足はストレスの原因となり、精神的苦痛の原因となりかねません。

睡眠時間を確保できているのか?食事はカロリー不足になっていないか?しっかりとチェックしておきましょう。

4.男遊び

育児よりも男遊びを優先してしまう母親が育児放棄をした、というニュースをよく目にするようになりました。

自分の子供を守れるのは親であるあなただけなんだ、という意識を持つことです。

5.うつ

産後うつになってしまう母親は珍しくはなく、酷いケースは育児放棄してしまう母親もいます。

自分の精神的健康も意識しておかなければ、うつになってしまう可能性があるということも頭に入れておきましょう。

 

ママさんの失敗談も参考にする

29歳ハッピーママさん

私の場合は産後4日目から育児を再開し、すぐに外に買い物などにも出ました。しかし思った以上に体力が無くなっていて、驚くほど疲れを感じました。外を歩くだけでも非常に疲れ、育児にも影響してしまいました。私のようにいきなり買い物に行くなどは避けるべきです。疲れは溜まるものであり、溜まっていると気づいた時にはもう遅しです。体を動かすことについては、焦らず計画的に進めていくことが大事かと思います。

31歳二人目の育児奮闘中さん

産後二週間を目安に完全に家事再開しました。一人目はペースが分からずに疲れ果てましたが、二人目はさすがにましです。買い物は小まめでは無くてまとめ買いをする事、子供が寝ると自分も無理矢理寝る、体に異常を感じたらすぐに婦人科へ。この3つを意識するだけでも、育児に対する疲労感やストレスは減るかと思います。体の異常を無視しておくと、後々痛い目に合うのは自分なので放置は危険ですよ。

20歳新婚ママさん

産後はとても辛い日々の連続ですが、乗り切ることで新たな感動と幸せを知れるかと思います。私の家庭は夫も20歳と若いこともあってか、家事再開とともに夜の方も求める日がちょくちょくとありました。正直イライラしたので無視しておいたのですが、旦那は産後の母親の体について無知です。男性は無知な人が多いと思うので、しっりとこれはダメということを知らせておくことと、手伝ってほしいという意思を伝えることが大事だと思いました。伝えることで旦那は家事も積極的にやってくれ、私に睡眠時間を与えるために子供を見てくれるようになりました。

 

自分なりのペースをつかみ、無理は避けましょう

これまで産後の家事再開の目安について触れてきましたが、どうだったでしょうか?

まずは自分なりのペースを掴みましょう。

他人に合わせるのではなくて、自分の体と相談してペースを掴むのです。

そうすることで、頭を使う回数も減るので非常に育児が楽になるかと思います。

また、「産後1ヶ月の体重|知っておくべき7つ」もセットで読んでみましょう。

時が経つのは早く、すぐに1ヶ月を迎えることになりますが、そこで知っておくべき7つを知っておくと非常に便利です。

困った時の基礎が詰まっており、あなたが困った時に必ず役立つ知識集といえるでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP