男らしいワイルド系男子の10大特徴


男らしいワイルド系男子という言葉を聞くと、あなたはどのようなイメージを持つでしょうか。

芸能人で言うところの、長渕剛さんや木村拓哉さんなどが、このジャンルにぴったりと当てはまるでしょう。

そんな男らしいワイルド系男子に憧れる男性も多く、女性もその男らしさに惚れてしまうことはよくあることです。

最近では草食系や絶食系男子が増加傾向にあり、男らしいワイルド系男子を見かけることも少なくなってしまいました。

そんな男らしいワイルド系男子について、10個の典型的な特徴にまとめてみたので、さっそくご紹介していきます。

スポンサードリンク

肉食系男子がモデル

男らしいワイルドな面を見た瞬間、ドキッとなって女子が恋に落ちることは時としてありますが、そんな男らしいワイルド系男子はどう見分ければ良いのでしょうか?

まず、これらの男子をまとめると肉食系男子と言います。

恋愛は男性からせめていくものと考えており、常に女性をリードしてくれます。

ですから女性の家に呼ばれると、しっかりと相手が期待しているような行動を起こしますし、自らもロマンチックなデートコースを考えるのが得意だったりもします。

俺についてこいと言わんばかりの後ろ姿で、女性をぐいぐいとリードするのがこのタイプです。

 

同性からの信頼も厚い

異性だけではなく、同性からの信頼も非常に厚く、決して人を裏切るような行為はしません。

ですから上辺だけの友達よりもしっかりと分かり合える友達も多く、相手が困っていれば多少自分を犠牲にしてでも、助けようと試みてくれます。

男らしいワイルド系男子は、そういった人の心をつかむのが上手であり、非常に義理人情に厚い人が多いのも特徴的です。

 

女性にお金は出させない

基本的に女性にはお金を出させずに、しっかりと女性が気づかない間に会計を終わらせているのも、女性が思う男らしさの1つ。

もちろん男らしいワイルド系男子は、意地でもお金を出させようとはしません。

基本的に割り勘は好まないのです。

しかしそんな男らしいワイルド系男子でも、毎回奢ってもらうと気を遣うという女性に対しては、コンビニでジュース等の一本や二本程度は、奢ってもらったりもします。

スポンサードリンク

チョイ悪ファッション

さらにやはり男らしさを発揮するところで発揮してくれるのが、この男らしいワイルド系男子だと言えます。

見た目がチョイ悪的なファッションだったり、元ヤンキーだったりもするのですが、内面はとても優しかったりします。

見た目からのギャップ惚れをしてしまう女性も多く、またファッションに関してもしっかりとこだわりを持っていたりもします。

チンピラ的な服装では無く、チョイ悪ファッションというのが特徴的です。

 

ネチネチしたことが嫌い

女性関係でよく見られるネチネチの関係を嫌い、またネチネチした気持ちを抱くのも嫌います。

ネチネチするくらいであれば、面と向かってとことん話し合いをして、お互いの納得いくまで話し合いをするという方法を取るのが、この男らしいワイルド系男子の特徴です。

問題や原因から逃げるのではなく、しっかりと立ち向かって改善しようと試みるといった男らしさがあります。

 

プライドが高い

見栄を張りたがるのも特徴的で、プライドも高く、ちょっかいをだすことも多々あります。

リーダーシップを自ら取り、ぐいぐいとひっぱっていくアピールをしますから、もし気に入られたら凄いアピールをされることになります。

決断力に優れており、即効で物事を決めることが出来る頭脳を持っていますから、そこでも小さい男ではないことが分かります。

しかしながらプライドが高いので、自分が誇りに思っていることをけなされた時には、説教されてしまうこともしばしば。

 

大和撫子タイプが好み

男らしいワイルド系男子は大和撫子のような女性がタイプで、自分とは正反対の女性を好みます。

容姿の美しさ、思わず手を伸ばしたくなる女性を求めているようです。

何も言わずに二歩下がって、自分についてきてくれるよな女性が理想的なのです。

また、精神的な支えになってくれそうな芯の強い女性を求める場合もあります。

自分のことをほめてくれたり、尊敬してくれたり、そのことが精神的な支えとなり、恋人にしたいと思わせます。

 

出会い系でも合コンでも関係なし

出会い方にはこだわらないタイプなので、男らしいワイルド系男子が婚活で見つけた女性だったり、合コンだったり、様々な出会いの中で、自分に最も有利な女性を選ぶようになります。

デートは女性の方から誘ってくれるとありがたく思い、そのあたりのさじ加減は個人差があるようです。

男らしいワイルド系男子を彼氏にして、守ってもらいたいと思うなら、まずは聞き上手になることから始めましょう。

色々な武勇伝などを持つ男らしいワイルド系男子なので、そのような過去の話を興味津々で聞いてくれる女性は好ましいのです。

それに加えてつつましい部分もあり、性格が明るく可愛ければ、アピールするのは意外と簡単です。

 

虚勢を張ってしまう

どのような男性にも言えることですが、男性は虚勢を張るケースが多いのです。

ですから無理をしていることもたくさんあります。

それは仕事だったり、何らかのノルマだったり、デートで高い料理を連れて行ってあげたり、精神的なストレスのかかることだったりもします。

そんな男性たちは、精神的な安らぎを女性に求めていますから、男らしいワイルド系男子であってもメンタルは弱いということを知っておきましょう。

 

我が道を行く

男らしいワイルド系男子は、我が道を行くタイプの男性が多く、自分の夢を追いかけるために毎日を生きていたり、他人にあまり影響されません。

ですから、ただただチャラい男とは違います。

しっかりと自分を持っており、流行などにすぐに流されない強い意志があります。

まさに我が道を行く、俺についてこいタイプが多いのが特徴的と言えるでしょう。

 

男らしいワイルド系男子はモテます

10大特徴をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

男らしいワイルド系男子は、結論で言えばモテます。

なぜなら女性は男らしさを求めている人が多く、また男らしい行動に、この人なら大丈夫という安心感を抱くからです。

もちろん草食系は草食系でいい部分はたくさんありますが、女性は男性に比べて将来的なことも視野に入れて恋人選びをしますから、この人なら大丈夫という安心感があることによって、それはモテる要素の1つとなるのです。

関連記事

犬系男子の15大特徴(あるある)

色気のある男になる方法10選

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る