生活

確実にギャンブルでお金を増やす方法4つ

てっとり早く大金を稼ぎたい、そう考えた時に「ギャンブル」という選択肢があります。

パチンコや競馬だけでなく、宝くじや株式投資なども広い意味ではギャンブルといえます。

一発逆転で大金を稼ぐにはギャンブルが一番!

でも、ギャンブルにチャレンジするからには、誰しも損はしたくないはずです。

古代から人類は何とかして損せずギャンブルに勝つ方法を探してきました。

では、本当にギャンブルに必ず勝てる方法はあるのでしょうか。

今回は人類の英知いくつかのギャンブル必勝法をご紹介します。

あなたもこの方法で人生、賭けてみませんか?

スポンサードリンク

負けても次で取り返せる!「マーチンゲール法」

これは、「倍追い法」とも言われる方法で、「勝つまで賭け金を倍に増やし続ける」というものです。

1000円賭けて負けたら、次は倍の2000円賭けます。

これで勝てば前回分の負けは取り返すことができます。

もしまた負けてしまった場合は、さらに倍の4000円を賭けます。

つまり、勝てるまで倍の金額を賭け続けるのです。

1度でも勝てば、それまで負けて失った合計金額を一気に取り返すことができます。

どんなに運の悪い人でも、一生負け続けるということは極めて低い確率でしょう。

何回かに1回くらいは勝てるだろうという論理に基づく方法です。

しかし、これにはあらかじめ、ある程度の資金を用意しておくことが必要になります。

資金に余裕があり、長期的にギャンブルを楽しみたいという方にはおすすめの方法です。

その他にも逆マーチンゲール・モンテカルロ法等色々な必勝法が有りますが、これはまた別の機会にお話しましょう。

スポンサードリンク

アービトラージを取得する

アービトラージ(裁定取引)の意味は、同じ価値を持つ商品の価格差を利用して、利鞘を稼ぐ取引のことをいいます。
例えば、為替取引のアービトラージですと、次のようなケースです。
ある時、為替相場が、1$=90円、1ユーロ=130円、1ユーロ=1.5$になったとします。
この時に、① 130万円で1万ユーロを買い、② 1万ユーロを1万5000ドルにする、③ 1万5000ドルを売って円に戻すという取引を行なうと、130万円が135万円になり、5万円の利鞘を稼ぐことができます。

参照元:アービトラージとは?

アービトラージをするには、ブックメーカー(サッカーの試合のかけをするなどの、スポーツ関係のギャンブル)や、FXアービトラージなどが有名です。

日本でもこのアービトラージを活用し、生計を立てている人は存在し、凄腕の人であれば莫大の利益を生み出すことも可能です。

もちろん安定した利益を生み出すまでには、たくさんの経験が必要です。

 

「還元率」を考える!ローリスク・ローリターンで確実に勝ちを積み重ねる

パチンコやスロット、競馬、宝くじ…どのギャンブルが一番儲かるのでしょうか。

勝率と配当掛けた「還元率」は高い順に以下のようになります。

パチンコ・スロット…平均80%
競馬・競艇・競輪…約75%
宝くじ・toto…約45%

宝くじより競馬、競馬よりパチンコの方が高い金額が戻ってくると期待できます。

パチンコやスロットのような還元率の高いギャンブルならば、他のギャンブルに比べて損をする確率が低くなります。

宝くじは当選金額は高額ですが、1等が当たる確率はわずか1000万分の1です。

パチンコで生活しているパチプロはいますが、宝くじを生業としている人はいません。

ギャンブルで確実に稼ぎたい人は宝くじ等よりも還元率の高いパチンコやスロットを選んだほうが良いといえます。

 

全員が儲かるかもしれない「株式投資」

ギャンブルとは、「少数の人間が勝ち、大多数の人間が負ける」こんなイメージがありませんか?

株式投資も広い意味ではギャンブルのひとつといえますが、他のギャンブルとは大きく違う点があります。

それは、全員が損をすることもあれば、全員が利益を得ることもあり得るという点です。

投資した企業が成長をしていけば、そこの企業に投資した人は基本的には全員儲かります。

ある程度安定してる会社なら、つぶれる確率は低いのでリスクは低く抑えられます。

株の売買による利益だけでなく、株主優待や配当金などの利益を得ることもできます。

株式投資にはまず、知識を身につけることが必須ですが、

正しい知識と多少のテクニックさえ覚えれば、初心者でも確実に稼ぐことができます。

 

【まとめ】賢くギャンブルと付きあおう

ギャンブルをする人にとって、必勝法を見つけることは「永遠のテーマ」といえます。

「神頼み」の場当たり的なギャンブルは、必ず身の破滅を招きます。

自分に合った必勝法を見つけ、賢くギャンブルと付き合っていける人こそ、「真の勝者」と呼べるのだと私は思います。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP