結婚

結婚できないブスとできるブスの違い10選

ブスはブスでも、結婚できないブスとできるブスがあり、同じブスであることには変わりがないのに、結婚できないブスと、できるブスの二手にどうして分かれてしまうのか。

実はそこには単純だけど、多くの人が見落としている10選のポイントがあり、結婚できないブスはこの単純な10項目に気づけていないのです。

今回の記事では、そんな違いを分けるポイントについて調査してみました。

自分に自信がない人は、特に必須の1ページとなるでしょう。

スポンサードリンク

性格の良し悪し

これは当たり前といえば当たり前ですが、ブスであっても、性格が良ければ異性に好かれることはあります。

好かれるどころか、結婚を申込んでくる異性も必ず存在し、それを承諾すればブスでも結婚ができるのです。

反対に、ブスのうえに性格まで悪いと、結婚を申込む異性は一気に減ります。

外見が悪くて、そのうえ中身まで最悪なら、未来を想像しても、明るい未来を描けないのです。

ブスでいじめられていたとか、外見だけでモテる人がうらやましいといった嫉み嫉みが、根暗で好かれない性格を作ってしまい、結婚できないブスへと人を変えてしまうのです。

結婚したい、または恋人がほしいのであれば、まずは自分自身の根暗な部分を無くしていかなければいけません。

 

尽くし上手か重いだけか

尽くし上手な人というのは、恋人と一緒にいても居心地が良いと思わす能力に長けていますから、当然結婚を考える対象として見てもらうことができるのです。

一方で、尽くす意味を間違っている人というのは、一つの言動や行動が重いと思われがちであり、居心地が良いとは恋人に思わすことができません。

重い人というのは交際前からその行動や言動が出がちであり、非常にめんどくさいと思われがちです。

ましてやイケメンや美女と評価されない人は、第一印象が劣勢に立つ場合も多いので、さらにマイナスになるようなポイントを与え続ければ、結婚できないというのも当然なのです。

スポンサードリンク

自分を持っているかどうか

ブスはブスでも、自分を持っているブスというのは常に前向きであり、そして自分に自信を持っています。

自分の良い部分をしっかりと分かっており、相手の言うことを何でも聞くような便利屋にはならないのです。

ですから異性の友達からの信頼も厚く、そして積極的に自分をアピールすることができます。

結果的に異性との信頼が紹介へと繋がり、交際や結婚へと繋がったり、自分に自信があるからこそアピールできたりもしますので、明らかに同じ顔の人間がいたとしても、自分を持っているブスの方が結婚できる確率が高いことは言うまでもありません。

 

料理の腕前

料理 腕前

家庭料理がしっかりと作れるかどうか、これも結婚できるブスとできないブスを分けるポイントです。

男性の中には、外食するより家で食事をしたいと考える人もいますが、そういう男性にとってはもしブスであっても料理が作れる女性がいたら、そういう女性を女神だと思うものです。

また、女性であっても今では仕事で多忙は女性も多いので、家事ができる男性というのは非常に魅力的に映るものです。

自分がブスだと思うのであれば、顔以外の他の部分で自分の評価を上げる必要があり、その1つの方法として料理の腕前が試されます。

 

理想の高さ

恋愛経験がない人ほど理想が高く、無駄に高望みをしているという特徴がみられますが、ブスほど理想が高いというのは昔から言われていることです。

これは自分を客観的に見れていない証拠であり、現実をしっかりと見れていない証拠でもあります。

はっきり言っておきますが、付き合ってしまえば顔などそれほど気になりませんし、何より相性が大事となります。

ですから、今までかなわなかった高望みなどは捨ててしまい、現実的に、1人の異性から愛されればそれだけで幸せだという事実に気づかなければなりません。

 

行動力の違い

よく玉の輿結婚に僻む人がいますが、玉の輿結婚ができる人の特徴というのは、非常に行動的だということです。

ですからお金持ちと出会うためにたくさんの出会いの場や、パーティーなどに参加します。

これは結婚できないブスとできるブスの違いにも当てはまり、結婚するためにたくさんの行動を起こしている人は、やはり結婚している確率が高いのです。

下手な鉄砲も数撃てば当たるという言葉がありますが、その通りであり、数打てば自分と考え方や価値観が合う異性と出会うことだってあるのです。

 

コミュニケーション能力

kaiwa

ブスでも結婚している女性の中には、容姿はだめでもコミュニケーション能力が高い人もいます。

実はこれも、ブスが結婚するための秘訣となっています。

というのも、異性の中には情緒不安定な人もかなりいて、そういう異性は家庭の中でいつも話し相手を求めています。

こういう異性に対してコミュニケーション能力が高くて聞き上手な人が現れれば、例えブスであってもその人に異性は惹かれることがあるのです。

相手の心のパートナーになれるかどうか、ここが結婚できるブスと結婚できないブスの違いを分けています。

 

明るい性格かどうか

あなた自身、結婚するなら明るい性格の異性か暗い性格の異性、どちらを選びますか?

多くの人は、前者の明るい性格を選ぶでしょう。

それも当たり前であり、家に帰ると暗い既婚者が家で待っているなんてたまったもんじゃありません。

ですからいつもニコニコしていて、明るく人と接する人というのは、例えブスであっても友達が多かったり、異性との出会いも多いはずです。

それだけ明るい性格はニーズが高く、性別年代関係なく好かれる人の条件なのです。

 

多趣味かどうか

容姿が悪くても、共通する趣味が多くあれば、それで絆を深めることができます。

ゆえに、多趣味かどうかという点も、結婚できるブスと結婚できないブスの違いを分けてるといえるでしょう。

実際、ブスで結婚できる女性には多趣味な人が多く、結婚できないブスは趣味が少ないのです。

男性にとっては、自分と共通の趣味を持っている女性は好ましく思うものです。

ゆえに、ブスで結婚できない女性はいろんな趣味に精通して、自分の引き出しを増やしていくといいでしょう。

そうすることで、結婚への活路を見出せることに繋がっていくはずです。

 

努力を続けれる人

努力

自分はブスだと思い全く努力しない人と、自分はブスだからこそ努力する、という人では長い目で見るとかなりの差が出ます。

結婚できないブスとは、いつも自分を悲劇のヒロインのように扱い、そして自分の悪い現実から目をそらし、努力を続けない人です。

逆に結婚できるブスは、自分の悪い部分から目を背けることは無く、その現実と向き合って努力を続けれる人です。

当たり前ではありますが、自分磨きをする努力が続けれる人ほど、魅力的に見られるノウハウをたくさん知っていますし、さらに自分の魅力を最大限に活かすことだってできるのです。

 

言い訳を並べても現実は変わらない

いかがだったでしょうか。

結局人は顔なんて言う人がいますが、厳しいことを言うかもしれませんが、それが結婚できない原因なのです。

モテない自分を変えようと努力を続けないことには、一生結婚できない悪循環から抜け出すことはできないのです。

そうではなく、まずは自分の良い部分を探し出し、そして悪い部分も自分で認めることです。

そうすることにより、自分をより客観的に見ることができ、自分の魅力をより伸ばすことができるでしょう。

間違っても、ブスだから…なんてネガティブ思考になってはいけません。

また、「ブスだけど可愛くなりたい人の変身方法」もセットで読んでみましょう。

少しでも自分を魅力的に見せることができれば、それは脱ブスにも繋がりますし、何より結婚できる確率がグンと高くなるということは言うまでもありません。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP