自然消滅しやすい期間のいろいろ


自然消滅をする恋愛とは、大きく二つに分かれます。

自然消滅を狙っての破局と、お互いに気持ちが無くなっていっての破局。

今回はそんな自然消滅に関して、自然消滅しやすい期間のいろいろを調べてみました。

一般人の方100に聞いた、アンケート調査の結果などを参考に、結論を出していこうと思います。

スポンサードリンク

自然消滅をしやすい期間|一般人100人に聞いてみた結果

これからご紹介する内容は、一般人100人の方に聞いた調査結果となっています。

ここから、自然消滅しやすい期間のいろいろなことが判明するでしょう。

 

1.連絡が取れない期間、取らない期間

 

”一週間だと思う”(10人)

一週間連絡が取れないのでは、むしろ心配の方が大きい。

自然消滅を意識するより、圧倒的に何かあったかと心配してしまう。

一週間も連絡が来なかったら、私は失恋したと確信します。

 

”二週間だと思う”(58人)

二週間連絡が取れないと、さすがに鈍感の俺でも感づく。

これはさすがに分かるし、自分から必死で探せば、周りから情報もくるはず。

二週間連絡を取ろうとしない=気持ちがないと判断します。

 

”三週間だと思う”(27人)

SNSなどで生きているのかだけ知れたら、あとはもう諦めます。

三週間連絡を取り合わないということは、お互い必要としていない証拠。

冷めあった二人だからこそ、これだけ長い期間連絡を取らなくても、平気なんだと思う。

 

”四週間以上だと思う”(5人)

諦めたくないけど、諦めざる負えない期間。

もうどうでもいいと感じる期間です。

ここまでくれば、さすがに諦めがつく。

スポンサードリンク

2.会わない期間、会おうと思わない期間

 

”一週間だと思う”(1人)

一週間も会ってくれないんなら、違う人に愛を求めます。

 

”二週間だと思う”(11人)

お互いが二週間会おうと言う約束すら取らないのは、必要とされていないし、していない。

二週間も会っていないという気持ちが無かったときは、自然消滅を意識し始めます。

相手が暇なのに会ってくれないということは、自然消滅が頭をよぎります。

 

”三週間だと思う”(58人)

三週間も会おうと思わない=お互いが気持ちが無くなっていく一方です。

もうほぼ、自然消滅していると確信します。

相手がこれだけ長い期間会ってくれないということは、自然消滅を狙っていると判断するのが普通だと思う。

 

”四週間以上だと思う”(30人)

一ヵ月以上会わない=もう恋人の意識すら無くなってきている時期。

期間的に考えても、お互い気持ちが冷めきってしまっている期間だと思うから。

自然消滅していないと言い張っても、周りからもう諦めろと言われる期間。

 

3.デートが楽しくないと感じてからの期間

 

”一週間だと思う”(0人)

 

”二週間だと思う”(17人)

二回連続で楽しくないと感じるのは、明らかに愛が冷めてきている証拠。

愛する人と一緒にいて、二回も楽しくないということはあり得ないから。

自然消滅を意識し始めるのは、二回目からです。

 

”三週間だと思う”(59人)

三回もデートが楽しく無かったら、まず遊びたいと思わなくなる。

三回一緒にいても楽しくない=幸せに感じていない。三度目の正直ってやつです。

自然消滅を考えるなら、三回くらいが一番いい期間だと思う。

 

”四週間以上だと思う”(24人)

とりあえず、ここまでくると慎重派の僕でも確信します。

自然消滅するんだったら、四週間以上の期間は必要だと思う。

これだけの期間一緒にいて楽しくないのであれば、自然消滅をお互い意識するはず。

 

結論

三つ全ての票を合わせると、以下のような結果となりました。

一週間=11人

二週間=86人

三週間=143人

四週間以上=59人

 

トータル的に見てみると、三週間という期間が一番多くの票を獲得しました。

ここから分かることは、自然消滅しやすい期間の第一は、三週間という期間ということです。

 

関連記事

→自然消滅を狙う方法|3ステップの別れ方

→自然消滅する恋愛は連絡で分かる

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る