自然消滅する恋愛は連絡で分かる


恋愛において、もっとも傷つかない別れ方といえば、自然消滅もそのうちの1つの候補ではないでしょうか。

自然消滅する恋愛ほど、なぜかお互い吹っ切れている場合が多く、次のステップへとすぐに行動できる場合が多いようです。

さて今回は、そんな自然消滅する恋愛はどこで分かるのか?

自然消滅する恋愛の見極め方についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

自然消滅する恋愛の見極め方|連絡の細かな変化に気づいてる?

自然消滅する恋愛を見極める時に、注目してほしい部分があります。

それは「連絡」です。

必ず人は心理的に何らかの変化があった時には、連絡に変化が出るはずなのです。

失恋した人が一時期音信不通になってしまうのは、その代表例といえるでしょう。

現代人は、とにかくlineやメールで日常のやりとりを盛んにおこなっています。

そんな連絡に関して、特に目を光らせるべく”5つの点”を今からご紹介していくことにしましょう。

 

1.連絡をとりあっても楽しくない.マンネリ化していないか

マンネリ化はカップルの破局の原因にもなり、お互いを大事にしあえない原因ともなる、カップルの天敵です。

連絡においても、特に話す内容も無く、嫌々返事を返している場合は、要注意が必要です。

また、お互いに連絡がマメな人でない場合は、相手が無理をして返事をしてくれているのかもしれません。

そんな無理する気持ちが毎日積み重なるほど、やがて「離れたい」や「一人が楽」という心理状況に人間はなってしまうのです。

 

2.最近返事がそっけない

特に注意したいのが、「うん」という二言で返事が返ってくる比率の多さです。

この「うん」という短文のみで返ってくる割合が多ければ多いほど、自然消滅する恋愛の確率も高いといえます。

なぜなら、「うん」という二言に、『別れたい気持ちに気づいて』という、相手なりのメッセージが込められていることが多いからです。

スポンサードリンク

3.連絡する数が激減+会う頻度が長くなればなるほど…

これは、自然消滅を狙っている人がする、典型的な自然消滅方法です。

会わなくても平気な環境を少しずつ作り出すことで、情が少しずつなくなっていきます。

お互い情が薄れてきた時に、きっぱりと連絡を無くすことで、自然消滅が成立するパターンは高いです。

また、なかなか別れを決断できない人は、この「情」に弱いタイプの人です。

 

4.喧嘩にすらならないような内容の毎日

「喧嘩にすらならないような」というのは、お互いにあまり関心がない環境になった時に、なりやすい状況のことです。

最近を思い返して、連絡を取っても「言い合いになることが考えられないやりとりの毎日」や「明らかに相手に関心が薄れている内容」だった場合は、自然消滅を危険視する必要があります。

※言い合いになることが考えられないやりとりの毎日=超がつくほどの適当な内容のこと。

※明らかに相手に関心が薄れている内容=相手の一日の行動を知ろうとしないこと。

 

5.返信時間が早すぎる

最後はとてもシンプルですが、返信時間が早すぎるやりとりの連続は、精神的に疲れることが多くあります。

一方が友達と遊んでいる時に、自分が暇だからといって早い返信を求める。

これでは、必ず友達と遊んでいる方が、精神的に辛くなります。

一回や二回では気持ちに変化は現れませんが、これが重なれば重なるほど、相手は苦痛になり、自然消滅を考える可能性もグンと上がるということです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る