色気のある女と色気のない女の違い11選


色気がある女性は、もちろん男性からはモテることは間違いありませんし、女性からも目標とされる人となれる存在であります。

逆に色気のない女性は、男性に体目当てなどの軽い気持ちで近づいてこられることも多く、やはり色気がないよりは、あるにこしたことはありません。

男性がふと感じる色気とは、ふとした瞬間の仕草であったり、言葉使いであったり、細かな気遣いなどで感じることがほとんどです。

ですから、色気がある女性になる方法は案外難しいことでは無く、しっかりと男のツボさえ分かっていれば、色気のある女性へと変身することは可能です。

そんな色気がある女と色気がない女の違いについて、11個に絞り込み、まとめてみました。

スポンサードリンク

露出を控えている

露出が少ない女性は、男性からすれば色気あると感じることが多いです。

なぜなら男性は見えない部分に対して妄想を抱き、いい方向にいい方向にと考える心理的傾向が強いです。

ですから露出だらで谷間もかなり見えている女性よりかは、隠す部分はしっかりと隠し、いかにも巨乳かのように演出する服装に、男性は色気を感じるのです。

しかし露出が全くないと色気以前の問題ですから、首周りが大きく開いたニットから鎖骨を除かせたり、そでをまくって手首を出したり、華奢な部分をチラ見せすることで色気を演出することが出来ます。

 

自分を持っている

自分を持っている女性は、自分に自信がある証拠であり、周りの意見や流行に簡単に流されたりしません。

ですから会話でもしっかりと自分の意見を言え、しっかり者という印象さえ与えます。

自分をしっかりと持つことで、細かな動作や言動にも大きく影響され、結果的に男性は自分を持っている女性に対して、どこか大人の色気を感じてしまいます。

自分を持っているという魅力が、心の余裕や落ち着きといった色気に変わっていくのです。

 

ネイルのお手入れをしっかりしている

最近ではネイルがブームというより、日常化しているこの頃ですが、そのネイルのお手入れがしっかりしている女性は色気があると思われます。

女性が男性の指先を見て綺麗な爪をしていたり、しっかりと爪の清潔感を保っているのに高評価を覚えるのと同じで、指先までケアが行き届いているということは、イメージアップにもつながります。

仕事関係でネイルができないという場合は、しっかりと爪を光らせていきましょう。

水商売で売れるコツは光らせろという言葉がありますが、これは目薬で目を輝かせたり、爪を磨いて光らせたりすることで、人間は心理的に色気がある人だと勘違いしてしまう、という心理状況に基づいています。

スポンサードリンク

ふわりとした香水の香り

セクシーで色気ある女性は、ふわりとした香りをまとっています。

強くもなく、薄くもない香りなので、隣を素通りしたら、ふわっと香って思わず振り返ってしまうというような女性です。

多くの男性の憧れでもありますし、憧れ=いい女=色気もあるという固定概念を抱いてしまうのです。

色気がない女性の場合だと、香水の香りがきつすぎる傾向にあります。

香水は使いようによってはよくも悪くもなるのです。

 

知識が豊富

知識が豊富ということは、いろんな話題について深い話し合いができます。

特に経済や政治などの知識も豊富な女性は、知的な色気を感じさせ、評価アップに繋がることは間違いありません。

馬鹿っぽい女性に色気を感じる男性が少ない理由は、知識が豊富な女性の方が色気を感じさせてくれるからでもあります。

 

一歩下がって男を立てる

自己顕示欲が強い女性は責任感や独立心があり、素晴らしい一面も多く見られますが、やはりここは男を立てて、褒める部分はしっかりと褒めてあげることで、男性も女性をリードしやすいですし、何より一歩下がって男を立てるという行動が、男性に第一印象以上の色気を感じさせます。

男を立てることができる大人の女性は、男性に想像以上の高評価を与え、その高評価が色気という勘違いさえも起こしてしまうのです。

 

声のトーンが落ち着いている

声が高い女性は女性らしいと思われますが、それがキャッキャッ騒いでいるとなんとなく騒々しい人と思われます。

それよりは声のトーンが一定で、落ち着いている女性のほうが色気があると見られます。

声が高いと長時間聞いていると耳が痛くなりますが、声のトーンが落ち着いているといつまでも聞いていたくなります。

大人をイメージづけるために色気ある声というのも必要です。

 

礼儀正しい

例え年下の男性でも初対面はしっかりと敬語を使い、ありがとうやごめんといった、当たり前のことを当たり前にできる女性のことです。

まず年下や同級生だからという理由で、いきなりため口を使っていては、評価ダウン=色気は半減してしまいます。

女性の多くがいきなり男性にため口で口説かれるのはあり得ないと思うのと同じで、しっかりと礼儀正しく接することで、相手に100%の自分の色気を伝えることができます。

 

言葉遣いに気を使っている

言葉遣いに気を使っている女性は、色気があると思われます。

日本語でも乱暴な言葉遣いだったり、何かを略したり、流行語ともなっているものを使っていると色気は感じられません。

それよりは正しい日本語をしっかり話す女性のほうが色気に繋がります。

芸能人で色気があると言われている人の多くは、言葉使いが非常に綺麗という共通点も見られます。

 

清潔感がある

まず髪の毛がぼさぼさだったり、綺麗なカラーが入っていない女性は、自らの色気を手放してしまっていると思ってください。

毎回髪の毛をしっかりとセットしていて、バッグ等も汚れがない物を使っているということは、自分を色気のある女に見せる方法の1つです。

 

心に余裕がある

心に余裕がある例を1つ上げるとすれば、バーで足を組んで一人でゆっくり飲んでいるような女性のことです。

ゆっくり飲んでいるという行動が、男性に心の余裕を感じさせます。

また心に余裕がある女性は、隣に座った男性に自らのグラスを差し出すことさえできます。

これはかなりレベルが高い色気がある女がとる行動の1つですが、こういった行動ができるようになるためには、やはり自分に自信を持たないといけません。

 

色気とは、男を興奮させることでもある

ルパン三世の峰不二子というキャラクターを見ても分かるように、色気がある女性は常に男を興奮させることができます。

もちろんそれは性的な興奮だけでなく、気分を向上させるという意味での興奮です。

色気がある女性の典型的な特徴の1つは、男性が見入ってしまうな行動や言動をとれることです。

もちろんこれには経験も必要ですし、何より心の余裕が大事です。

ですから焦らずに、一歩一歩自分を成長させ、色気のある女性に少しずつ近づいていきましょう。

また、「綺麗な女性の特徴10選」もセットで読んでみましょう。

綺麗な女性に近づくということは、自然と色気のある女性にも近づくこともできるのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る