なぜか嫌われる人の話し方と共通点


世の中には、嫌われる人もいれば、好かれる人もいます。

好かれる人には人が集まり、嫌われる人はなぜか避けられる。

今回は、嫌われる事に関してお悩みのあなたに。

なぜか嫌われる人の話し方。

そして、なぜか嫌われる人の共通点に関してご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

なぜか嫌われる人の話し方と共通点

まず初めにに、嫌われる人の話し方に関してご紹介していきましょう。

あなたは、嫌われる人の話し方とは、どのような話し方だと思いますか?

嫌われる人に多く共通する話し方とは、このような話し方をする人なのです。

 

1.話し方がいちいちくどい

くどいとはどういう意味だと思いますか?

くどいの意味とは、「何度も同じ話をする人」や「話の結論に行くまでの間が長い人」のことをいいます。

なぜくどい人が嫌われるのかというと、何度も同じ話をされても、相手はもう結論が分かっているのです。

そんな結論が分かっている話を聞いても、相手は正直しんどいと思うだけですよ。

また、話が長い人も同じで、聞いている側はしんどいのです。

 

2.自慢話ばかりの人

いつもいつも、自分の自慢話ばかりをする人は、嫌われます。

理由は簡単で、自慢話を聞かされている方は、ちっとも面白く無いのです。

それに、誰でも出来るようなことを自慢されても、凄いと言わなければいけない。

きっと、自慢しか出来ない人と長話したいかと言われれば、嫌と答える人が圧倒的に多いことでしょう。

スポンサードリンク

3.自分の意見ばかり主張する人

自分の意見ばかりを主張してくる人というのは、必ず嫌われます。

多くの人は、相手に共感してほしいから話しているわけで、あなたの意見を聞きたいわけではありません。

いちいち自分の意見ばかりを主張してきて、自分が正しいとばかりに話を進める人は、どうやら嫌われる傾向にあるようです。

 

4.人を小馬鹿にしたように話す人

人を見下したり、人をばかにするような言葉を発する人は、好かれません。

相手からすると、「自分はどれだけエラいんだよ?」と思われてしまうのです。

また、人を小馬鹿にするような態度をとっていては、異性からは特に嫌われる傾向にあるようです。

 

5.話をちゃんと聞かない人

自分の話ばかりで、相手が話しても全く聞かない人。

または、相手が話しだすとスマホをいじり出す人などは、自己中な人だなと思われがちです。

自分が好きなだけ話して、相手の話は聞かない。

これでは、自己中と思われても仕方ありません。

 

6.話の内容が真面目過ぎる

話の内容が真面目過ぎる人は、相手からすると疲れます。

プライベートで楽しい時間を過ごしたいのに、真面目な話ばかりされては、疲れもとれません。

少し笑える話などをする工夫が必要でしょう。

 

上記の6つのどれかに当てはまっている人に必要なこと

上記の6つの内のどれかに当てはまっている人は、少し意識を変えているだけでも、現状が変わることは間違いありません。

例えば、相手の気持を考えてみてください。

相手が楽しそうに話している時というのは、必ず疲れたしぐさや目が笑っていないという事はありません。

 

もし、あなたと話している時に、相手が作り笑いをしているなと思ったのであれば、話題を変えてみる。

相手を批判しがちだったら、でもこんないい部分もあると言ってみる。

自慢話を無意識にしているのであれば、次は相手の話を聞いてあげるようにする。

 

こんな少しの工夫でいいのです。

少しの工夫が、あなたの評価をグンと変えるのです。

嘘だと思って、一度試してみてください。

きっと、あなたに関わる人の評価や対応が変わるはずです。

 

また、この記事に辿り着いたあなたは、無意識の内に嫌われるのが怖いという状況に陥っている可能性があります。

以前にご紹介した、「嫌われるのが怖い心理」にて、あなたの心理状況を確認してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る