ケチな男の心理と性格


男らしくない特徴の1つに当てはまる、ケチな男。

そんなケチな男の心理とは、一体どのような考え方なのでしょうか?

今回は、そんなケチな男の心理に関して、詳しくご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

ケチな男の心理

ケチな男とは、いつの時代でも人から嫌がられ、なぜか好かれません。

その理由としては、やはり人間誰しも見返りを求めてしまうからでしょう。

会社では、いつも奢っているのに、絶対に奢ってくれないような男は、嫌われる確率が高いようです。

 

さて少し豆知識を蓄えたところで、本題のケチな男の心理に関して説明していきましょう。

まず1つ目の心理は、損得で考える癖のある人です。

損得で考えてしまうと、人間どうしても欲が出てしまいます。

 

欲が出ると、奢るよりも奢ってもらうほうが得だ。

または、この人には奢っても得することは無さそうだな。

そんな心理の元、ケチな男というのが誕生するわけです。

 

この世の中、損得だけで生きていても、いい人間とはめぐり逢えません。

損得で考えてしまっている人は、考え方を改める必要があります。

スポンサードリンク

2つ目の心理は、育ちや過去にあります。

借金を背負ってしまったり、今の生活が苦しい人ほど、ケチな傾向にあります。

借金返済の苦しさや、月末の支払いが出来るか出来ないかで頭を悩ませたトラウマ。

そんなトラウマが、ケチ男を誕生させるようです。

 

3つ目の心理は、貯金や節約大好き男です。

貯金や節約が大好きな人ほど、奢ることに対して抵抗が強いようです。

貯金や節約をしていて、しっかり者なのはいいですが、節約とケチの違いを分かっていない人が、この罠にハマるようです。

 

4つ目の心理は、自分が大好き人間です。

自分が大好きな人間ほど、自分に投資してもっと輝きたいと思う考えた強いようです。

逆に、自分以外に投資するのを嫌がり、自分だけとう意識が強すぎるので、あまり人にお金を出したくないという結果につながります。

 

知ってる?隠れケチ男の存在を!

先ほど4つの心理をご紹介させてもらいました。

おそらく、4つの内のどれかは当てはまっていたのではないでしょうか?

そんなケチな男の性格というのは、嫌われることばかりなのでしょうか?

 

実はそうではありません。

男性の中には、隠れケチという人がいるのをご存知ですか?

その隠れケチ男というのは、女性にはホイホイとお金を出すけれど、男性には絶対に奢らない男性。

または、車に財布を忘れたなどと言い、奢ってもらう男性のことを言います。

 

誰が見ても分かるケチ男も好かれませんが、この隠れケチ男は男性からの評価は最悪です。

女性が現れると、すぐに先頭に立ち、お金を全員分払う。

しかし、女性が買えると、周りの男性の分の支払いを貰うような男性です。

そりゃあ、同性から嫌われるのは目に見えてますよね。

 

世の中には、こんな隠れケチ男もいるということを知っておきましょう。

女は怖いといいますが、男もこう考えると怖いですよね。

 

最後に

最後に言いたいことは、お金は人を変えるということです。

これは大金を持った人、大きな借金を抱えた人、人のためにお金を使わない人もそうです。

 

人のためにお金を使わない人は、その人の評価を変えてしまいます。

大金を持った人は、人間の欲望に満ちた生活をすることがあります。

大きな借金を抱えた人は、急に怒りっぽくなったり、常に心に余裕がありません。

 

こう考えると、お金というのは、人生において大事な部分を占めているのではないでしょうか?

もちろん、お金で買えないものはあります。

しかし、お金が人間に及ぼす影響力とは、恐ろしいほどの影響力があることを覚えておいて損はないはずです。

 

また、次のページで「割り勘男の心理」のご紹介をしていきます。

割り勘男=ケチというのは正解なのか、などの話題について触れていこうと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る