デートで付き合う前の男の食事や服装に知っておきたい3つのこと!


ごきげんよ~お悩み解消大先生です♪

今度気になる女性とデートなんですが…

服装はどんなのがいいんだろう?

 

食事に誘う場所はどんなところがいい?

本気で彼女を落としたいのであれば、どちらもとても大事なことです。

そんなあなたに、知っておきたい3つのこと。

これを今からあなたに伝授しましょう。

スポンサードリンク

会話に自信がないのなら、食事だけのデートは避けろ!

相手のことをまだよく知らないうちは、口下手な男性は、話し上手の男性に比べると自分をうまくアピールすることが下手なのです。

特にお互いに緊張している初めてのデートともなるとなおさらでしょう。

しかし、口べたな男性が初めてのデートで失敗するのは、口下手のせいというよりも、デートの場所の設定を間違えていることが原因であることも少なくありません。

 

口下手な男性は、初めてのデートでは、簡単な食事ですむデートにしてまうことがあります。

食事がメインイベントになるデートは、誘いやすいけれど食事に会話はつきものだから、口下手には辛い場所が生まれてきます。

会話がぎこちなく、かみ合わなかったりすると料理までおいしく感じなくなります。

 

なおさらそのデートがつまらなくも思えてきます。

これでは彼女に「この人とは気が合わない」という気持ちが芽生えてきてもおかしくありません。

「一緒にいても楽しくない」とも悪い印象を抱かれることにもなるでしょう。

 

それよりも最初のデートは、コンサートやスポーツ観戦など2人で一緒に経験できるものを考えた方がいいでしょう。

こうすれば、会話作りに苦労することもなく、お互いに楽しい時間を過ごすことが出来ます。

2人が同じことを体験したので、そのあと食事をしても、今度は自然に話のきっかけもつかめるし、そこからまた話題も広がっていきます。

 

口下手な男性も彼女に好感を与え、自分をアピールするチャンスを掴みやすくなります。

→デートで2回目に困る事!!告白の場所や定義。あなたは大丈夫?

スポンサードリンク

たとえ食事は割り勘でも最初のコーヒー一杯くらいはおごろう!

女性に沢山お金をかけることは、本当の愛情表現ではありません。

しかしいつも、男性がおごるのでは女性の負担を感じるのではないかと思う方もいるでしょう。

一体どの程度男性は、負担すればいいのか悩むことがあります。

 

ケチかどうかは別にして、今このような男性が珍しくなっていることだけは事実です。

若い男性がカード地獄に陥るなどの社会問題も生まれています。

男性が女性に、お金を使うことが全く悪いことだとも言えないでしょう。

 

お金というのはあくまで道具であり、1つの手段である。

自分で稼いだお金ならば、それを有効に使って、自分の気持ちを彼女に伝えるものであり、一つの方法です。

恋人同士な関係というのは、いわば「社会的なルール」の関係といってもいいでしょう。

 

2人の仲を深めるということは、言い換えれば社会的なきっちりした関係のルールのない関係に移行されることです。

彼女にお金を使うのは、愛情表現の代弁であるとともに、「君のものと私のもの」を分け隔てる壁を取り払うことである。

これは、決してお金で彼女を釣るという発想ではありません。

 

もちろん、自分の経済状態を圧迫するほどお金を使うのは考えものだが、デートの最初のコーヒー一杯、或いは移動するときの電車賃くらい出してもそれほどの出費はないはずです。

→2回目のデートの間隔や誘い方は?脈ありか無しかを知るにはまだ早い? 

 

彼女の髪型、服装、化粧は会った瞬間にチェックしましょう。

女性の変化に反応の鈍い男性が、次第に言葉を失っていくパターンがあります。

例えば、髪によく手をやるとか、まばたきを良くするとか、アクセサリーをよくさわるといった仕草を見過ごすことがあります。

しばらくすると彼女は、不機嫌になるでしょう。

 

デートで、彼女の顔を見たらまず、どこかいつもと違う点を見つけて褒めましょう。

おそらく彼女は、髪を少し切ったり、アイシャドーをブルーからグリーンにしたり、新しいイヤリングをしたりしているはずです。

男性はデートの時、彼女がヘアスタイルを変えたり、新しい服を着ていてもなかなか気づかないものです。

 

気づいたとしても、それを口にするのは、恥ずかしくて知らぬふりをしてしまいがちなのです。

これでは女性の心は、次第に離れていってしまいます。

彼女が努力して何かを変えようとしているのですから、それは彼によく見てもらいたいという気持ちが含まれているのです。

 

しかし、どこが変わったか見つけるのが難しいという男性もいるかもしれません。

そこで、特に変化がなくてもとりあえず何かを褒めてみることから始めてはどうでしょう。

「今日のヘアスタイルはいつもと違う?」などたとえ彼女が何も変えていなかったとしても気にかけてくれているというだけで喜ぶはずです。

 

何も髪型や服装に限った事ではありません。

「顔色が悪いじゃない?大丈夫?」こんな一言が彼女との接近行動に繋がります。

恥ずかしがらずに、彼女を気にかけてあげましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る