デートを誘うタイミングや手をつなぐのは何回目がベストか?


ごきげんよ~お悩み解消大先生です♪

デートを誘うタイミングや手をつなぐタイミング。

これって、とっても勇気の要ることですよね。

 

また、このタイミングを逃すことで彼女にできなかった…

なんてことも全く珍しくありません。

そこで今回は、手をつなぐタイミングは何回目がベストか?

 

そして、デートに誘うタイミングはあるのか?

これについてしっかりと書いておこうと思います。

スポンサードリンク

「なぜいつもタイミングを逃してしまうのか」っていうことありますよね。

それはなにが原因なのか…

それは「考えている時間が長いから」です。

 

「いつ誘えばいいのか」とか「今連絡しても大丈夫なのか」とかそういうネガティブ思考が、タイミングを逃す原因なのです。

連絡はしたいときにする。

誘いたいときに誘う。

 

なんでも思った時に行動するのが1番です。

「断られたらどうしよう…」なんて、考えなくてもいいのです。

断られたらまた、誘えばいいのです。

 

とにかく、恋愛ではポジティブ思考でいかないと、自分の精神が持たなくなりますよ。

→好きな人にデートの誘い方や誘われた人のLineの内容のテク集。

スポンサードリンク

あれこれ悩むより行動することが、最良のクスリ!?

 

何回かデートをしてお互いに愛情が募り、2人が結ばれるのは、決して自然にではありません。

そこには、2人の関係をより密接に結びつける行動が必要になるのです。

お互いに、待っているだけでは、二人の距離は近づいていきません。

 

まして、一線を越えられるはずもありません。

2人の距離を縮めるための努力をするのは、もちろん男性の役目です。

女性は、2人の関係を積極的に作り上げていくより男性からの働きかけを待っているものだからです。

 

最近の女性は、積極的だといわれていますが、それにしても男性の行動を引き出すような形で誘いをかけてきているだけです。

つまり、男性が覚悟を決めて踏み出さないと何も進展しません。

彼女と結ばれることが一つの目標だとしても、そこに至る速度は、千差万別である。

 

5回目でそうなる人もいるだろうし、3ヶ月かかる人もいるだろう。

しかし、ただ待っているだけではそのチャンスは訪れません。

速度は気にする必要はないが、自分から働きかけることは大切です。

 

ただし、これまでデートの時には自分のことばかり考えて、彼女との距離を一足飛びに縮めようとする。

しかしそれは、何の行動も起こすな、と言っているわけではありません。

恋愛は一種の賭けであり、当然勝負に出なければならないときもあります。

 

彼女との間にいい雰囲気が出来あがったと思うなら、心を決めて誘いをかけることも大事です。

→デートの断り方や断られる事で脈ありか無しを知る。再び誘うのあり?

 

彼女が他の男の話をしたら2人のきずなを深める絶好のチャンス!?

デート中に自分以外の異性の話を持ち出してくることがあります。

ほとんどの男性は、不機嫌になるでしょう。

もちろん女性が、彼氏がいる時も他の男性の話をすると、不機嫌になりますよね。

 

こういう話が出るときは、彼女の心の中にある不満が無意識のうちに噴き出して、他の異性の話になって表れるのです。

しかし、怒る必要もありません。

彼女が、無意識のうちに2人の仲の黄色信号を送っているだけです。

 

その問題点を直すことによって、青信号に変えられるということです。

逆に言うと、会話を深める絶好のチャンスとさえ言ってもいいでしょう。

最近悲しく思ったことや辛く思ったことを語ることによって、今の不満をあらわそうしてくれるかもしれません。

 

男性は、それをうなずいて聞くだけでも2人の仲は十分に深まるはずです。

彼女が急に他の男性の話題を持ち出してきたときは、心の中の不満が無意識に現れたのだと察知して、すぐに不満を解消してフォローしてあげることが大事ですよ。

→デートで付き合う前の男の食事や服装に知っておきたい3つのこと!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

    • ずみ
    • 2014年 5月 11日

    こんにちは管理人様。
    当サイトを見させてもらいましたが、納得できる点がたくさんありました。
    とっても勉強になります。
    これからも参考にさせてもらいますね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る