ワンダイレクションメンバーの仲良しエピソードと性格について。


ごきげんよ~お悩み解消大先生です♪

日本でも常に検索上位に事も少なくないワンダイレクション。

そんな大人気メンバーだが、こんなエピソードをご存知でしょうか?

 

それは、ワンダイレクション見方がまた変わるかもしれない。

そんな素敵なエピソードとなっています。

また、性格についてはどうなのか?

 

それは、海外雑誌での取材で、メンバーが性格についてこう発言していました。

ここから性格が分かることは間違いないでしょう。

スポンサードリンク

メンバーの仲良しエピソード!

今波に乗っていて、大人気のワンダイレクション。

彼らは、本当に仲がいいのです。

ライブが、終わるとメンバー全員で食事に行ったりしています。

 

長い休暇があると、メンバーで旅行に行ったりしています。

特にヨーロッパやアメリカを旅行しているそうですよ。

友達の話、女性の話やらとにかく、話まくるそうです。

 

恋多きハリーに、メンバーが女性の口説き方を聞いているとか…。

ハリー意外の4人も恋愛豊富ですけどね(笑)

5人のメンバーが一つになれたのは偶然なんかじゃないのです。

 

初めのころは、喧嘩をしたり辞めそうになったときもあったそうです。

しかし、1人でもかけてしまったら夢が叶いそうにないと思ったそうです。

なんと、ワンダイレクションという名前を考えたは、ハリーなんですって。

 

みんなが同じ方向に向いているという意味で思いたのがこの名前。

ルイは「ハリーと仲がいいから2人は恋人同士だ」と笑いながら語ったりしてます。

プライベートは、色んな子供っぽいことを大はしゃぎして遊んだりしているそうですよ(笑)

 

そんな仲良し5人グループの1人ナイル。

そんなナイルにこんな出来事がありました。

 

オーストラリアのポピュラーな食べ物の「べジマイト」というのがあります。

それを食べたナイルがストレートに「まずい」と言ったそうです。

そしてそのトーストを番組側のオークションに出品したんだとか。

 

はじめは、80円からスタートをしたのですが、結果が驚きましたよ。

ナイルの食べかすのトーストが約800万だったとか。

その金で、メンバーと旅行に行ったという話があります。

 

このように、メンバーが一つになってから喜びや悲しみを分け合えるメンバーになったそうですよ。

→ワンダイレクションルイが激ヤセで拒食症疑惑。元カノとの破局に関係は?

スポンサードリンク

メンバーの性格について

メンバーの性格について、記者のこんな質問がありました。

「ワンダイレクションメンバーの性格はどんな感じ?」

この質問に関して、答えたメンバーの答えがこれです。

 

ハリー

自分の性格は、なにかすると結構飽きるタイプかな。

でも、唯一本気になれるのがこのメンバー活動。

 

ワンダイレクションというメンバーが、唯一本気になれるんだ。

自分の性格を一言で表すと気まぐれ!

これが自分にはぴったりかな。

→ワンダイレクションイケメンハリーが性格や結婚感と彼女にこの発言

 

ゼイン

自分の性格は、なんていうか、燃えるタイプ。

何かに夢中になるまでは、なかなか動き出さないタイプ。

 

女性でもそうだけど、好きになると行動はするんだよね。

後は、なんだかんだ真面目な性格かもしれない。

仕事と好きなことに対してだけはね(笑)

 

ルイ

僕の性格は、とっても前向きで明るいって感じかな?

常に前向きに考えるようにしているよ。

 

後、女性は絶対に傷つけないのが基本!

だから、彼女は幸せにしてあげたい。

まぁ、性格は面白くない感じの人間ってかんじかな。

 

ナイル

僕の性格はおとなしいってよく言われるかな。

大体、第一印象はそれから始まる。

 

だけど、グループ活動してからは、性格も変わった。

積極性が増えて、前よりも明るくなったとか言われるよ!

自分は糞真面目過ぎておもしろくない、とか言われるタイプ。

 

リアム

俺の性格は、年齢より大人っぽいらしい。

昔は気が強い一面もあったけど、今では落ち着いた。

 

もう何か、大人になったせいかな?

自分は性格いいとは思わないな(笑)

でも、仕事に関してはマジメすぎるくらいだよ。

→ワンダイレクション彼女の噂まとめ。なぜリアムとハリーが人気なの?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

    • 最高
    • 2014年 5月 26日

    ハリー本当に最高!
    チャラいところもカッコイイよ♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る