今の彼氏と別れたい。大好きな彼氏との上手な別れ方とは?


ごきげんよ~お悩み解消大先生です♪

別れを告げるのは簡単です。

しかし、別れることがなかなかできないときもありますよね。

 

「もう一度考えてみようかな」なんて考えたりします。

しかし、別れを決意していて別れないのはまだ彼のことが好きな部分があるからなのです。

では、彼氏と上手に別れるにはどうしたらいいのか。

 

また、どうして彼氏とうまくいかないのかをご紹介したいと思います。

自分の今の状況はどうなのか。

考えながらご覧ください。

スポンサードリンク

好きどうしなのにうまくいかないのはなぜ?

好きな人と付き合っているのにどうしてもうまくいかない。

相手の気持ちが不安になったり、距離を感じたり、口論や誤解が絶えなかったり…。

「仲が良すぎて喧嘩する」というと、よくあるラブコメディのようですよね。

 

実際の交際でいさかいばかりが起こるのは、ストレスが多いものです。

こうした心の行き違いは、ただ単に「性格が合わない」「好きだから意地を張ってる」。

などで起こっているとは限りません。

 

深層には、根深い愛着行動の違いが生じている場合が少なくありません。

愛着行動とは、もともとは乳児と母親との間でかわされる親密なコミュニケーションのこと。

安定型、回避型、不安型の3つのパターンがあります。

 

母親との関係が良好で、愛情を与えられ、自分の欲求にも応えてもらえた乳児は、自分の望みを素直に表現し、精神的にも安定して人を愛することを覚えます。

しかし、母親との関係がよくない乳児は、母親に対する執着がないなどの問題が表れます。

これらのタイプを恋愛関係の上にあてはめると、それぞれ次のようなパターンとなります。

 

安定型

他人に信頼を感じることができ、自然に人と親しくなったり、好意を素直に表すことができる。

 

回避型

信頼関係を築くのが苦手で、他人と親密になれない。

誰とでも距離を置いて付き合う。

 

不安型

相手が自分を求めていないのではないか。

という不安から、攻撃をしたり遠ざかったりする。

スポンサードリンク

回避型や不安型の愛着行動をとる人は、いくら相手と相思相愛でも、なかなか幸せな交際をすることができません。

不安や疑心暗鬼から相手を責めたり口論が絶えなくなってしまいがちなのです。

 

どうでしたか?

自分のタイプは、どれでしたか?

相手に問題がるだけではなく、自分にも問題がある可能性もあるということなのです。

もう一度自分を見つめなおすことも関係を深めるいいきっかけになることでしょう。

 

関連記事

→彼氏と喧嘩する夢は危険?喧嘩ばかりのする理由を考える 

 

彼氏と上手な別れ方は?

彼氏とのいい別れ方は、人それぞれ異なります。

この人と付き合っていても、自分のためにならないと思うなら。

好きな人はいないけど「ごめんなさい、好きな人ができちゃった」というのも一つの手です。

 

また、これだと相手に怒りをかわせてしまうから違う方法がいいという方には。

「仕事に力をいれたくて…。

だから、今は恋愛によりも仕事に集中したいの」。

 

こんな別れ方もあります。

これなら、相手が自分の仕事のことをあまりわかっていない分上手な別れ方だと思います。

好きな人ができたといわれたら、誰でも傷つきます。

 

そのことが理由で、女性不振になったりもします。

男性の気持ちを考えるなら、仕事や趣味を理由に別れてみてはいかがでしょうか。

また、関係を潰したくないという方もいると思います。

 

そんなときは。

「これからは、友達として付き合お?

今の自分の気持ちがわからなくなっちゃた。

 

だから、距離をおきたい。

ごめんなさい」。

と男性にまだ好意があると思わせる感じで別れるパターンです。

 

しかしこれには、デメリットもあります。

ストーカーになる男性もいるということです。

なので、今の彼がそういうタイプなのかを確認した上でこの別れ方をするべきだと思います。

 

初めに言いましたが、別れ方には自分に合った別れ方があります。

なので、これは参考程度で考えてくれれば光栄です!

 

関連記事

→好きな人を忘れる方法。既婚者だったら両想いでも片思いでも忘れるべきか?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る