女性が追いかける恋は成就しない?


ごきげんよ~お悩み解消大先生です♪

本当に好きな男性と知り合うことができれば追いかけたくなる。

そんな女性はいますか?

 

しかし、女性はこんなことを思うと思います。

「女性から追いかけるのは変かな。

しつこい女は嫌われるんじゃないかな…。」

 

世間ではそんな女性が嫌われると思っていると思います。

実はそんなことはないのです!

「追えば逃げる」を逆手にとるのです。

 

今回はその手法についてご紹介します。

好意のある男性との恋を成就するためにチェックしてみてくださいね♪

スポンサードリンク

「追えば逃げる」を逆手にとる方法

「恋に駆け引きは必要だ」などよく言いますよね。

しかし、いつもいつも積極的に押しているばかりでは、やはり恋愛の扉は開かれません。

人の気持ちは勝手なもので、すぐに手に入る手軽な関係は色褪せてしまうものです。

 

たとえ同じ相手でも、いつでも向き合える安定した関係のときよりも、その関係を失うかもしれない。

というような不安定な状態のときの方が、気持ちが燃え上がり、余計に相手を愛しく感じます。

これは、心理的リアクタンスというものです。

あることへの選択や決定の自由の制限されると、その自由が素晴らしく魅力的だったように感じ、その状態をとり返そうとすることです。

 

別に欲しくなかったお菓子が「限定10個」と聞いただけですごく美味しそうにみえたり、さほど親しくない人が海外に転勤してしまうと知ると、なぜか名残惜しくなって送別会で話し込んでしまうというのは、この心理的リアクタンスからくる反応です。

 

恋愛関係においても、なんの障害もなく、マンネリ化している相手はだんだんと色褪せてきます。

だが、相手の浮気などで関係がぐらつき始めると、にわかにその相手を手放すのが惜しくなってきます。

好きな人にアタックし続けているのに、なかなか次の段階に進まない人は…。

スポンサードリンク

一度作戦を変えてみるといいでしょう。

「いつでも好きなときに手を伸ばせる」。

都合のいい関係では相手は興味を失います。

 

たまにはスッと離れたり、他の人と仲良くしてみるのです。

それは、好意のある男性がいるところでするといいでしょう!

それで、ヤキモチを妬いたりすると効果は抜群ということです。

 

自分の都合の良さにストップをかけてみてください。

男性というのは、失いかけたときに初めてあなたの大切を知ることができます。

都合のいい女でいると男性は女性を利用したりします。

 

追いかける恋は成就しない。

確かに、追いかけるだけでは成就はしません。

なので、彼が追いかけてくれないならその逆をとるのです。

 

いつもメールや電話を自分からしていた。

そんな女性なら2~3日止めてみる。

1日だけ止めても効果はありません。

 

1日だけだと彼はこう思うでしょう。

「仕事が忙しいからかな?

まぁ明日にはメールは来るだろう。」

 

なので、2~3日なのです。

2日、3日となると。

 

「最近メールこないなぁ。

なんかあったのかな。

心配だからメールしてみよ。」

 

とあなたのことが気になって彼からメールや電話をしてくるでしょう。

そうなれば、恋も成就しやすくなります。

今、自分から積極的に彼にアプローチをしている女性の方。

 

一度この手法を試してみてください。

そうすれば、彼の本当の気持ちや彼との距離感がわかることでしょう!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

    • 中学生女子♪
    • 2015年 1月 02日

    お久しぶりです。中学生女子です。 
    実は以前お話した彼に彼女ができたそうです。
    まだ好きです。でも、前から私を好きといってくれる人もいます。
    彼が彼女のことをとても好いているなら、彼のことを考えてあきらめようかとも思います。どうしたらいいでしょう(泣)

    • お悩み大先生
      • お悩み大先生
      • 2015年 1月 03日

      中学生女子さん。
      緊急事態なのに返事が遅れてしまった申し訳ないです。

      今の彼の現状を確認すると、まだ彼女は出来ていないようですね。
      まず、女子中学生さんの現状から確認しましょう。
      女子中学生さんは、今「大恋愛」を経験しています。
      今の気持ちや経験は、女子中学生さんが大人になっても、ずっと覚えている恋愛経験です。

      今はまだわからないと思いますが、実はこういった恋って、大人になっても、なかなか経験が出来ないんです。
      ですから、これだけは絶対にしてほしくない事があります。
      それは「チャレンジせずに諦める」ということです。

      おそらく、今諦めてしまうと、女子中学生さんが大人になっても、「あの時告白してたらな~」なんて後悔する可能性はとても高いと思います。
      実際に、自分はそういった経験があります。
      また、自分の周りの大人達も、皆口をそろえて言うのが「あの時諦めなければ…」と後悔していることです。

      自分の好きな名言に「諦めたらそこで試合終了ですよ」という言葉があります。
      恋愛もこれと全く同じで、『諦めてしまったら、そこで大好きな彼と付き合える可能性が終わる』ということです。
      クリスマスのデートなど、せっかくここまで来たのですから、諦めないでチャレンジしてほしいと思います。

      話は少し変わりますが、女子中学生さんの未来の分岐点を分かりやすく目で確認してみましょう。

      ・諦めて、彼に彼女が出来てしまう
      ・諦めたけど、彼に彼女は出来なかった
      ・チャレンジをしてみて、付き合える
      ・チャレンジをしてみて、ダメだった
      ・前から好きと言ってくれる人と付き合う
      ・前から好きと言ってくれる人とは付き合わずに、彼に彼女が出来ても出来なくても、片想いでいる

      リアルに、こういった感じの未来になると思います。
      付き合える可能性があるとすれば、「諦めたけど、彼に彼女は出来なかった」「チャレンジをしてみて、付き合える」「前から好きと言ってくれる人とは付き合わずに、彼に彼女が出来ても出来なくても、片想いでいる」の3つだと思います。

      後もう1つ。
      万が一、チャレンジしてダメだったとしても、それは恥ずかしいことではありません。
      どんな人も、皆同じ思いをして、強くなっていくからです。
      女子中学生さんくらいの年齢なら、学校の友だちに知られたら恥ずかしい、などの思いもあるかもしれません。
      ですが、自分たち大人からすると、好きな人に対して一生懸命に頑張る姿は、とっても誇らしげに見えますよ^^

      とにかく今は、悩むことも多いでしょうし、なんでも質問して下さい。

        • 中学生女子♪
        • 2015年 1月 03日

        お返事ありがとうございます。
        さっそくですが、実は以前に二回彼に告白しています。彼の返事は
        友達としては好きだけど、付き合うのはちょっと…
        というものでした。昨日、彼に確認をとったのですが、彼女ができたのは本当だそうです…。その彼女も二回彼に告白したそうで、一度は断ったが二回目に告白されたときOKしたそうです。

        前から好きだといってくれる人は以前、一度告白されて、好きな人がいるからと振りました。私は中学受験をして、彼とは違う学校で、前から好きだといってくれる人は同じ学校でクラスもいっしょです。私もその彼もクラスの人にばれたくない思いが強いので、もし付き合っても障害が多い気がします。

        どうしたらいいのでしょうか。

        • お悩み大先生
          • お悩み大先生
          • 2015年 1月 03日

          なるほどですね。
          そういった過去があったんですか。

          えっと…
          女子中学生さんは、今後どうしていきたいんですか?
          諦めずにまだ彼を追い続けたいですか?
          諦めたくないのであれば、連絡が取れる内はまだチャンスはあるかもしれません。

          また、以前から好きと言ってくれる人が、女子中学生さんを大切にしてくれるのであれば、その道を選ぶのもいいでしょう。
          一度付き合ってみて、やっぱり忘れられないのであれば、別れるというものありと思います。
          まずは、自分の本当の気持ちをしっかりと再確認してみましょう。

            • 中学生女子♪
            • 2015年 1月 07日

            お返事ありがとうございます。返信おくれてすみません。

            わかりました。よく考えてみます。ありがとうございました_(._.)_

          • お悩み大先生
            • お悩み大先生
            • 2015年 1月 17日

            焦ること無く、ゆっくり考えていて下さいね^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る