好きな人に会いたい。片思い、会えない、我慢3つの対処方法


ごきげんよ~お悩み解消大先生です♪

恋愛は複雑で難しいものです。

好きな人に会いたくても会えない…。

 

片思いをしていて、気持ちを伝えることができない。

などなど、男女関係なく悩みがたくさんあると思います。

その悩みを我慢しすぎてストレスになったりしますよね。

 

今回はそんな悩みを解消する3つの対処方法を紹介したいと思います。

しかし、人それぞれ解消方法は違います。

なので、これは参考程度にしてもらえたら光栄です。

恋愛に悩んでいる方たちはどうぞご覧ください♪

スポンサードリンク

好きな人に会えない3つの対処法

1番多いのは、遠距離恋愛でなかなか会えないというとき。

遠距離恋愛というのは、お互いの信頼がなければ難しい恋です。

だからといって連絡を何回もすると、彼氏や彼女に嫌われたりします。

では、どうすればいいのか。

 

まず1つ目。

仕事が終わる時間が何時かを聞き、終わった時間に連絡をしてもらうこと。

これは、普通かもしれません。

しかし、こういう約束をすることが大事なのです。

以前までは、連絡をしてくれいたのにしてくれなくなるととても不安になってしまいますから。

 

2つ目。

次に会う日を決めておく。

そうすることで、彼や彼女と会うのが楽しみで頑張れる糧になるのです。

この約束は、結構しない方が多いのです。

「彼は仕事が忙しいしなぁ」などと彼のことを考えすぎて言えなくなることが多いのです。

なので、次に会う日を決めておくことが良い方法になるでしょう。

スポンサードリンク

3つ目。

彼や彼女に会うためにお金をため会いに行く。

この方法はとても効果的です。

普通に彼や彼女に会いに行くといって会いに行っては行けませんよ?

サプライズという感じで会いに行くのです。

そういうこった事をすることで、お互いの距離を縮まるいいきっかけにもなるのです。

「次の休みはいつになるの?」といった感じで、休みの日を聞くなどするといいでしょう。

彼や彼女に「どうして?」などと聞かれても言わないようにしましょうね。

この3つが、好きな人に会えない3つの対処方法です。

 

片思いで気持ちが伝えられない3つの対処法

年齢問わず、片思いはあると思います。

その片思いは気持ちがモヤモヤして、仕事や勉学に影響してきます。

では、どうしたらいいのか。

 

1つ目。

好きな人の趣味など、自分との共通点を探すこと。

このことは1番大事なことです。

この共通のことが自分にあれば、それを話題とかにできますからね。

やっぱり、好きな人の前だと何を話したらいいのかわからないという方が多くいました。

この共通することがきっかけで、付き合ったりするカップルは少なくありませんからね♪

 

2つ目。

話をするときは、恥ずかしくても目を見て話す。

目を見て話すということは、好意を持っている人には効果的です。

オドオドして、下を向きながら話す人と目を見て照れながら話をする人。

この2つの選択では、絶対に目を見て話すことがいいです。

100人の男女にアンケートをとりました。

 

そうすると男性が女性に目を見て話す人がいいって答えた人は。

なんと82人。

女性が男性に目を見て話す人がいいって答えた人は。

78人。

このように多数の人が目を見て話す方がいいと答えました。

その理由は…。

 

・伝えようとする姿勢がいい。

・他に興味を持たず、自分に集中してくれている気がする。

・目を見て話すという行動がドキドキする。

 

などこういう意見が多数でした。

しかし、目を見て話すことにマイナスのこともあります。

「ずっと目を見て話す」。

ずっと目を見て話していると相手も慣れてきてしまいます。

なので、ちょっと恥ずかしいことをいうときは目をそらして言うのベストです。

 

例えば「好きな人はいるの?」

こういうことを言うときは、照れながら目をそらして言うのがベストです。

男性の場合は逆です。

ストレートに「好きな人はいるの?」というのがベストです。

女性の場合は、そういうギャップが男性にドキドキさせることができるのです。

男性の場合は、ストレートにいえるという頼りがいがありそうという印象を与えることができるのです。

 

3つ目。

ギャップをみせる。

このギャップが異性に印象を強く残すことができます。

男女関係なく、ギャップというのはとてもいい武器です。

そのギャップで、異性から告白をされたという人も少なくありません。

なので、好意を寄せている人にギャップを見せてみましょう!

これが片思いで気持ちが伝えられない3つの対処方法です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る