好きな女性にアプローチする方法


女の年齢とタイプで使い分ける五つの戦略

人を動かす方法には、

①威嚇~声や態度で圧力をかける

②自己宣伝~いい点をPRする

③模範~まっ先にやる

④嘆願~下手に出る

⑤迎合~相手の心を迎える

 

この5つのストラテジー(戦略)があります。

問題は、これを女性にどう適合させるか、という点です。

スポンサードリンク

まず①の威嚇では話になりません。

怒鳴ったり怒ったりでは、義務でもない限り、あなたに近づいてさえくれなくなります。

そこで②から①までを巧みに使うことになります。

 

このとき、相手の年齢と性格を見抜いておかなければなりません。

たとえば、④の嘆願は、年上か、気の強い女性には有効ですが、年下の女性には効果がありません。

むしろ年下の女性には、②の自己宣伝がいいでしょう。

 

なぜなら、PRをうまくやっておけば、彼女が安心するからです。

恋の口説きでも、年上や美人には嘆願が効きますが、年下の女性は、まだ初心なだけに、信頼させることがもっとも大事なのです。

⑤の迎合はどういう女性に使うかというと、地位的に上にある場合です。

 

とりあえずは、「おっしゃる通りです」といわないと、相手にすらしようとしてくれません。

意見に反対の場合でも、最初から「それは違うでしょう」といっては感情を高ぶらせるだけですから、絶対うまくいきません。

たとえば、女性の上司がいたら、ここをしっかり知ることが大事です。

 

③の模範は、年輩の女性や一般女性に向いています。

まっ先にやることで、注目を浴び、それによって女性の心をつかむことが可能になるからです。

バカなことでも率先して模範を示せば、ともかく行動的な男と認められ、声をかけられることが多くなります。

この5つの戦略を使いこなしてみませんか?

スポンサードリンク

夜と昼で口説く方法は180度変わる!

女性は一度堕ちはじめると、きりがなく堕ちていくものです。

金を貢ぎはじめると、2度3度と男のいいなりになります。

酒でも限度がわからなくなり、最後は心も体も崩れてしまうのです。

 

ところが不思議なもので、酒で崩れた女性が、体のうえに金まで貢ぐようになるかというと、そうでもありません。

実は、人間というものは時間によって性格が変わる動物なのです。

周りを見回しても、朝と夜では、ガラリと性格が一変する人がいるでしょう。

 

観察すると、昼に崩れる女性は金銭問題タイプ、夜に崩れる女性は肉体関係で堕ちるタイプなのです。

午後の職場で声をかけたら、その女性がじっとあなたを見つめたとします。

あなたは「これは口説けるぞ」と、心のなかでシメタ、と思いませんか?

 

しかし、この種の女性は真剣になりがちなので、遊ぶつもりなら要注意です。

逆に夜になると豹変するタイプは、結婚には向きません。

酒にも遊びにもおぼれる女性だけに、家庭向きとはいえないからです。

 

そこで、いつもと違ったデートに誘ってみましょう。

たとえば、人間の本性がいちばん出やすい競馬、パチンコ、あるいは遊園地の恐怖の乗り物やゴルフなどはいかがでしょう。

それも夜ばかりでなく、昼間も夕方もです。

 

時間帯による性格と口説き方が、バッチリわかります。

女心を崩すには「時間の効果」もあることを覚えておいてください。

 

関連記事

→好きな女性を口説くテクニック

→女性が望む男性像!お嬢様っぽいタイプも落とせる!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る