好きな女性を口説くテクニック


ごきげんよ~お悩み解消大先生です♪

好きな女性ができたら必ず口説きたいと思うのは男性なら誰でもあることです。

でも、いきなり口説いたら嫌われそうな気がして積極的に行けないのが現実です。

 

確かに、出会ってまもない女性を口説くということはその日限りって感じです。

しかし中には、ずっとこの女性と一緒にいたい。

そう思う男性もいますよね!

 

今回はそういう男性が好きな女性を口説くテクニックをご紹介します。

その女性をキスをしたい。

キスシーンの作り方もご紹介します!

スポンサードリンク

キスシーンの作り方!

実は、日常生活には結構キスジーンがあるのです。

といってもピンときませんよね。

例えば、2人でカフェに行くとき、飲んだことのない飲み物をオーダーしてみる。

 

初めてじゃなくてもいいけど、誰も頼まないようなちょっと変わった飲み物だといいです。

「あ、これおいしそう、これにしょう!」

楽しげにさっさと決めてしまう。

 

くちびるをそっと当てて一口だけのんで、パッと離す。

「これ、結構おいしいよ!」

少しカップにキスをして、それを見せた後、彼女に視線を送りながらこうつぶやくのです。

 

「これ結構好きな味。

ちょっと飲んでみてよ。」

 

この「結構好き」がかなり耳に残ってしまう。

また、その言葉を彼女の目を見ていうことでもっと印象に残るのです。

この方法が結構使っている人が多いに驚きました。

キスシーンを作りたい方は一度試してみてくださいね!

スポンサードリンク

食事中にキスをする方法

デートのとき、欠かせないのが、二人きりの食事ですよね。

自分が彼女のために見つけてくれたレストランへ行ったときには、必ず、料理の感想を聞こう!

自分が選んだお店の味に満足しているかを確かめるのです。

 

カップルのようにラブラブしていなくても大丈夫です。

おいしい料理を食べて欲しくて渡すように口に持っていくだけで、彼女は恥ずかしくても喜んでくれます。

もし、自分の手から、彼女の口に持っていく行為が恥ずかしい場合は、あなたが使っているスプーンなど。

 

そのまま彼女に手渡して、食べてもらっても大丈夫です。

間接キスを味わっている二人は、食事の時間もちょっと特別になれるはずです。

また、そのドキドキ感を味わってもらうこと。

 

このドキドキ感を伝えること。

これが、口説くテクニックなのです。

女性というのは、このドキドキ感に弱いもの。

 

食事じゃなくてもドライブでも大丈夫です。

スティック状のお菓子を彼女に食べさせてあげたり。

本当のカップルのような行動をすることです。

 

この行動をするだけで、女性は自分に好意があるんだ。

と気づかせることもできるのです。

そこまでの仲になれば、夜景が見える場所にでも連れて行ってあげる。

 

そうすれば、間接キスだけではなく、本当のキスができるのです。

もしかしたら、そこが2人の思い出の場所になるかもしれません。

そうです。

 

好きな女性とデートを出来れば、1日でその彼女を口説くことができ、彼女にすることもできるのです。

この間接キスから本当のキスまでは結構短い時間でできるということなのです。

もし、あまり積極的にいけない方は…。

 

カップルという雰囲気を出すだけでも構いません。

そのカップルという雰囲気が相手をドキドキさせることができるのです。

自分からキスができなくても、もしかすると彼女からキスをしてくれるかもしれません!

 

もし、本当に好きな人がいる方。

一度試してみてはいかがですか?

 

関連記事

→飲み会でモテる男の特徴

→女性の好きアピールとlineでの好意を見破る方法

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る