彼女の冷めた態度は別れのサイン?メールの返事無しは時間で解決は無駄?


ごきげんよう~お悩み解消大先生です♪

恋愛に終止符を打つ。

これってとっても悲しいことですよね。

 

そして終止符を打つ場面でよく体験するあるある。

それは彼女の態度が最近冷たい、冷めている。

これが非常に多いんですよね。

 

いきなりですが、こんな時にあなたならどうしますか?

ちなみに、お悩み解消大先生なりこうします。

スポンサードリンク

別れた直後のこの一言!うまい男と下手な男はここが違う!

以前テレビドラマに「刑事コロンボ」という人気番組がありました。

この刑事は質問を終えて帰りがけの玄関のところで、ふと思い出したように、もう一度質問をするのがくせでした。

 

「そうそうあの事件なのですが、私にはちょっとわからないところがありまして。」質問が終わり、やっと帰ってくれると、ほっとした犯人はそこでドキッとするのです。

犯人をオトす絶妙のタイミングです。

女を落とすのも実はこのタイミングが重要です。

 

デートをして送って帰る、彼女は満足したような悲しいような気分で家に帰ろうとする直前に、「結婚してくれませんか?」ぽつんと置いたらどうなるのか。

女性の胸を一瞬ときめかすことになるでしょう。

突然、不意は、女の達人が使う効果的な手段です。

 

デートが終わり、お休みを言う寸前に、手を握る。

キスをするならまず100% OK です。

もっと高等技術になると、別れて部屋に彼女が入ってきて明かりがついた時に、近くの公衆電話から「もう淋しくなったよ。」とでも言ってご覧なさい。

 

部屋に入れてくれる確率は50%以上あるはずです。

女性は期待の重みに耐えきれない人が多いです。

待ち続けると不安が先に立ってしまいます。

 

下手な男はそれがわからず、好機を逃してしまい、女の達人は不意に女性のキスを奪い、成功するのです

→彼女が冷たいのは別れのタイミングかも?辛い時は無理にメールは×

スポンサードリンク

あなたはどこへ遊びに行きたいか?

ただただもし遊びに行くとしたら、次のどこに行きたいですか?

 

、一流ホテルのプール

、 南の島のジャングル

、ニューヨークの五番街

 

あなたと彼の恋愛の状態

Aと答えた人は、見かけにこだわる人です。

見栄っ張りなところがあります。

 

今の恋愛には満足していますが、「ちょっぴりかっこつけたい」という不安もあるのです。

デートも3回に1回は高級な場所で、と彼に言ってみたらどうでしょう。

 

Bと答えた人は、現状にあまり満足していません。

また、どこかにもっと良い彼がいるのではないか。

といつも心の中では思っているのです。もう少し現実を見つめて彼の良い点に目を向けるようにしたいものです。

 

Cと答えた人は、心の中で「理想のタイプ」を作り上げる人です。

ですから、どうして今の彼と自分の理想の彼を比較してしまいがちです。

目の前にいる彼と真剣につき合ってそのあと答えを出したらいいかがですか?

→彼女と別れ話で泣いた君に。別れたくないと不安のピーク時の時の対処。

 

本の中の写真と割合は?

あなたは本を読んでいます。

本の中には写真のページと、お城や王子様の絵の書かれたページがあります。

 

それぞれ、どれくらいの割合がちょうどいいと思いますか?

また本の厚さは何ページぐらいでしょうか?

 

、写真のページ()%

、絵のページ()%

、本の厚さ()ページ

 

現実と理想の恋

この質問では、あなたと彼との恋の理想と現実の比率がどれくらいかわかります。

つまりどちらかを大事にするかがわかってくるのです。

 

まず、写真というのは客観的なものでここでは「現実」を示しています。

絵、中でのお城や王子様は「彼への夢」を表すものです。

ですから写真の方が多い人は現実的なのです。

 

逆に絵の方が多い人は夢を追うタイプだといえます。

注意したいのは、あまりにも差の大きい人と、どちらか、もしくは両方がゼロだった人です。

現実性が全くない人、或いは夢だけで生きている人ということになります。

 

恋愛も、夢と現実のバランスがとれて、初めてうまくいくものです。

差の大きい人は、逆の方もふやしていくようにしてください。

夢をもっと多く持つか、現実的になるか考えましょう。

 

また、ページ数の厚い人ほど、沢山の恋をしていく可能性があります。

あなたはどれぐらいのページを記入しましたか?

→彼女に会いたい.好きすぎる!!我慢して言わないのは喧嘩の原因?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る