彼氏の束縛心理とやめさせる方法


彼氏の束縛が激しすぎて…

なんだか最近怖く感じてきたり、嫌だなと思うようになりました。

今回は、そんな彼氏の束縛にお悩みのあなたに。

彼氏の束縛心理とやめさせる方法をご紹介していきましょう。

しっかりと参考にしてもらって、束縛に対処してくださいね。

スポンサードリンク

彼氏の束縛心理とやめさせる方法

彼氏の束縛にお悩みのあなたに。

まずは、世の中のカップルの男女どちらが束縛に悩んでいるのか?

ここを調査してみたところ、以下の様な結果となりました。

 

月間でGoogleのみで、束縛の検索数を見てみると…

彼女 束縛 → 1300件

彼氏 束縛 → 2400件

 

ここから分かることは、彼氏の嫉妬に対して困っている女性のほうが、圧倒的に多いということです。

男性は、男らしさを初めは見せますが…

やはり、女々しい部分もあるようですね。

 

さて、そんな彼氏ですが、「なぜあなたに対して束縛」してしまうのでしょうか?

実は、こんな男性心理が働き、男性は束縛しやすくなってしまうのです。

 

男性の方が束縛する割合が多い理由の1つに、「女性のほうが男性から圧倒的に声をかけられる」という事が考えられます。

簡単に言い直すと、ナンパというやつですね。

声をかけられる割合が高い=男性と遊ぶ確率が高くなる。

 

ですから、男性の方が女性に対して束縛しやすくなるのです。

また、女性と違って、男性の方が異性と連絡を取れる確率は低いですから、一人の女性に対して夢中になりやすいのです。

女性の場合は又違い、彼氏意外の男性でも、連絡をとろうと思えば、楽にとれるはずです。

 

そういった男女の違いで、男性の方が束縛しがちになってしまうのでしょう。

後は、女性の方が精神年齢が高いというのも関係するでしょう。

スポンサードリンク

彼氏の束縛をやめさせる方法はある?

彼氏の束縛が嫌なのであれば、やめさせる方法を実践してみて、対処してみましょう。

 

・連絡頻度を少なくする

連絡頻度というのは不思議なもので、頻度が多ければ多いほど、彼氏の束縛が激しさを増します。

理由は簡単で、いつもたくさん連絡をとっているのに、その日だけ少ないと不安になるからです。

つまり、連絡頻度を毎日少なくしてしまいましょう。

お互いが、寂しく感じる時などに連絡を入れるようにするのです。

 

・しっかりとあなたの気持ちを彼に伝える

あなたの気持ちをしっかりと彼氏に伝えましょう。

この気持を伝えると同時に、「彼氏に対して連絡頻度を落としたい」と言ってみるのもいいでしょう。

もしかすると、彼氏は「自分が束縛している」ということを、自覚していない可能性もありますから。

 

・相手のペースにばかり合わせない

恋愛というのは、愛しあう男女がいてこそ成り立つもの。

つまり、相手が◯◯してほしいという要求にばかり、答えないことです。

彼氏もあなたの気持ちや嫌な気持ちを考えれないと、恋愛は長続きしません。

相手のペースに合わせて「はい」ばかりではダメなのです。

 

・ストレスが溜まっている事を知ってもらう

先ほどご紹介した、「しっかりとあなたの気持ちを伝える」と同じようなものです。

束縛に対して我慢をし過ぎると、ストレスが知らないうちに、凄い溜まってしまっています。

ストレスは、あなたの肌や健康などに悪い影響をおよぼすでしょう。

彼氏が、綺麗な可愛い君で居て欲しいと願うのなら、ストレスが溜まっている事を暴露しちゃいましょう。

 

・一度距離を置いてみるのもアリ

付き合う期間が長いカップルほど、お互いを大事にしなくなります。

一度距離をおいて、お互いの大事さを再確認するのもアリです。

そうすることで、相手の有り難みや気持ちを再確認できるでしょう。

そして、またいつものようなお付き合いに戻る時に、しっかりと「束縛を減らす」約束をしてしまいましょう。

 

関連記事

→彼氏が怖いと感じる第1位は暴言!別れたいと思う瞬間も同じか

→彼氏と気持ちが合わない。冷たくなった・冷めている人に

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る