忙しい彼に会いたい時に使える心理作戦!


大好きな彼とお付き合いしています。

しかし、彼は仕事で忙しい。

「仕事と私どっちが大事なの!?」

なんて言葉を言っちゃたら、きっと嫌われますよね。

今回はそんな事でお悩みのあなたに。

 

忙しい彼は、彼女のどんな行動を嫌がるのか

忙しい彼に会いたい時には、どう対応するのが一番いいのか?

そして、嫌われずに会える方法は?

上記の3つに関してご紹介していきましょう。

心理学を使い説明していきますので、きっと納得のいくテクニックとなるでしょう。

スポンサードリンク

忙しい彼に会いたい時に使える心理学作戦

まず、知っておいてほしいことが、忙しい彼が「彼女のどんな行動を嫌がるのか?」

ここについてご紹介していきましょう。

まず、街なか100人の「自分は仕事で忙しいと思う」と答えてくれた男性に、次のような質問をしてみました。

「仕事で忙しいあなたが、彼女のどんな行動が正直しんどいと思いますか?」

100人が答えてくれたアンケートにて、投票結果のトップ5は以下の様な結果となったのです。

 

1位 自分勝手な事ばかりいってきて、会う時間はしっかりとあるにのもかかわらず、「もっと会いたい」や「私の事が大事じゃないの?」などと、子供のような事を言ってくる

2位 仕事があっての幸せなのに、自分が暇だからといって、無駄に会いたがってくる

3位 将来の結婚のことも考えると、貯金してくれてもいいのに、全く貯金もしないし、相手は遊ぶことしか頭にない

4位 連絡が頻繁にできないのが分かっているのに、すぐに心配で今の状況確認をされる

5位 こちらも仕事ばかりではなくて、君に会いたいという気持ちを分かって欲しい

 

上記の5つがトップ5となりました。(ちなみに、選択肢は15個)

どうでしょうか?

あなたは、上記の5つの内のどれかに当てはまっていませんか?

もちろん、冷たくされるのは一番彼が嫌がるでしょう。

しかし、いき過ぎた行動は、2人の仲が悪くなる原因ということを覚えておいて下さい。

スポンサードリンク

忙しい彼に会いたい時には、どう対応するのが一番いいのか?

忙しい彼に会いたい時に、どう対応するのが一番いいのか…

正直、ここは一番難しいところですよね。

ここで、まずは仕事が忙しい彼の心理というものを知っておきましょう。

知っておいて損が無いと思う、心理は以下の3つです。

 

・彼もあなたと同じで、あなたに会いたいと思っている

・仕事終わりが遅くなった日や、寂しい日に、会いに来てくれる彼女は、最高の彼女

・あなたを寂しくさせない、どこかへ行かせないように、彼なりにも工夫している

 

上記の3つの心理をしっかりと頭に叩き込んでいてください。

自分の気持ちばかりを優先するのは、大人の恋愛ではありません。

相手にも感情がありますし、しっかりと彼女に会いたいという気持ちもあるのです。

では、仕事が忙しい彼に会うために、もっともいい方法はどのような方法でしょうか?

自分がオススメする方法は、以下の2つの方法です。

 

・疲れている彼氏のために、お弁当や疲労回復にいい食べ物など、わざわざ持って行ってあげる

・本当に会いたいのであれば、彼の家の前で待っていて、少しだけでもいいから話をする

 

上記の2つをオススメします。

 

また、「疲れている彼氏のために、お弁当や疲労回復にいい食べ物など、わざわざ持って行ってあげる」

これがなぜいい方法なのか?

理由としては、相手の体を気遣って自分から行動してみる。

そして、相手の体を気遣っているということは、気持ちが入っているのです。

 

男性は、女性のこのような行動に、尻を惹かれます。

なぜかといえば、結婚を考えると、こういった行動のできるお嫁さんは、男性の理想の嫁。

つまり、最高の嫁だからです。

 

次に、「本当に会いたいのであれば、彼の家の前で待っていて、少しだけでもいいから話をする」

これは、彼に対して「私はあなたに対する愛はホント」、「会いたい気持ちを相手にわかってもらう」といった事が、分かってもらえるのです。

こういう行動のできる女性は、実は彼氏は心の底から喜び、仲の良い友達に自慢するものです。

 

世の中の女性のほとんどの女性は、こういった行動をしない方が多いようです。

逆にできる女性はどんな女性って?

人気の芸能人や大手企業の社長など、こういった男性と結婚する女性は、自然とこういった行動ができているのです。

 

関連記事

→彼氏とのスキンシップが多いとしてくれないではどう違ってくる?

→彼氏の連絡頻度が少ないや多いと思う方に

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る