既婚女性を好きになってしまった人に口説く方法!


人妻を口説く!これが内緒の「ワルイ人」の技術

そもそも人妻が浮気する可能性とは、どんな場合でしょうか?

①夫の帰りが遅く、自分が見捨てられた状態のとき

②夫は定期的に帰るが、会話不足に妻が不満を抱いているとき

③すでに夫婦の聞が冷え切っているとき

 

大きく分けて、この三つの心理が考えられます。

時間的、精神的、肉体的不満と置き換えてもいいでしょう。

いずれにしろチャンスは、イライラが重なっているとき。

問題はその状態を、外からどう見抜くかがカギになります。

この方法はほかでもない、こんな会話術です。

スポンサードリンク

「こんなに遅くなって大丈夫ですか?」

「大丈夫よ。うちの人はいつも午前さまだから」

 

これなら、間違いなく①か③のどちらかです。

続いて、「でも、電話が入ったりして叱られませんか?」

「叱るですって!自分が遊んでるのに、どうしてわたしを叱れるの?」

 

こう答えれば、これは①のケースです。

「電話が入るも何も、うちはとっくの昔に別居同然ですよ」

これなら③のケースであることがわかります。

 

では、②のケースは、どんな会話でわかるでしょうか?

「ずいぶん遅くまで話しちゃいましたね。大丈夫ですか?」

「でっちの亭主、怒ってるだろうな。でも、いいの。たまには心配させてやらないと」

スポンサードリンク

この答えで②のケースはわかります。

これらの答えに合わせて、あなたは弱点をつけばいいのです。

①のケースなら、「この次は、食事のあと、軽くホテルのパーで飲みませんか?」

 

夫の帰りが遅くてフラストレーションがたまっている人妻は、これで身近に引き寄せられます。

また、「あなたと話していると、あっという聞に時間がたっちゃって…。もっとゆっくり時間のとれる日はありませんか?」

②の会話不足の人妻は、この言葉に乗ってくるはずです。

 

③の別居間然の人妻なら、思い切って、「明日の午後六時、00ホテルのスカイバーでお会いできませんか?」

六時のカクテルの意味を承知すれば、もう口説けたも同然です。

人妻や年上の女性とつき合うときは、ときどき甘えを出すことが重要になります。

 

とはいえ、ただベタベタするだけでは、向こうから逃げていきます。

その種の男には愛想が尽きている可能性だってあるのです。

では、どう甘えを出しましょう。

 

映画などを見たら、女主人公の心理を聞くのも一つの手です。

なぜなら、人妻だということで、夫婦の機微や結婚の動機などを踏み込んで聞くことができるからです。

うまくすれば、性生活までにおってくるかもしれません。

 

「それで、あの主人公は性生活なしで満足なんでしょうか?」

「そりゃ不満よ。あなたにはちょっとむずかしいかな」

「もっと具体的に教えてくださいよ」

 

こういう畳みかけでいけば、いつの間にか彼女ときわどい話を交わすことになります。

そうなれば、「あとは行動だけ」となる可能性だつであるでしょう。

あるいはネクタイを選んでもらう方法もあります。

 

年上の女性ほど、こういうときには熱心になるものです。

「あなたには、このほうが似合うわね」

こうやってネクタイを探すという心理は、自分が連れて歩きたい男を、心のなかでつくり上げていることにほかなりません。

 

それだけでボーイフレンドの位置を獲得したことになります。

そこで、次の一手です。

「ぼくの知っている店に行きませんか?」

 

たったこの一言でいいのです。

そして、これは重要な一言です。

なぜか?

 

もし何かのときに、「この店が証言者になってくれるから安心」という意識を相手につくらせるのです。

「奥さんは、あの晩ずっとここで飲んでいましたよ」

サスペンス・ドラマではありませんが、アリバイづくりです。

 

間違ってもホテルに行った、などということがバレる可能性を示唆してはいけません。

だから、「このマスターは安心なんですよ。何かのときは、いってください」

「何かのときって?」

 

「何かですよ。わかっているでしょう」

「ワルい人ね!」

この「ワルい人」が出たら、もう遠慮することはありません。

 

関連記事

→年上の女性を口説くテクニック

→女の涙に弱い男が嘘か本当かを見抜く技と育ちのいい女とは?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る