旦那が好きすぎる人に辛い思いをしないでいい関係を築いていくには?


私は旦那が好きすぎて本当に幸せ!

そう思えるあなたは、本当に幸せな人だと思います。

その理由は、後にご説明させてもらうとして、今回は旦那が大好きすぎる人に対しての記事になっています。

旦那が好きすぎる人に、今後もラブラブで辛い思いをしない夫婦生活の秘訣。

ここに関してご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

旦那が好きすぎる人が知っておくと得すること

旦那が好きすぎると、疑いなく言えるあなたは、間違いなく素晴らしい家庭を築いていけることでしょう。

しかし、結婚生活というのは、この先もずっとずっと長い夫婦生活が待っているのです。

そこで、まずは今の日本の夫婦の現状を知っておく事が大事です。

ネットで「旦那が嫌い」という言葉の関連の検索数。

これは、実に年間一万件は軽く超えています。

 

それに対して、「旦那が好き」という言葉の関連の検索数は、その半分程度。

つまり、今あなたが大好きと言えるということは、本当に素晴らしいことなのです。

そして、今回は『将来あなたが、旦那が嫌い』なんて状況に陥らないように。

ずっといい夫婦関係が保てる、コツや秘訣を今からご紹介していくことにしましょう。

 

まずは、ネットなどを使って、結婚生活20年以上の主婦の方200人に、「旦那といい関係を築いていくコツはどこにあると思いますか?」という質問をしてみました。

その結果、意見が多かった上位の5つは、このような結果となったのです。

 

第1位 お互いが何をするにも、当たり前と思わないこと

第2位 今イチャイチャしていることを、数年後もしていること

第3位 毎日の何気ない会話と笑うこと

第4位 自分が◯◯をしたからといって、見返りを求めないこと

第5位 数年後も共同作業をしっかりとすること

スポンサードリンク

・お互いが何をするにも、当たり前と思わないこと

一番多く答えられた意見ですが、なぜ当たり前と思わないことが大事なのか?

熟年の夫婦ともなると、一緒にいてくれるだけでも感謝するようになると、多くの方がおっしゃっていました。

今は、子供がいたりで、寂しいという気持ちは無いかもしれません。

しかし、熟年の夫婦ともなると、子供は立派な社会人となり、夫婦2人で老後を過ごすことに。

そうなると、お互いのありがたみが分かるそうです。

つまり、今一緒にいることや、仕事で稼いできてくれることを、当たり前と思わないことが大事だそうです。

また、「それが当たり前になってからは、旦那にイライラすることが多くなったから大事だと思う」という意見も多く聞かれました。

 

・今イチャイチャしていることを、数年後もしていること

夫婦の体の接触というのは、とても大事です。

日本人は、海外に比べて夫婦の営みがかなり少ないのはご存知でしょう。

多く答えられた意見の一つに、「子供が家を出ていき、家に住むのが二人となると、寂しくなる。そうなると、自然にスキンシップなどが多くなっていき、昔よりは結果的には仲良しなったから。」という意見がありました。

つまり、今大好きな旦那とイチャイチャしている事を、数年後も続けることは仲良しの秘訣なのです。

 

・毎日の何気ない会話と笑うこと

会話のない夫婦というのは、圧倒的に離婚率が高いのはご存知でしょうか?

また、会話だけでなく、お互いに笑うことで、幸せと感じれるという意見が多かったのです。

海外の夫婦などを見てみると、会話がとても多くて、幸せそうに見えませんか?

それと全く同じということです。

 

・自分が◯◯をしたからといって、見返りを求めないこと

見返りを求めるということは、イライラやストレスに繋がります。

人というのは、期待に答えないことがほとんどです。

つまり、見返りを求めてしまうと、「旦那が◯◯しないからムカつく!」という考えに変わっていってしまうのです。

大好きな旦那を、いつまでも大好きでいたいのであれば、見返りを求めることは絶対にしてはいけません。

 

・数年後も共同作業をしっかりとすること

あなたは、大好きな旦那と一緒にお買い物などに行っていますか?

共同作業というのはとても大事なことで、意思の統一や会話をするチャンスとなるのです。

子育てもそうですが、旦那が育児に参加しない家庭と、参加する家庭では、離婚率も違いますし、なんといっても幸せと感じる確率も、参加する家庭のほうがグンと高いのです。

旦那が協力してくれることは、共同作業で行うように心がけてみましょう。

 

関連記事

→旦那の誕生日のデートプランの理想を聞いてみた!

→旦那にイライラする原因に育児と共働きが多い意外な共通点

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る