旦那の給料が安いのは離婚を考えるべきか?


旦那の給料が安い!

正直このままだと、老後も不安で不安で…

今の生活に、もう疲れました…

そんなあなたに、ある考えて欲しい1つの事をご紹介していきます。

スポンサードリンク

旦那の給料が安いと嘆くあなたに

多くの人の人生において、お金というのは、大事な部分の大きな割合を占めているのは、間違いないでしょう。

お金の裕福な夫婦と、お金の貧しい夫婦とでは、精神的なゆとりは全く違います。

ですがその逆で、お金があるからといって、幸せとは限りませんよね。

 

人生において幸せとは、どんな事を幸せというのでしょうか?

ここで一つ、例をあげてみましょう。

とある元会社経営の会長だった人の、名言です。

 

「私は今まで贅沢してきたお金を、貯金していればおそらく、一生暮らしていけたでしょう」

「しかし、会社が破産してしまいわかったことがあります」

「元々、高級車や高い料理など、無くても生活が出来るのです」

「お金が無くても、支えてくれる女性が隣にいて、普通に生活できる」

「これだけあれば、本当に幸せだなと感じます」

スポンサードリンク

この発言をした方は、年商50億円と言われていた人が放った発言です。

彼は、とても贅沢な暮らしをしてきましたが、あることで経営に失敗してしまい、会社は倒産してしまったようです。

しかし、そこで学んだことは、お金=幸せではない。

とういうことを学んだと、発言されていました。

 

つまり、給料が安いから不幸せ。

なんて絶対に思わないで下さい。

あなたが幸せか幸せではないかの違いは、あなたの気持ち次第なのですから。

一度っきりの人生なのですから、幸せと思い生きるか、不幸せと思い生きるか、それはあなたが決めることです。

 

旦那の給料が安いのなら対策していくこと

旦那の給料に関して、悩んでも悩んでも、現状が変わることはありません。

そこで、現状の打開策が必要と言えるでしょう。

今の現状を打開していくのか?

リスクの少ない現状打開策を考えてみたところ、以下の様な方法を思いつきました。

 

・旦那に転職をさせる

・収入源を増やす

・あなたが働く(働いていない場合)

・自分で事業を展開してみる

 

上記の4つのことが、今の時代でもっとも現状打開できる事といえるでしょう。

中でも、「収入源を増やす」に関しては、チャレンジをした方がいいといえます。

今の世の中、職場で雇われてお給料を貰う以外にも、たくさんの収入源となるものがあります。

 

例えば、LINEのスタンプの作成などがそうですよね。

後は、ネットの普及に伴って、ネットビジネスも最近では盛んです。

ピアノが上手なのでしたら、ピアノの教師になるのもいいでしょう。

 

とにかく、チャレンジしてみることが大事です。

「やってみて損」なんて事は、必ず無いのですから。

LINEのスタンプの作成なんかは、先費用は全くかかりません。

 

初期費用のかからないことを、チャレンジしてみる。

そして、実力をつけて、収入源を増やす。

これが、現実的に考えても、いい対策法でしょう。

 

又、「旦那に転職をさせる」や「自分で事業を展開してみる」に関しては、やはりリスクが高いといえます。

現状打開のためとはいえ、リスクが高いことを選択するのは、あまりおすすめできません。

今の時代は、初期費用がほとんどいらない、リスクが低くてもチャレンジできることは、たくさんあるのです。

 

後は、旦那をあなたが支えるつもりで、働いてみるのもいいでしょう。

妻のあなたに、月に10万~20万円のお給料があれば、生活はより豊かになります。

旦那の権限は、どんどん失われてはいきますが…

 

そういった、女性が引っ張っていく家庭。

今の時代には、必要な事ではないでしょうか?

男性が少し弱体化してきている、この世の中ですからね。

 

関連記事

→優しい旦那に幸せを感じる人に

→旦那の借金発覚に復讐は離婚が一番?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る