片思いに疲れた苦しい時の諦める方法


ごきげんよ~お悩み解消大先生です♪

片思いに正直言ってもう疲れた。

うんざりだし苦しいのはもう嫌。

 

そんな片思いの恋を諦めたいあなたに。

片思いの恋がなぜ苦しくて辛いのか?

そして、このような時はどうすれば諦めれるのか?

 

今回はこの2つをご紹介することにしましょう。

きっとあなたなら出来るはずです。

新たな恋への第一歩を踏み出すことを。

スポンサードリンク

片思いはなぜ苦しくて疲れるのか?

恋は女を美しくさせる。

こんな言葉がある一方で、片思いの恋は苦しくて疲れる。

美しくなる一方で、苦しくて疲れるというリスクもあるのです。

 

そんなリスクを抱えている原因。

それは実はあなた自身に原因がある可能性が非常に高いのです。

今からその原因に直接繋がる可能性が非常に高い、成熟しにくい愛。

これについてまずはご紹介することにしましょう。

スポンサードリンク

尽くす恋は成熟しにくい

相手に尽くす愛というと、なんだか尊いもののように聞こえます。

けれど現実には、一方的にどちらかがどちらかに尽くす関係は、あまり長続きしないし、非常に尽くしてる側は辛くなり疲れることが多いのです。

 

なぜなら、尽くす方は心のどこかでこれだけ懸命に尽くしているのだから、きっとすごく配してくれるはずだという見返りを求めてしまうからです。

 

けれど尽くされた方はその居心地の悪さを感じるか、もしくは依存的になってどんどん依存し始めるなどの態度をとることが多いのです。

時には甘やかすこと、甘やかされることに互いに心地よさを覚え、共依存に陥る場合もあります。

いずれにしても、尽くしている方が期待するように、同じように尽くし返してもらったり、深い愛情をそそがれることは期待出来ません。

 

またカップル間の公平性について調べた結果で、カップルが互いに対等な立場でいることが大切な鍵となっているようです。

どんなに相手の気持ちをつなぎとめておきたくても、ただひたすら尽くし続けるのは、あなたの精神と身体の疲れになってしまうのです。

だからいずれかは疲れ果てて、精神状態が不安定になり、平常心を保てずにいてしまうのです。

相手に夢中になっている時ほど、その関係は公平であるかどうか、冷静に判断することが重要になってきます。

 

関連記事

→諦めきれない片思い失恋を忘れるためには? 

→片思いの諦めるタイミングと方法

 

片思いの恋を諦める方法

片思いの恋を諦めるにはどうすればいいのでしょうか?

疲れた苦しいなどの恋の場合、次のような行動がベスト行動と呼べるでしょう。

 

・相手の事を考えないように、たくさんの人に毎日連絡をする

・一度イケメンor可愛い子を見た後に、恋してる相手の写真を見る

・他人の恋を冷静に見てみる

 

上記の3つが特にオススメと言えます。

LINEをブロックするなどの行為は、あなたはおそらくできません。

出来るのであれば、このサイトにたどり着いていないのですから。

 

なぜこの3つがオススメなのか?

1つ1つ説明していくことにしましょう。

 

相手の事を考えないように、たくさんの人に毎日連絡をする

これは要するに忙しい人を演じるのです。

本当に忙しい人というのは、恋愛は二の次。

まずは自分のしたいことを優先する心理があります。

 

これと同じで、たくさんの人と連絡を1日でもとってみてください。

片思いの相手への連絡は、正直どうでも良くなります。

めんどくさいや返信の多さから、そちらに注意力が行くからです。

意外と効果があるこの方法を一度お試し下さい。

 

一度イケメンor可愛い子を見た後に、恋してる相手の写真を見る

あなたはこのような体験をしたことはありませんか?

過去に付き合っていた人の写真を久々見た。

するとあれ??付き合っていた頃はあんなに魅力的だったのに!!

 

これはおそらく恋愛を経験した人の9割は体験しているでしょう。

これと同じで、一度身近な魅力的な人の写真を見てみましょう。

次に片思いの相手の写真を見るのです。

 

すると、魅力的でない部分が見えてき、少しづつ興味が薄れてくる。

こんな傾向になる可能性があるのです。

 

他人の恋を冷静に他人目線から見てみる

他人の恋を冷静に見た事はありますか?

ある人は、こんな事を思ったでしょう。

こいつなら、もっといい人がいるのに…

 

なんでこいつが異性からモテるんだ?

このような疑問を浮かべなかったでしょうか?

この疑問とあなたの恋は同じの可能性があります。

 

他人から見ると、あの人のどこがそんなにいいの?

そう他人は思っているのかもしれません。

一度あなたの恋を友達から聞いてみるのも1つの手でしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る